リトルリーグ・ワールドシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リトルリーグ・ワールドシリーズ
Little League World Series Game 2.jpg
開始年 1947年
主催 リトルリーグ国際本部
参加チーム数 16
前回優勝 韓国の旗 ソウルリトルリーグ
最多優勝 台湾の旗 台湾 (17)
サイト LittleLeague.org
テンプレートを表示

リトルリーグ・ワールドシリーズLittle League World Series、略称LLWS)は11歳から13歳の子供野球トーナメント方式リトルリーグの世界選手権[1][2]。以前はナショナル・リトルリーグ・トーナメントと呼ばれていたが、メジャーリーグベースボールワールドシリーズにならい改名した。1947年から毎年8月にアメリカ合衆国ペンシルベニア州サウス・ウィリアムズポートで開催される[1]。(組織郵便住所ウィリアムズポートだが、スタジアムはサウス・ウィリアムズポートにある)

当初はアメリカ国内のチームのみの試合を「ワールドシリーズ」としていたが、現在は文字通りリトルリーグの世界一を争う。このトーナメントは試合が行なわれESPNで放送されるアメリカ国内で特に人気が増した。2006年、それまで13歳になるのが8月1日だったが5月1日になるなど年齢制限が変わった。8月に試合が行なわれるため、ワールドシリーズの時には多くの選手が13歳になっている。

リトルリーグは野球のみと捉えられがちだが、リトルリーグ・ベースボール・ワールドシリーズはリトルリーグ・インターナショナルによる8トーナメントのうちの1つである。

大会フォーマット[編集]

大会は全米の部と国際の部に分かれており、全試合ダブルイリミネーション方式を採用[3]

2010年までは4組に分かれてのグループリーグを経て決勝トーナメントで勝敗を決めていた。それぞれの地区別の部門優勝チームが総合優勝決定戦で世界一を争う。

決勝戦を含め、全試合4回・5回で10点差以上がついた場合はそのイニング終了時点でコールドゲームが成立する。

大会の組み分けは

全米の部
国際の部

日本代表は2006年まではリトルリーグ全日本選手権優勝リーグがアジア・太平洋選手権大会のアジア地域の部[4]に進出し、そこで優勝しないと今大会に出場することができなかったが、2007年以後はアジア・太平洋のカテゴリーから日本が独立[5]し、全日本選手権優勝チームがそのままワールドシリーズの出場権を得ることが出来るようになった。

球場[編集]

ワールドシリーズの試合はHoward J. Lamade StadiumLittle League Volunteer Stadium で行なわれる。1959年からLamade Stadium で行なわれており、2001年から出場チームを2倍の16チームに増やし、Little League Volunteer Stadium でも行なわれるようになった。1959年以前はウィリアムズポートの西4番通りのOriginal Little League で行なわれていた。

どちらの球場もホームベースから外野まで68.6 m (225 feet) (2006年まで62.5 m (205 feet) )の左右対称のフェンスが設置されている。

全ての試合が入場無料だが、人気が高いため、どの観戦グループにもランダムで入場券が配布される[6]Lamade Stadium にはフェンスの外側に犬走りがあり、全体で45,000名収容できる。

テレビおよびラジオ中継[編集]

1963年、ABCスポーツ(現ESPN on ABC)で初めてリトルリーグ・ワールドシリーズの放送が開始されたが、当初は優勝決定戦のみの放送であった。アメリカ国内グループとインターナショナルグループは準決勝以降に対戦することにトーナメント方式が変更となり、1980年代後期、準決勝も放送されるようになった。さらに数年後、ABCESPNESPN2においてより多くの試合が放送されるようになり、2006年には36試合中28試合がこの3局で放送された。

ABCのスポーツ部門がESPNに完全移行したため、2006年の優勝決定戦はABCスポーツでの最後の放送となった。しかしながら試合は雨天中止で翌日ESPN2で放送された。

