瀬戸瀬駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
瀬戸瀬駅
瀬戸瀬駅(2004年7月)
瀬戸瀬駅(2004年7月)
せとせ
Setose
A48 丸瀬布 (7.8km)
(11.1km) 遠軽 A50
所在地 北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬西町
駅番号 A49
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 石北本線
キロ程 109.7km(新旭川起点)
電報略号 セセ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1927年昭和2年)10月10日
備考 無人駅
テンプレートを表示
ホームの様子
1978年の瀬戸瀬駅と周囲約500m範囲。右が遠軽方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

瀬戸瀬駅(せとせえき)は、北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬西町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)石北本線駅番号A49電報略号セセ

歴史[編集]

駅構造[編集]

2面2線の単式と島式の複合ホームを持つ地上駅。かつては2面3線として運用され、多数の側線を有していた。残るうちの1線は遠軽方・白滝方ともに繋がっているが、出発信号機は両方向とも使用停止となっている。ホーム間の移動は跨線橋を使う。

のりば
1 石北本線 (下り) 遠軽北見網走方面
2 石北本線 (上り) 白滝上川旭川方面

遠軽駅管理の無人駅

駅名の由来[編集]

アイヌ語の「セトゥシ」(巣の多いもの)が転訛したもの。あるいは「セタニ・ウシ・ウトル・コツ」(エゾノコリンゴの木が群生する間のくぼ地)が短くなったもの、とされている。

駅周辺[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 曽根悟(監修) 『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』28号・釧網本線/石北本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月31日、22-23頁。
  2. ^ 北海道630駅 小学館 1993年発行。
  3. ^ “平成28年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2015年12月18日), http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/151218-3.pdf 2015年12月18日閲覧。 

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
石北本線
特別快速「きたみ」
通過
普通
丸瀬布駅 (A48) - 瀬戸瀬駅 (A49) - 遠軽駅 (A50)
  • 当駅 - 丸瀬布駅間にあった伊奈牛駅は1990年9月1日廃止。
  • 当駅 - 遠軽駅間にあった新栄野駅は2006年3月18日廃止。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]