ジャンクション (鉄道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポーランドバラーナヴィチのジャンクション (1934年)

ジャンクション: junction)とは、鉄道において、2本以上の鉄道路線が合流または分岐する場所である。これは分岐器および信号による2路線(同じ軌間)の線路の物理接続を意味する[1]

概要[編集]

単純なケースとして、線路が1本か2本の2路線が1カ所のジャンクションで合流するという場合を考える場合、列車が一方の路線から他方の路線へ転線できるようにするにはかなり単純な線路配置ですむ。新しい路線が加わった後に列車をどちらの方向へも運行可能にする際は、デルタ線のようなより複雑な分岐施設が必要とされる。後者の場合においては、方角や全体的な土地の名前を利用するなどして、この三角形の3カ所の分岐点にそれぞれ違う名前をつけることが可能である。

分岐点にあるかその付近にある分岐駅英語版と呼ぶ。しばしば、分割して複数の目的地へ行くために、列車がそのような駅で編成・分割される。貨物列車においては、操車場が同様の目的で使用されている。

世界初の鉄道分岐点は、1831年にイングランドニュートン・ル・ウィロウズ英語版付近にあり2路線が合流していたニュートン・ジャンクション英語版(現在はアールズタウン駅)である[要出典]

ジャンクションの能力を向上させる手段[編集]

分岐点の存在は、鉄道路線線自体の列車の増発のネックにもなる。これは列車密度が増加するほど顕著になる。分岐点のネックはは信号の量の改善や高速度に対応したポイントの設置、平面交差立体交差化によって改善する事が可能になる。立体交差化は改良の工事費用が大きく、トンネルや橋、都心部などでは改良が困難なこともあるが、改良後の効果は新路線の建設よりも大きくなることも多い。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Airey, John (2010). Railway Junction Diagrams (reprint ed.). BiblioBazaar. ISBN 9781145129566.