2007年1月、ESPN、ESPN2、ABCはリトルリーグとの契約を2014年まで延長したと発表した[7]。ESPN、ESPN2、ABCのいずれかでこの年初めてワールドシリーズ全試合が、1試合は録画でそれ以外は生で放送されることとなった。録画となった1試合はESPN360のオンラインで放送され、翌日ESPN2で放送された[8]。また多くの試合が高精細度テレビジョン放送で放送されるようになった。リトルリーグ・ソフトボール・ワールドシリーズを含め全ての地区の優勝および準優勝決定戦がESPN、ESPN2、ESPNUのいずれかで放送されるようになった。

2011年6月、ESPN 3Dでさらに17試合が放送されることが発表された[9]

ワールドシリーズの試合の多くはクリア・チャンネル所有のローカル・ラジオ局1400AMWRAK で生中継される。この放送はオンラインthe LLWS page at littleleague.orgで聴くことができる。

日本ではJ SPORTSで当日録画放映されている。

歴代優勝決定戦結果[編集]

優勝者 得点 準優勝者
1947年 ペンシルベニア州の旗
ペンシルベニア州ウィリアムズポート
16–7 ペンシルベニア州の旗
ペンシルベニア州ロック・ヘヴン
1948年 ペンシルベニア州の旗
ペンシルベニア州ロック・ヘヴン
6–5 フロリダ州の旗
フロリダ州セントピーターズバーグ
1949年 ニュージャージー州の旗
ニュージャージー州ハモントン
5–0 フロリダ州の旗
フロリダ州ペンサコーラ
1950年 テキサス州の旗
テキサス州ヒューストン
2–1 コネチカット州の旗
コネチカット州ブリッジポート
1951年 コネチカット州の旗
コネチカット州スタンフォード
3–0 テキサス州の旗
テキサス州オースティン
1952年 コネチカット州の旗
コネチカット州ノアウォーク
4–3 ペンシルベニア州の旗
ペンシルベニア州モノンガヒラ
1953年 アラバマ州の旗
アラバマ州バーミングハム
1–0 ニューヨーク州の旗
ニューヨーク州スケネクタディ
1954年 ニューヨーク州の旗
ニューヨーク州スケネクタディ
7–5 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州コルトン
1955年 ペンシルベニア州の旗
ペンシルベニア州モリスヴィル
4–3 ニュージャージー州の旗
ニュージャージー州マーチャントヴィル
1956年 ニューメキシコ州の旗
ニューメキシコ州ロズウェル
3–1 ニュージャージー州の旗
ニュージャージー州マーチャントヴィル
1957年 メキシコの旗
メキシコ ヌエボ・レオン州モンテレイ
4–0 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州ラ・メサ
1958年 メキシコの旗
メキシコヌエボ・レオン州モンテレイ
10–1 イリノイ州の旗
イリノイ州カンカキー
1959年 ミシガン州の旗
ミシガン州ハムトラムク
12–0 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州オーバーン
1960年 ペンシルベニア州の旗
ペンシルベニア州レヴィットタウン
5–0 テキサス州の旗
テキサス州フォートワース
1961年 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州エル・ケイジャン
4–2 テキサス州の旗
テキサス州エル・カンポ
1962年 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州サンノゼ
3–0 イリノイ州の旗
イリノイ州カンカキー
1963年 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州グラナダ・ヒルズ
2–1 コネチカット州の旗
コネチカット州ストラトフォード
1964年 ニューヨーク州の旗
ニューヨーク州スタテンアイランド
4–0 メキシコの旗
メキシコヌエボ・レオン州モンテレイ
1965年 コネチカット州の旗
コネチカット州ウインザー・ロックス
3–1 カナダの旗
オンタリオ州ストーニー・クリーク
1966年 テキサス州の旗
テキサス州ヒューストン
8–2 ニュージャージー州の旗
ニュージャージー州ウエスト・ニューヨーク
1967年 日本の旗
西東京
4–1 イリノイ州の旗
イリノイ州シカゴ
1968年 日本の旗
和歌山県和歌山市
1–0 バージニア州の旗
バージニア州リッチモンド
1969年 中華民国の旗
台湾台中市
5–0 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州サンタクララ
1970年 ニュージャージー州の旗
ニュージャージー州ウェイン
2–0 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州キャンベル
1971年 中華民国の旗
台湾台南市
12–3 (F/9) インディアナ州の旗
インディアナ州ゲーリー
1972年 中華民国の旗
台湾台北市
6–0 インディアナ州の旗
インディアナ州ハモンド
1973年 中華民国の旗
台湾台南市
12–0 アリゾナ州の旗
アリゾナ州ツーソン
1974年 中華民国の旗
台湾高雄市
12–1 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州レッドブラフ
1975年* ニュージャージー州の旗
ニュージャージー州レイクウッド
4–3 フロリダ州の旗
フロリダ州タンパ
1976年 日本の旗
東京都調布市
10–3 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州キャンベル
