サッポロビール庭園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッポロビール庭園駅
跨線橋(2004年10月)
跨線橋(2004年10月)
サッポロビールていえん
Sapporo-Beer-Teien
H12 長都 (2.2km)
(2.3km) 恵庭 H10
所在地 北海道恵庭市戸磯
駅番号 H11
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 千歳線
キロ程 27.1km(沼ノ端起点)
電報略号 サホ
駅構造 地上駅
ホーム 島式 2面4線
乗車人員
-統計年度-
159人/日(降車客含まず)
-2012年度-
乗降人員
-統計年度-
318人/日
-2012年度-
開業年月日 1990年(平成2年)7月1日[1]
備考 無人駅
テンプレートを表示

サッポロビール庭園駅(サッポロビールていえんえき)は、北海道恵庭市戸磯にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)千歳線。同線で唯一の、乗車駅証明書発行機がある駅。駅番号はH11電報略号サホ。一部の普通列車は通過となる。

Kitacaの利用が可能であるが、カードの販売は行わない。

歴史[編集]

駅構造[編集]

2面4線の島式ホームで跨線橋のみがある無人駅。当初は2面2線の対向式だったが、新千歳空港開業と快速エアポート運転開始に伴う列車本数の増加に対応するため待避線が増設された。簡易Kitaca改札機設置。

のりば
1 千歳線(上り待避線 千歳苫小牧方面
2 千歳線(上り本線 千歳・新千歳空港・苫小牧方面
3 千歳線(下り本線) 札幌手稲小樽方面
4 千歳線(下り待避線) 札幌・手稲・小樽方面

利用状況[編集]

2012年度の乗車人数は159人、乗降人数は318人。

駅周辺[編集]

工場地帯の中にある。

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “「サッポロビール庭園駅」 企業名の駅デビュー 千歳線・恵庭”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1990年6月30日)
  2. ^ 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』24号 石勝線・千歳線・札沼線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2009年12月27日、21頁。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
千歳線
快速「エアポート」
通過
普通(一部通過)
長都駅 (H12) - サッポロビール庭園駅 (H11) - 恵庭駅 (H10)

関連項目[編集]