植苗駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
植苗駅
駅正面(2004年7月)
駅正面(2004年7月)
うえなえ
Uenae
H17 沼ノ端 (6.4km)
(7.5km) 美々 H15
所在地 北海道苫小牧市字植苗
駅番号 H16
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 千歳線
キロ程 6.4km(沼ノ端起点)
電報略号 ウナ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
29人/日(降車客含まず)
-2012年度-
開業年月日 1926年大正15年)8月21日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

植苗駅(うえなええき)は、北海道苫小牧市字植苗にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線駅番号H16電報略号ウナ

Kitacaの利用が可能であるが、カードの販売は行わない。

隣の美々駅同様、普通列車の一部は通過する[1]

歴史[編集]

1976 年の植苗駅と周囲約1km範囲。下が苫小牧方面。単式と島式の複合ホーム2面3線だが、駅舎前にはホームが無い。元々島式ホーム1面だった(国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス、1961年撮影航空写真)のが、複線化の 折に単式ホームを駅裏側に増設したため、少し変則的な形をしている。駅舎横の札幌側には貨物ホームと引込み線が残され、保線車らしき姿が見える。跨線橋はまだ無い。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

複線前は島式ホーム1面2線であった。複線時に駅裏側に上りホームとして単式ホームが増設され、単式・島式複合ホーム2面3線となったが、その後、島式ホームの駅裏側副本線が廃止されて駅表側のみ使用の単式下りホームとなり、単式ホーム2面2線となった。無人駅であり、自動券売機の設置がないことから、切符は車内で買い求める必要がある。簡易Kitaca改札機設置。

のりば
1 千歳線(上り) 苫小牧方面
2 千歳線(下り) 南千歳千歳札幌手稲小樽方面

便所は駅舎内にある。

跨線橋(2004年7月)
乗り場(2011年11月)

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「ウェン・ナイ」(悪い川)より。

同様の地名は北海道内各地にあるが、何が「悪い」のかは大抵の場合わからない。 悪い理由があるとすれば「水質が飲用に適さない」「魚が獲れない」「川底が岩だらけで歩きにくい」などの理由が推測されるが、この植苗周辺の川がどの理由にあたるのかは不明。

駅周辺[編集]

植苗の集落。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
千歳線
沼ノ端駅 (H17) - 植苗駅 (H16) - 美々駅 (H15)

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』24号 石勝線・千歳線・札沼線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年12月27日、18-21頁。
  2. ^ a b 北海道鉄道百年史 下巻 日本国有鉄道北海道総局 1981年発行、P63。
  3. ^ 1979年撮影航空写真および1981年撮影航空写真(いずれも国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス)を比較のこと。
  4. ^ 苫小牧市史 追補編 2001年3月発行。無人化当初より簡易委託などの窓口業務は行われていない。