1977年 中華民国の旗
台湾高雄市
7–2 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州エル・ケイジャン
1978年 中華民国の旗
台湾屏東市
11–1 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州ダンビル
1979年 中華民国の旗
台湾嘉義県
2–1 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州キャンベル
1980年 中華民国の旗
台湾花蓮市
4–3 フロリダ州の旗
フロリダ州タンパ
1981年 中華民国の旗
台湾台中市
4–2 フロリダ州の旗
フロリダ州タンパ
1982年 ワシントン州の旗
ワシントン州カークランド
6–0 中華民国の旗
台湾嘉義県
1983年 ジョージア州の旗
ジョージア州マリエッタ
3–1 ドミニカ共和国の旗
ドミニカ共和国Barahona
1984年 韓国の旗
大韓民国ソウル
6–2 フロリダ州の旗
フロリダ州アルタモンテ・スプリングス
1985年 韓国の旗
大韓民国ソウル
7–1 カリフォルニア州の旗
メキシコ バハ・カリフォルニア州メヒカリ (カリフォルニア州として)
1986年 中華民国の旗
台湾台南市
12–0 アリゾナ州の旗
アリゾナ州ツーソン
1987年 中華民国の旗
台湾花蓮市
21–1 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州アーバイン
1988年 中華民国の旗
台湾台中市
10–0 ハワイ州の旗
ハワイ州パールシティ
1989年 コネチカット州の旗
コネチカット州トランブル
5–2 中華民国の旗
台湾高雄市
1990年 中華民国の旗
台湾台南市
9–0 ペンシルベニア州の旗
ペンシルベニア州シッペンスバーグ
1991年 中華民国の旗
台湾台中市
11–0 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州サン・ラモン
1992年 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州ロングビーチ
6–0 フィリピンの旗
フィリピン サンボアンガ
1993年 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州ロングビーチ
3–2 パナマの旗
パナマ チリキ県ダビッド
1994年 ベネズエラの旗
ベネズエラ マラカイボ
4–3 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州ノースリッジ
1995年 中華民国の旗
台湾台南市
17–3 (F/5) テキサス州の旗
テキサス州スプリング
1996年 中華民国の旗
台湾高雄市
13–3 (F/5) ロードアイランド州の旗
ロードアイランド州クランストン
1997年 メキシコの旗
メキシコ ヌエボ・レオン州グアダルーペ
5–4 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州ミッションビエホ
1998年 ニュージャージー州の旗
ニュージャージー州トムズ・リヴァー
12–9 日本の旗
茨城県鹿嶋市
1999年 日本の旗
大阪府枚方市
5–0 アラバマ州の旗
アラバマ州フェニックス・シティ
2000年 ベネズエラの旗
ベネズエラ マラカイボ
3–2 テキサス州の旗
テキサス州ベライア
2001年 日本の旗
東京都江東区、東京北砂
2–1 フロリダ州の旗
フロリダ州アポッカ
2002年 ケンタッキー州の旗
ケンタッキー州ルイビル
1–0 日本の旗
宮城県仙台市
2003年 日本の旗
東京都府中市、武蔵府中
10–1 フロリダ州の旗
フロリダ州ボイトン・ビーチ
2004年 キュラソー島の旗
キュラソー島ウィレムスタット
5–2 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州サウザンドオークス
2005年 ハワイ州の旗
ハワイ州エバ・ビーチ
7–6 (F/7) キュラソー島の旗
キュラソー島ウィレムスタット
2006年 ジョージア州の旗
ジョージア州コロンバス
2–1 日本の旗
埼玉県川口市
2007年 ジョージア州の旗
ジョージア州ワーナー・ロビンス
3–2 (F/8) 日本の旗
東京都
2008年 ハワイ州の旗
ハワイ州ワイパフ
12–3 メキシコの旗
メキシコ タマウリパス州マタモロス
2009年 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州チュラビスタ
6–3 中華民国の旗
台湾桃園県
2010年 日本の旗
東京都江戸川区、江戸川南
4–1 ハワイ州の旗
ハワイ州ワイパフ
2011年 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州ハンティントンビーチ
2–1 日本の旗
静岡県浜松市
2012年 日本の旗
東京都江東区、東京北砂
12–2 (F/5) テネシー州の旗
テネシー州グッドレッツヴィル
2013年 日本の旗
東京都府中市、武蔵府中
6-4 カリフォルニア州の旗
カリフォルニア州チュラビスタ
2014年 韓国の旗
大韓民国ソウル
8–4 イリノイ州の旗
イリノイ州シカゴ
  • 完全試合
  • サンボアンガは失格
  • § メキシコ メヒカリ[10]はカリフォルニア州南部エル・セントロ/カレキシコに近く、1957年から1985年までカリフォルニア南部ディヴィジョンで国境のカリフォルニア州カレキシコで試合を行ない、アメリカ合衆国の西部代表として出場した。

