札弦駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
札弦駅
札弦駅(2009年5月)
札弦駅(2009年5月)
さっつる
Sattsuru
B69 清里町 (7.8km)
(8.3km) B67
所在地 北海道斜里郡清里町札弦町
駅番号 B68
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 釧網本線
キロ程 57.0km(網走起点)
電報略号 ツル
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1929年昭和4年)11月14日
備考 無人駅
テンプレートを表示
1977年の札弦駅と周囲約750m範囲。上が網走方面。若干ずれた形の相対式ホーム2面2線と駅裏側に副本線、駅舎横釧路側の貨物ホームへ引込み線、その南側のストックヤードへも引込み線を有している。駅裏はベニア工場の敷地。街の周囲は斜里川流域の畑作地帯。後に貨物荷物扱い廃止に伴い、貨物線が撤去されたが、駅舎ホーム側へ棒線化されるとともに、南側のヤードへ保線用の引込み線が再度敷かれた。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

札弦駅(さっつるえき)は、北海道斜里郡清里町札弦町にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)の釧網本線の駅。駅番号B68電報略号ツル

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線の地上駅。旧下り本線が使われており、かつては上り本線(相対式ホーム)、副本線および貨物ホームを有していた[1]知床斜里駅管理の無人駅である。

ホームの様子

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「サク・ル(夏の通り道)」に由来[2][1]宗谷本線咲来駅も同じアイヌ語の「サク・ル」に由来する。

駅周辺[編集]

札弦の集落が広がる。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
釧網本線
清里町駅 (B69) - 札弦駅 (B68) - 緑駅 (B67)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『北海道 釧網本線』 p. 82
  2. ^ 『北海道鉄道駅大図鑑』 p. 304
  3. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 85
  4. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 93
  5. ^ 釧路鉄道管理局史 昭和47年発行 P. 71。 全国専用線一覧昭和39年、45年版にて作業距離0.1km。
  6. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 112 - 113
  7. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 113
  8. ^ 『鉄道百年の歩み』 p. 117

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]