旧白滝駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
旧白滝駅
旧白滝駅(2009年6月)
旧白滝駅(2009年6月)
きゅうしらたき
Kyū-Shirataki
A45 白滝 (6.1km)
(4.4km) 下白滝 A47
所在地 北海道紋別郡遠軽町旧白滝
駅番号 A46
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石北本線
キロ程 88.3km(新旭川起点)
電報略号 ラタ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1947年昭和22年)2月11日
廃止年月日 2016年平成28年)3月26日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホームの様子
1977年の旧白滝仮乗降場と周囲約500m範囲。右が遠軽方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

旧白滝駅(きゅうしらたきえき)は、かつて北海道紋別郡遠軽町旧白滝にあった北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線 (廃駅) 。駅番号A46であった。JR各社の駅において「旧」という文字が最初に置かれている唯一の駅でもあった。

概要[編集]

1947年昭和22年)2月11日仮乗降場として開業し、1987年(昭和62年)4月1日国鉄分割民営化に伴い北海道旅客鉄道(JR北海道)が発足するのと同時に旅客駅に昇格した。なお、当初は営業キロが設定されず、1990年平成2年)3月10日から正式に設定された。

近隣の上白滝駅下白滝駅と共に秘境駅として知られた[新聞 1]が、利用者の減少に伴い2016年平成28年)3月26日のダイヤ改正で上白滝駅、下白滝駅、金華駅と共に廃止された[報道 1]。廃止時点で、普通列車も一部通過する停車列車の少ない駅であり、下り1本・上り3本の普通列車のみであった。このうち、1日1本のみ停車した下り列車は、廃止時点で唯一の定期乗降客だった北海道遠軽高等学校へ通う地元女子高生の登校の時間帯と同じだったが[新聞 2]、その女子高生も廃止と同時に高校を卒業することが報じられ、話題となった[新聞 3]。なお、報道の中には上白滝駅との混同が見られる[新聞 4]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅遠軽駅管理の無人駅であった。1947年(昭和22年)2月11日仮乗降場として開業した当時からの、木造の待合所が存在した。この待合所は広さが約10平方メートルで、開設時には地元住民が寄付を募って国鉄に建設資金として提供し、ホームの工事も手伝った[新聞 1]。廃止後、地元の下白滝旧白滝自治会はこの待合室を保存するため移設を計画していたが[新聞 6]、JR北海道が提示した移設費用が高額になるため断念し[新聞 7]、2016年(平成28年)10月17日に解体された[新聞 1]

廃止時までホームは板張りでなく砂利敷きだった。下白滝駅寄りにスロープがあり、隣接する踏切[注釈 1]国道333号にアプローチしていた。

駅名の由来[編集]

元々、この地域が初めて入植者の入った場所だったが、土地の悪さから移転してしまったため、「白滝」に対して「旧白滝」の地名が付いた、あるいは縄文時代石器文化の遺跡が白滝にあったからといわれる。

駅周辺[編集]

周辺は農家に囲まれており、民家は少ない[新聞 1]

テレビ番組[編集]

  • 2016年(平成28年)1月15日に日テレプラスで放送された『鉄道発見伝 鉄兄ちゃん藤田大介アナが行く! #27 冬の石北本線(北海道)』では、当駅も紹介され、当駅を利用していたその女子高生本人が出演した。
  • また、2016年(平成28年)春にNHK北海道[注釈 2]で放送された『北海道クローズアップ』「消え行く駅が残したもの~旧白滝駅 最後の日々~」でも、当駅を利用していた女子高生本人が出演した。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
石北本線(廃止時)
白滝駅 (A45) - 旧白滝駅 (A46) - 下白滝駅 (A47)(現在の下白滝信号場)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 警報機付きで遮断機無しの、いわゆる「第3種踏切」。当駅の廃止後は踏切も使用停止された。
  2. ^ 2016年(平成28年)5月26日には、『スタジオパークからこんにちは』の14時台で、全国放送された。

出典[編集]

報道発表資料[編集]

  1. ^ a b “平成28年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年12月18日), オリジナル2015年12月18日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20151218154545/http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151218-3.pdf 2015年12月18日閲覧。 

新聞記事[編集]

  1. ^ a b c d e どうしんウェブ/電子版(社会) (2016年10月18日). “「秘境」北海道・旧白滝駅舎が解体 地元住民が別れ惜しむ” (日本語). 北海道新聞 (北海道新聞社). オリジナル2016年10月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161018132155/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0328036.html 2016年10月18日閲覧。 
  2. ^ 産経フォト(サッと見ニュース) (2016年3月1日). “卒業式へ最後の通学 旧白滝駅利用、唯一の乗客” (日本語). 産経新聞 (産業経済新聞社). オリジナル2016年3月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160305011755/http://www.sankei.com/photo/daily/news/160301/dly1603010026-n1.html 2016年3月29日閲覧。 
  3. ^ Record China(日本) (2016年1月10日). “女子高生1人だけ使っていたJR北海道の駅、卒業生待って閉鎖へ、心遣いに中韓から感動・称賛の声続々” (日本語). 国民日報 (国民日報). オリジナル2016年1月11日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160111145641/http://www.recordchina.co.jp/a126682.html 2016年3月8日閲覧。 
  4. ^ 相庭烈(社会) (2016年1月25日). “世界がほっこり北海道の無人駅をめぐる人情物語 海外報道には多少の美化も?” (日本語). NewSphere. オリジナル2016年1月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160128025739/http://newsphere.jp/national/20160125-2/ 2016年1月28日閲覧。 
  5. ^ どうしんウェブ/電子版(社会) (2015年7月22日). “上白滝・旧白滝・下白滝の3駅も廃止 JR石北線、来年3月に” (日本語). 北海道新聞 (北海道新聞社). オリジナル2015年7月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150723021609/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/society/society/1-0159320.html 2015年8月11日閲覧。 
  6. ^ どうしんウェブ/電子版(道東) (2016年6月16日). “さらば上白滝駅 駅舎解体、北海道・遠軽の住民「寂しい」” (日本語). 北海道新聞 (北海道新聞社). オリジナル2016年6月18日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160618160725/http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doto/1-0282565.html 2016年6月18日閲覧。 
  7. ^ 毎日新聞(カルチャー) (2016年7月29日). “JR石北線:住民がつくった旧白滝駅舎、保存を断念” (日本語). 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナル2016年7月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160729114618/http://mainichi.jp/articles/20160729/k00/00e/040/169000c 2016年7月29日閲覧。 

参考文献[編集]

書籍[編集]

雑誌[編集]

  • 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』28号 釧網本線/石北本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月31日、22-23頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]