DC-5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダグラス DC-5
DC-5Japan.jpg
要目一覧
乗員 6
乗客 16-22
初飛行日 1939年2月20日
全長 19.05 m
全幅 23.77 m
高さ 6.05 m
翼面積 76.55 m²
エンジン Wright GR-1820-F62
サイクロン
馬力 900 hp
最大速度 365 km/h
航続距離 2,575 km
実用上昇限界 7,225 m
最大離陸重量 9,072 kg
総生産数 12機

ダグラス DC-5 (Douglas DC-5) とは、アメリカ合衆国の航空機メーカーであったダグラス社が開発したレシプロ双発旅客機。1939年初飛行。

概要[編集]

有名なDC(ダグラス商用航空機)シリーズで最も少ない生産数(試作機の性格が強いDC-1を除けば)として有名である。また16席という座席も少ないもので、高翼構造というのもダグラス社の航空機では異例であった。

この飛行機はDC-3DC-4より短く、需要も少ないルートを目的として開発されたが、1940年に就航する頃には、多くの航空会社は第二次世界大戦のために発注をキャンセルしており、またダグラス社も戦時生産体制に移行しており、少数機の生産で打ち切られた。

生産型[編集]

民間向けのDC-5は、1機の試作機と4機の量産型が作られた。皮肉にも8席の座席を持つ試作機は、ライバルであるボーイング社の創業者であるウィリアム・E・ボーイングの自家用機になったが、のちに軍に徴用された。

その他の4機は、オランダKLMオランダ航空に引き渡すことになっていたが、第二次世界大戦の勃発後にオランダがドイツの占領下に置かれてしまったために、植民地であるオランダ領東インドオランダ領インド航空で使用された。

さらにその後太平洋戦争において同地を植民地として支配していたオランダ軍を放逐した日本軍が、オランダ軍が同盟国に持ち出せなかった2機を捕獲し、テスト飛行ののちに現地で輸送機として運用した他、日本本土に空輸し羽田空港で戦利品として展示し、輸送機としても使用した。

また2機は脱出し、オーストラリアで運用された。そして、1948年にDC-5の生き残っていた機体はイスラエルに輸出された。一方、アメリカ陸軍の輸送機としては「C-110」と称された。またアメリカ海軍では「R3D」と呼ばれていたが、わずか7機が使われただけであった。

主なユーザー[編集]

アメリカ陸軍のC-110

関連項目[編集]