傅カ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「傅嘏」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

傅 嘏(ふ か、209年 - 255年)は、中国三国時代の政治家。字は蘭石。北地泥陽県の人。に仕えた。祖父は後漢代郡太守の傅睿。伯父は魏の侍中尚書傅巽。父は黄門侍郎の傅充。子に傅祗。孫に傅宣・傅暢。『三国志』魏志に伝がある。

20歳頃から名が知られるようになり、陳羣に取り立てられその属官となった。当時、劉劭達の間で官吏選抜制度の議論が活発であったが、傅嘏もまた自分の意見を述べた。また、何晏・鄧颺・夏侯玄といった人物が一世を風靡していたが、傅嘏は彼らの人物を嫌って親しくしようとはせず、荀粲のような正直な人物と付き合った。同じ州の出身である李豊とは、名声を等しくしていたが不仲であり、李豊は高官に昇ってもいずれ破滅するだろうと予想していた。

正始年間に尚書郎に任命され、黄門侍郎にもなった。当時政治の実権を握っていた曹爽は、何晏を吏部尚書とし人事を任せていた。傅嘏は曹爽の弟曹羲に何晏を重用しないよう勧めたが、これが何晏の耳に入ったため、後に些細なことを理由に免職とされた。後に滎陽県令に任命されたが、出仕しなかった。後に司馬懿の招聘を受けて従事中郎将となり、曹爽一派が失脚すると河南尹に任命されて、尚書に昇進した。河南尹の政治は、前任者の李勝の統治が放漫であったため乱れていたが、傅嘏は先任者である司馬芝や劉静らの政治手法から学び、統治を引き締めた。しかし、その功績が表に出ないように努めたため、人々に評されることはあまりなかったという。

前線の将軍達の間で征伐の機運が持ち上がると、傅嘏は意見を求められたが、呉征伐に消極的な意見を述べた。果たして、胡遵諸葛誕が東興で呉の諸葛恪に敗れ、遠征は失敗に終わった(東関の役)。この勝利に奢り、今度は諸葛恪が北伐の軍を起こし、青州徐州に攻め寄せる気配を見せたとき、傅嘏はその動きは陽動であり、結局、諸葛恪は合肥に攻め寄せるであろうと予想し、的中させている。

嘉平年間に関内侯の爵位を得た。高貴郷公が即位すると、武郷亭侯に爵位を進めた。255年毌丘倹文欽揚州で反乱を起こしたときは、司馬師が自ら討伐に出向くことを王粛と共に主張した。傅嘏は尚書僕射として司馬師の遠征に同行、反乱の鎮圧には傅嘏の策謀によるところが大きかった。司馬師が逝去すると、高貴郷公は傅嘏のみに軍を率いさせて、司馬昭の権力を削ごうとしたが、傅嘏は直ちに司馬昭を伴い洛陽に帰還した。陽郷侯に封じられ、600戸の加増を受け、1200戸を領した。その年の内に46歳で亡くなった。太常を追贈され、元侯と諡された。子の傅祗が爵位を継いだ。

鍾会と親しく付き合ったが、鍾会の野心の高さを見抜き、行く末を心配していたという。