共有価値の創造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

共有価値の創造(きょうゆうかちのそうぞう、英語:creating shared value、略称:CSV)とは、企業の競争戦略を専門とするアメリカの経済学者マイケル・ポーターが2006年、米ハーバードビジネスレビュー誌の同年12月号に『Strategy and Society』と題する共著の論文の中で初めて提唱した[1]経営戦略のフレームワークで、企業による経済利益活動と社会的価値の創出(=社会課題の解決)を両立させること、およびそのための経営戦略のフレームワークを指す。

概要[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]