秦フク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「秦宓」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

秦 宓(しん ふく、またはしん みつ、? - 226年)は、中国後漢末期から三国時代蜀漢にかけての学者。子勅益州広漢綿竹県の人。

文学や弁論に優れた学者でもあり、名声は高かった。劉焉の招聘を受けた際にはこれを辞退したものの、同郷の学者で名声が高かった任安を推薦している。劉焉の子である劉璋の時代にも、広漢太守の夏侯纂や治中従事の王商らからの出仕の誘いを断っている。同時に、同郷の彭羕蜀郡太守であった許靖に推薦して、書佐に任命させている。

その後は劉備に仕え、劉備が関羽の敵討ちをしようとしたときは、それを懸命に諌め、一時投獄されている。諸葛亮にもその才能を認められ、別駕・長水校尉に任じられた。また、の使者として張温がやって来たときに彼と弁論したが、その時に張温は秦宓の博識を賞賛している。大司農にまで昇ったが、226年に死去した。

小説『三国志演義』では、最初は劉璋配下として登場する。劉備を益州に迎えようとしたときはこれに反対し、劉備軍の簡雍が降伏勧告に来たときにも、簡雍が取った傲慢な態度に対して一喝している。