傅巽

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

傅 巽(ふ そん、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代の政治家。字は公悌三国志においては、劉表伝に引用された『傅子』にまとまった記載がある。またに仕えた傅嘏は甥に当たる。

傅嘏伝によると、傅氏は「傅介子の后」とある。さらに傅嘏伝に引用された『傅子』によると、傅嘏の祖父は傅睿(代郡太守)、父は傅充(黄門侍郎)とある。傅嘏の出身が北地郡泥陽県となっており、傅子の著者である傅玄も同じであるため、傅巽も同地の出身である可能性がある。

当初は三公に招聘を受けた人材であったが(東曹掾であったという記録がある)、後に荊州に逃れ、独自勢力を保っていた刺史の劉表を頼った。

劉表の死後、曹操が荊州平定の軍を起こすと、荊州とその客将である劉備の軍事力を当てにして、降伏を渋る劉表の子劉琮蒯越韓嵩らと共に説得した。傅巽は劉備が曹操に対抗できないであろう事と、仮に劉備が曹操に対抗できたとしても、今度は劉琮が劉備に対抗できず併呑されてしまうだろうと説き、曹操への降伏が滅亡を免れる道であるという旨の進言をした(劉表伝)。劉琮が曹操に降伏すると、傅巽は荊州を降伏させた功績から関内侯に封じられた。

魏への禅譲の際は散騎常侍の地位にあったが、多くの群臣と共に曹丕に協力したという(文帝紀に引く『献帝伝』より)。曹丕(文帝)が即位すると、黄初年間には侍中(傅嘏伝では侍中尚書)に任じられた。同僚の蘇則が、曹丕に責められていると誤解し弁明しようとした際は、曹丕が蘇則ではなく曹植を責めていることをこっそり伝え、弁明を止めさせている(蘇則伝)。

曹叡(明帝)の時代である太和年間に死去した。

容貌が整った人物で、博学多才、加えて人物鑑定の天才であったという。荊州に居た頃、無名であった龐統を「才知に優れた英雄だが、器量が不完全」と評し、また裴潜を「清潔で品行方正な人物」と評価した。また、曹操に仕えた後、才能ある人物として評判のあった魏諷を「後に謀反を起こす」と予言した。