C40都市気候リーダーシップグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
C40 都市気候リーダーシップグループ(C40)
設立 2005年10月
(ロンドン)
種類 国際組織
目的 気候変動。地球規模の気候変動に対処するのに役立つ意味のある持続可能な気候関連の行動をローカルに実装すること。
貢献地域 グローバルな主要都市
組織的方法 直接的な支援、ピアツーピア交換、研究とコミュニケーション[1]
運営委員会 アンマン,ボストン,コペンハーゲン,ダーバン,香港, ジャカルタ,ロンドン,ロサンゼルス,メキシコシティ,ミラノ,パリ,ソウル,東京
重要人物 市長 エリック・ガーセッティ (議長)
マイケル・ブルームバーグ(理事会長)
ビル・クリントン米国大統領(創業パートナー)
マーク・ワッツ(執行役員)
ウェブサイト C40.org
テンプレートを表示

C40都市気候リーダーシップグループ(C40 Cities Climate Leadership Group, C40)は、世界の人口の12分の1と世界経済の4分の1を代表する世界96都市のグループ。C40は、世界の主要都市によって創設、構成され、気候変動への取り組みと、温室効果ガスの排出と気候リスクを低減する都市行動の推進に焦点を当て、都市市民の健康、福祉、経済的機会を向上させることを目的とする[2]

概要[編集]

2019年現在のC40の議長はロサンゼルス市長のエリック・ガルセッティは、元ニューヨーク市長マイケル・R・ブルームバーグは理事長、マーク・ワッツは事務局長を務めている。3つすべては、13名の運営委員会、取締役会、および専門スタッフと緊密に連携している。C40市長の回転運営委員会は、戦略的な方向性とガバナンスを提供する。運営委員会のメンバーにはアンマンボストンコペンハーゲンダーバン香港ジャカルタロンドンロサンゼルスメキシコシティミラノパリソウル東京都が含まれる[2]

複数のセクターとイニシアチブ領域にまたがって、C40は都市のネットワーク[2]を招集し、以下のような取り組みを支援する一連のサービスを提供している。ピアツーピア交換の促進。研究、知識管理、コミュニケーション。C40はまた、都市を世界中の気候変動対策の主導的な勢力として位置付け、持続可能な未来を創造するためのより大きな支援と自治を求める各国政府への呼びかけを定義し、拡大している[2]

C40の作業は、3つの戦略的資金提供者であるブルームバーグ・フィランソロピーズ、チルドレンズインベストメントファンド財団、リアルダニアによって実現されている[2]


C40 都市[編集]

C40には、7つの世界の地域に96の参加メンバー都市がある

出典[編集]

  1. ^ What We Do For Cities, http://c40.org/why_cities, accessed 2015-08-24
  2. ^ a b c d e C40 Networks
  3. ^ C40(世界大都市気候先導グループ)について|東京都環境局”. www.kankyo.metro.tokyo.lg.jp. 2020年3月6日閲覧。
  4. ^ C40について” (日本語). www.city.yokohama.lg.jp. 2020年3月6日閲覧。