東相内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東相内駅
駅舎(2009年6月)
駅舎(2009年6月)
ひがしあいのない
Higashi-Ainonai
A57 相内 (4.6km)
(2.6km) 西北見 A59
所在地 北海道北見市東相内町
駅番号 A58
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石北本線
キロ程 173.7km(新旭川起点)
電報略号 ヒノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1912年大正元年)11月18日
備考 無人駅
テンプレートを表示

東相内駅(ひがしあいのないえき)は、北海道北見市東相内町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線である。駅番号A58電報略号ヒノ

歴史[編集]

1977年の東相ノ内駅と周囲約1km範囲。右が網走方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

単式・島式ホーム2面2線の複合ホーム。ホーム間の線路は両方と接するが、島式ホーム側での乗降は行わない。2番のりばとは構内踏切で連絡する。

のりば
1 石北本線 (上り) 留辺蘂遠軽旭川方面  
(下り) 北見美幌網走方面 (当駅始発)
2 石北本線 (下り) 北見・美幌・網走方面  

北見駅管理の無人駅。当駅に停車する列車はすべてワンマン運転であるが、通学時間帯の3〜4両編成の列車はすべてのドアが開く。

利用状況[編集]

2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は162.4人[6]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
石北本線
特別快速「きたみ」・普通
相内駅 (A57) - 東相内駅 (A58) - 西北見駅 (A59)

脚注[編集]

[ヘルプ]

脚注[編集]

  1. ^ 農産物搬出は季節変動が大きいため価格の変動が激しく、農家を圧迫していた。農業協同組合と国鉄が協力して農産地域の核となる駅(北見地区では当駅)が選定され、保管中継施設を整備して計画出荷を行うことで価格の安定を図るために設けられた。

出典[編集]

  1. ^ a b c 『北海道鉄道百年史 下巻』1981年3月 日本国有鉄道北海道総局 編集・発行。第5編資料/1年表。
  2. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』28号・釧網本線/石北本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月31日、22-23頁。
  3. ^ 『北海道鉄道百年史 下巻』 P94-96。
  4. ^ a b c d e 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 II』1998年10月 JTB編集・発行。
  5. ^ “<こだま>「留萠駅」から「留萌駅」に”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (1997年2月21日)
  6. ^ 石北線(新旭川・網走間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナル2017年12月9日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102701/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/10.pdf 2017年12月10日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]