国または州別優勝数[編集]

順位 国または州 優勝数
1 台湾の旗 台湾 17 1969, 1971, 1972, 1973, 1974, 1977, 1978, 1979, 1980, 1981, 1986, 1987, 1988, 1990, 1991, 1995, 1996
2 日本の旗 日本 9 1967, 1968, 1976, 1999, 2001, 2003, 2010, 2012, 2013
3 カリフォルニア州の旗 カリフォルニア州 7 1961, 1962, 1963, 1992, 1993, 2009, 2011
4 ペンシルベニア州の旗 ペンシルバニア州 4 1947, 1948, 1955, 1960
コネチカット州の旗 コネチカット州 4 1951, 1952, 1965, 1989
ニュージャージー州の旗 ニュージャージー州 4 1949, 1970, 1975, 1998
7 メキシコの旗 メキシコ 3 1957, 1958, 1997
ジョージア州の旗 ジョージア州 3 1983, 2006, 2007
韓国の旗 大韓民国 3 1984, 1985, 2014
10 ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州 2 1954, 1964
テキサス州の旗 テキサス州 2 1950, 1966
ベネズエラの旗 ベネズエラ 2 1994, 2000
ハワイ州の旗 ハワイ州 2 2005, 2008
15 アラバマ州の旗 アラバマ州 1 1953
ニューメキシコ州の旗 ニューメキシコ州 1 1956
ミシガン州の旗 ミシガン州 1 1959
ワシントン州の旗 ワシントン州 1 1982
ケンタッキー州の旗 ケンタッキー州 1 2002
キュラソー島の旗 キュラソー島 1 2004

著名な出場者[編集]

(姓のABC順)

脚注[編集]

  1. ^ a b World Series History
  2. ^ Little League World Series Format”. ESPN.com (2013年8月12日). 2013年8月18日閲覧。
  3. ^ [1][リンク切れ]
  4. ^ 2000年までは、アジアオセアニアを合わせて1枠であったが、2001年以後はアジア枠・オセアニア枠それぞれで1つずつと変更され、日本はアジア枠で出場
  5. ^ これに付随し、日本以外のアジア・オセアニアは2つの地区を合わせて1枠に戻された
  6. ^ [2][リンク切れ]
  7. ^ . http://www.latimes.com/sports/custom/extras/la-spw-tvcol5jan05,1,6528696.column?page=2&coll=la-sports-extras  [リンク切れ]
  8. ^ [3][リンク切れ]
  9. ^ Communications Division (2011年6月15日). “ESPN 3D Adds Little League World Series Games to its Broadcast Schedule”. Little League. 2011年6月28日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ See: Mexico in the Little League World Series.

外部リンク[編集]