ケイ康

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「嵆康」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
琴を弾く嵆康(明時代画)

嵆 康(けい こう、224年 - 262年あるいは263年)は、中国三国時代文人叔夜豫州譙国銍県(現在の安徽省淮北市濉渓県)の人。竹林の七賢の一人で、その主導的な人物の一人。父は嵆昭。兄は嵆喜。子は嵆紹・女子一人。

経歴[編集]

曹操の曾孫娘の長楽亭主(曹林の孫娘)を妻とし[1]、魏の宗室の姻戚として中散大夫に任じられたので、嵆中散とも呼ばれる。

非凡な才能と風采を持ち、日頃から妄りに人と交際しようとせず、山中を渉猟して仙薬を求めたり、鍛鉄をしたりするなどの行動を通して、老荘思想に没頭した。気心の知れた少数の人々と、清談と呼ばれる哲学論議を交わし名利を求めなかった。友人の山濤が自分の後任に嵆康を吏部郎に推薦した時には、「与山巨源絶交書」(『文選』所収)と書いて彼との絶交を申し渡した上で、それまで通りの生活を送った。ただし死の直前、子の嵆紹を山濤に託しているように、この絶交書は文字通りのものではなく、自らの生き方を表明するために書かれたものであった。

嵆康の親友であった呂安は、兄の呂巽が自分の妻と私通した事で諍いを起こし、兄を告発しようとした。ところが、身の危険を感じた呂巽によって先に親不孝の罪で訴えられた[2]。この時、嵆康は呂安を弁護しようとした。しかし鍾会は以前から嵆康に怨恨があったため、この機会に嵆康と呂安の言動を風俗を乱す行ないだとして、司馬昭に讒言した。このため、山濤の吏部郎への推薦を断った事と、呂安を弁護する姿勢が罪状に挙げられ、嵆康と呂安は死罪となった[3]

当時、汲郡に孫登という道士がいた。嵆康は山に薬草を採りに行った時に知り合い、彼の元に3年通っていた。しかし、孫登が一言も口を利こうとしなかったため、嵆康は別れ際に「先生[4]、まだ口を利いてはいただけないのでしょうか」と尋ねた。そのため孫登は、初めて口を開き「あなたは多才だが見識が乏しい。今の世の中では難を免れるのは難しいぞ」と言った[5]。結局、嵆康は死刑という難を免れる事ができなかった。

嵆康は「(きん)」を演奏する事を好んでおり、ある時に見知らぬ人物から「広陵散」と呼ばれる琴の曲を学び得意としていたが、誰にもそれを教えなかった。刑の直前にこの曲を演奏し「広陵散、今に於いて絶ゆ」と言い残し処刑されたという[6]。「声無哀楽論」・「琴賦」を著すなど、音楽理論に精通していた。

著作は他に「養生論」・「釈私論」があり、詩は「幽憤詩」・「贈秀才入軍五首」などの四言詩に優れていた。

脚注[編集]

  1. ^ 魏書』曹林伝にある裴松之が引く『嵆世譜』より
  2. ^ 文選』所収の向秀「思旧賦」李善注が引用する干宝『晋書』より。
  3. ^ なお『世説新語』簡傲篇によると、嵆康の留守中に呂安が訪問した際、嵆康の兄の嵆喜(嵆紹の後を継いだ嵆翰の曾祖父)がいたので、呂安は門戸の上に「鳳」と記して立ち去った。嵆喜はその意味を知らずに喜んだが、実はこれは「凡鳥(「鳳」を二字に分解した)」を意味していたという逸話がある。
  4. ^ 日本語の「先生」とは異なり、一般的な敬称。ここでは無位無官の相手への敬称として使っている。
  5. ^ 三国志』王粲伝付、嵆康伝注『魏氏春秋』。『晋書』孫登伝。
  6. ^ 世説新語』雅量篇より。