秦フク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「秦宓」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
秦宓
成都武侯祠の秦宓塑像
蜀漢
大司農
出生 生年不詳
益州広漢郡綿竹県
死去 建興4年(226年
拼音 Qín Mì
子勅
主君 劉備劉禅
テンプレートを表示

秦 宓(しん ふく、? - 226年)は、中国後漢末期から三国時代蜀漢にかけての学者。子勅益州広漢郡綿竹県の人。

生涯[編集]

若年時から文学や弁論に優れた学者でもあり、名声は高かった。、州や郡からたびたび招聘されたが、いつも病気と称して出仕しなかった。劉焉の招聘を受けた際にはこれを辞退したものの、湯王伊尹何武と襲勝、襲舎の故事を引いて同郷の学者で名声が高かった任安を推薦している。後年、諸葛亮が、秦宓に任安のすぐれた点をたずねたところ、秦宓は、「人の善事を記憶し、人の過失を忘れることです」と答えた。

劉焉の子である劉璋の時代にも、治中従事の王商らからの出仕の誘いを断っている。同時に、同郷の彭羕蜀郡太守であった許靖に推薦して、書佐に任命させている。後に、王商が厳君平李弘のために祠を立てたとき、秦宓は手紙を送って司馬相如も同時に祀るように要請した。

劉備が益州を平定したのち、広漢太守の夏侯纂が秦宓を仲父と呼び五官掾を兼ねて師友祭酒に、招聘しようとしたが、これも固辞した。夏侯纂は功曹の古朴、主簿の王普をひきつれ、食膳を持ち運んで秦宓の邸を訪れ秦宓と語り合ったが、その見識に返答をすることができなかった。夏侯纂は秦宓を招聘しようと三度その邸宅を訪れたという(『太平寰宇記』巻七十三が引用する李膺の『益州記』)。

その後に益州では、召し出されて劉備に仕え、従事祭酒となった。劉備が関羽の敵討ちをしようとしたときは、それを懸命に諌め、一時投獄されている。224年、氶相諸葛亮が益州の牧になったとき、秦宓の才能を認め抜擢して迎えて別駕とし、続いて左中郎将・長水校尉とした。また、の使者として張温がやって来たときに彼と弁論したが、その時に張温は秦宓の博識を賞賛している。大司農にまで昇ったが、226年に死去した。

秦宓は五帝の系譜、また皇・帝・王・覇について語りその論は非常に筋道立っていた。譙周は若いころに何度も秦宓を訪ねて、質問し『春秋然否論』の中にそのことばを記録している。

評価[編集]

陳寿は秦宓を最初、脱世俗を慕いながら、愚人のふりをして世を避けたが、世にでて他国の使者に対しる受け答えは余裕があり、文章は壮麗であった。一代の才士であると評した。

小説『三国志演義』では、最初は劉璋配下として登場する。劉備を益州に迎えようとしたときはこれに反対し、劉備軍の簡雍が降伏勧告に来たときにも、簡雍が取った傲慢な態度に対して一喝している。