迦多衍尼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

迦多衍尼子(かたえんにし、: Kātyāyanīputra[1]、カーティヤーヤニープトラ)は、インドバラモン出身の仏教である。活動時期は不詳。『異部宗輪論』、『三論玄義』、『大唐西域記』などの記述からは約紀元前2世紀に活躍したとされるが、それよりやや時代は下るとされる[1]説一切有部に属していた。

説一切有部の根本論書である『阿毘達磨発智論』二十巻を著わした。(『大唐西域記』では、北インドのチーナブクティ国〈Cīnabhukti〉にて執筆されたという。)[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]