天幕駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:営業当時の駅舎・構内の画像提供をお願いします。2015年5月
天幕駅
てんまく
Temmaku
上川 (5.6km)
(6.7km) 中越
所在地 北海道上川郡上川町字天幕
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石北本線
キロ程 50.5km(新旭川起点)
電報略号 テマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1929年昭和4年)11月20日
廃止年月日 2001年平成13年)7月1日
備考 廃駅
テンプレートを表示

天幕駅(てんまくえき)は、北海道上川郡上川町字天幕鉄道用地に存在した北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線鉄道駅である。周辺が無人地帯となり、利用客が皆無となったため、2001年(平成13年)7月1日に廃止された。電報略号テマ

廃止時の駅構造[編集]

駅跡周辺[編集]

  • 国道273号
  • リサイクルかみかわ(産業廃棄物処理施設)

歴史[編集]

1977年の天幕駅と周囲約500m範囲。右が遠軽方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

現況[編集]

駅跡記念碑

駅舎は解体されたが、信号関係の建物は今でも残っている。かつての構内を通る本線の線形は2016年現在でも直されておらず、駅舎側に寄ったそのままの形に残されている。 駅舎があった所には旭川支社が建立した記念碑が設置された。

駅名の由来[編集]

石北本線を敷設するための調査を行っていた鉄道建設部長の田辺朔郎琵琶湖疏水を設計した技術者)が、この付近で寝食の世話をしてもらった天幕三次郎という人物に感謝の意を込めてこの駅名をつけたといわれている。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
石北本線
上川駅 - 天幕駅 - 中越駅(現在の中越信号場)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』28号・釧網本線/石北本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月31日、22-23頁。
  2. ^ 支笏湖沿岸の美笛に開坑した千歳鉱山の金鉱石は、王子軽便鉄道により苫小牧駅へ、苫小牧駅から当駅へ送られてこの精錬所で精錬された。
  3. ^ 当地では採掘をしない「金の出ない金山」とよばれていて、他山からの買鉱によって運用されていたが、最終的に政府の「自産なき山の精錬所は許可しない」方針により閉鎖となった。

外部リンク[編集]

  • 1948年(昭和23年)撮影航空写真 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス。駅舎の右側に上屋のある櫛状の貨物ホームと木材が多く野積みされた土場へ貨物引込線、駅裏側にもホームから離れた位置に主に留置用とみられる側線が認められ、当時の標準的な一般駅構造を持っていた。

関連項目[編集]