国際地理学連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

国際地理学連合(こくさいちりがくれんごう、英語: International Geographical Union、略称:IGUフランス語: Union Géographique Internationale、略称:UGI)は、地理学に関する国際的な学会である。第1回国際地理学会議(こくさいちりがくかいぎ、International Geographical Congress、IGC)は1871年ベルギーアントウェルペンで開催された。その後、1922年にベルギー・ブリュッセルで開かれた大会で、恒久的な組織の設立が決定し、正式に発足した[1]

国際地理学連合は34の研究委員会(commission)と4つの特別委員会(task force)を有する。研究委員会の扱う課題は応用地理学、ジェンダー地理学、海洋地理学、景観分析など多岐にわたる。

国際地理学連合は、国際的な学術組織の間を調整する団体として知られる国際科学会議(ICSU)と国際社会科学協議会International Social Science Council、ISSC)に加盟している。

目的[編集]

国際地理学連合は7つの目的及び目標を掲げている。

  1. 地理学的な課題の研究を促進すること
  2. 国際協力が求められるような地理学的調査の着手及び調整と、調査結果の科学的な議論及び公表を促進すること
  3. 関連する国際機関の活動への地理学者の参加の機会を提供すること
  4. 加盟国間の地理学的なデータや文書の収集及び提供を容易にすること
  5. 国際地理学会議や地域会議、国際地理学連合の目的にかなう特別シンポジウムを開催すること
  6. その他研究や地理学の応用に資する国際協力に適切な形で参加すること
  7. 研究手法、学術用語、地理学で用いられる記号の国際標準化あるいは互換化を促進すること

日本との関わり[編集]

現在、IGU日本委員会(National Committee of Japan for IGU)は、日本学術会議の地球惑星科学委員会内に設けられた「IGU分科会」として組織されている[2]

日本では、1957年に東京でIGUと日本学術会議の共催によって地域集会が開催された[3]。また、1980年には東京で国際地理学会議が開催された[4]。その折には、同時に開催された国際地図学会議と併せて記念切手が発行された。その後、「2013年京都国際地理学会議」も開催された[5]

日本から選出されたIGU会長は、氷見山幸夫(在任中)[6]のみである。副会長職(複数名)はこれまでに、木内信蔵[4]多田文男[7]吉野正敏田邉裕[2]、氷見山幸夫[8]が務めている。

歴代会長[編集]

氏名 ラテン文字表記 在任期間 国籍
プリンス・ボナパルト Prince Bonaparte 1922–1924 フランスの旗 フランス
ジェネラル・ヴァッチェリ General Vacchelli 1924–1928 イタリアの旗 イタリア
ジェネラル・ブルジョア General Bourgeois 1928–1931 フランスの旗 フランス
イザイア・ボウマン Isaiah Bowman 1931–1934 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
チャールズ・クローズ Charles Close 1934–1938 イギリスの旗 イギリス
エマニュエル・ドゥ・マルトンヌ Emmanuel de Martonne 1938–1949 フランスの旗 フランス
ジョージ・クレッセイ George Cressey 1949–1952 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ダドリー・スタンプ L. Dudley Stamp 1952–1956 イギリスの旗 イギリス
ハンズ・アールマン Hans W. Ahlmann 1956–1960  スウェーデン
カール・トロール Carl Troll 1960–1964 ドイツの旗 ドイツ
シバ・チャッタージー Shiba P. Chatterjee 1964–1968 インドの旗 インド
スタニスワフ・レシチニスキ Stanislaw Leszczycki 1968–1972 ポーランドの旗 ポーランド
ジャン・ドレッシュ Jean Dresch 1972–1976 フランスの旗 フランス
マイケル・ワイズ Michael J. Wise 1976–1980 イギリスの旗 イギリス
アキン・マボグンジェ Akin L. Mabogunje 1980–1984 ナイジェリアの旗 ナイジェリア
ピーター・スコット Peter Scott 1984–1988 オーストラリアの旗 オーストラリア
ローランド・フックス Roland J. Fuchs 1988–1992 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ヘルマン・フェアスタッペン Herman Th. Verstappen 1992–1996 オランダの旗 オランダ
ブルーノ・メッセーリ Bruno Messerli 1996–2000 スイスの旗 スイス
アン・バティマー Anne Buttimer 2000–2004 アイルランドの旗 アイルランド
アダルベルト・ヴァレーガ Adalberto Vallega 2004–2006
(在任中に逝去)
イタリアの旗 イタリア
ホセ・パラシオ・プリエト José Palacio-Prieto 2006–2008 メキシコの旗 メキシコ
ロナルド・アブレー Ronald Francis Abler 2008–2012 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ウラジーミル・コロソフ Vlafimir Kolossov 2012–2016 ロシアの旗 ロシア
氷見山 幸夫 Yukio Himiyama 2016−現在 日本の旗 日本

事務局長[編集]

氏名 ラテン文字表記 在任期間 国籍
チャールズ・クローズ Charles Close 1922–1928 イギリスの旗 イギリス
フィリッポ・デ・フィリッピ Filippo de Filippi 1928–1931 イタリアの旗 イタリア
エマニュエル・ドゥ・マルトンヌ Emmanuel de Martonne 1931–1938 フランスの旗 フランス
ポール・ミコッテ
マルグリット・アリス・レフェブレ
Paul Michotte
Marguerite-Alice Lef?vre
1938–1949  ベルギー
ジョージ・キンブル George H. T. Kimble 1949–1956 カナダの旗 カナダ
ハンス・ベーシュ Hans Boesch 1956–1968 スイスの旗 スイス
チョーンシー・ハリス Chauncy D. Harris 1968–1976 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ヴァルター・マンシャルト Walther Manshard 1976–1984 ドイツの旗 ドイツ
レスゼク・コシスキー Leszek A. Kosiski 1984–1992 カナダの旗 カナダ
エクカルト・エーラス Eckart Ehlers 1992–2000 ドイツの旗 ドイツ
ロナルド・アブレー Ronald Francis Abler 2000–2008 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
柳 佑益 Yu Woo-ik 2008–2010 大韓民国の旗 韓国
マイケル・メドウズ Michael Meadows 2010–現在  南アフリカ共和国

脚注[編集]

  1. ^ 人文地理学会国際地理学連合』2009年3月5日更新(2013年5月26日閲覧。)
  2. ^ a b 人文地理学会公式サイト内の「IGU(国際地理学連合)のページによる。
  3. ^ 日本地学史編纂委員会・東京地学協会(2008): 戦後日本の地学(昭和 20 年〜昭和 40 年)〈その 1〉 ―「日本地学史」稿抄―, 地学雑誌117, p.275
  4. ^ a b 田辺 裕(1999)"おフランスの地理 第7回 国際地理学連合"地理古今書院).44(11):8-9.
  5. ^ IGU 2013 - Kyoto Regional Conference
  6. ^ Professor Yukio Himiyama is new IGU President”. IGU: International Geographical Union. 2016年8月31日閲覧。
  7. ^ 「多田文男先生略歴および著作目録 (多田文男先生喜寿記念)」、『駒沢地理』、駒沢大学地理学会、1978年3月、 p263-271、 NAID 40001407215
  8. ^ IGU/Home e-Newsletter Quarterly #23 January 2011”. IGU: International Geographical Union. 2011年8月2日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]