ハイエイタス (地球温暖化)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハイエイタス は、全球平均地表気温の上昇率が横ばい、あるいは負になるような状態のこと。この用語は、米国のG. Meehl博士のグループが最初に用いたもので、現在では地球温暖化の停滞状態を指すものとして広く使われている。 [1]

IPCCAR5 (WG1) では “気候システムの温暖化には疑う余地はない” (IPCC AR5 WG1SPM p.4, 27行目) とする一方で 1951年〜2012年の期間に比べ、1998年〜2012年の期間における地球気温の変化傾向が弱まっている[2] としている。

出典[編集]

  1. ^ 出典:東大海洋研
  2. ^ 出典:IPCC AR5 WG1 15P、18行目

参照[編集]