ハイエイタス (地球温暖化)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハイエイタス (Hiatus)は、全球平均地表気温上昇率が横ばい、あるいはマイナスになるような状態のこと。この用語は、米国のG. Meehl博士のグループが最初に用いたもので、現在では地球温暖化停滞状態を指すものとして広く使われている[1]

IPCCAR5 (WG1) では「気候システム温暖化には疑う余地はない(IPCC AR5 WG1SPM p.4, 27行目)」とする一方で、1951年2012年期間に比べ、1998年から2012年の期間における地球気温の変化傾向が弱まっているとしている[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 出典:東大海洋研
  2. ^ 出典:IPCC AR5 WG1 15P、18行目

参考文献[編集]