やくみつる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やく みつる(はた山 ハッチ)
本名 畠山 秀樹
生誕 1959年3月12日(55歳)
東京都 世田谷区
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1979年 - 現在
ジャンル 4コマ漫画風刺漫画
代表作 パロ野球ニュース
受賞 第42回 文藝春秋漫画賞1996年
テンプレートを表示

やく みつる(本名:畠山 秀樹(はたけやま ひでき)、1959年3月12日 - )は、日本漫画家タレントスポーツライター東京都世田谷区桜新町出身。「やくみつる」の名は麻雀の「役満」からもじったと言われている。

桐蔭学園中学校、同校高等学校男子部、早稲田大学商学部卒業学位商学士(早稲田大学)。現在漫画家だけではなく、テレビ番組コメンテーターなどのタレント活動もしている。野球4コマ漫画などの一部作品でははた山 ハッチ(はたやまハッチ、Hatch Hatayama)名義で執筆することがある。妻はアシスタントの畠山利奈子(やく利奈子)。日本昆虫協会理事、元日本相撲協会外部委員。東京消防庁消防総監感謝状受領歴がある。

人物[編集]

活動内容[編集]

現在はテレビのコメンテーター及びエッセイストとしても活動している。

発言[編集]

プロ野球などについて物議をかもす発言を多く残している。社会現象や有名人を諷刺する筆致・姿勢は強く、彼の評価の振幅を大きくしている。そもそも「江川事件に義憤を覚えて四コマ漫画を描き始めた」というだけあって、江川卓に対しては批判的だった。朝青龍明徳については前述の貴乃花ほどの厳しい批判をしていなかったが、2007年夏のサッカー騒動を期に徹底的な批判に転じる。これについて本人は「即刻クビだと思った」と発言している[1]。朝青龍が3場所連続休場後に出場した2009年初場所では、場所前に「朝青龍は、相撲そのものに執着がないから、1勝2敗で3日目に引退する」と予測していた[2]が、朝青龍は14勝1敗で優勝した。

漫画についての姿勢[編集]

やくは漫画家であるにもかかわらず「漫画嫌い」で知られる。著書「小言主義」に収録したエッセイでは、「同人誌系がすべてがそうではないだろう」としながらも「仲間内で楽しめばいいという感覚をひきずったままプロになる(中略)ため、人に読んでもらうということに対しての自覚が皆無に等しい」「ネタについてのとらえ方も、独善的であいまいだ」「こういう輩が跋扈する限り、業界はますますヒドくなるだろう」と、同人作家からプロの漫画家となった人間に対して批判的な態度を示している。反面、「自分たちの世界で楽しんでいる分には何の文句もつけない」と、同人誌などに代表される同人活動全般を批判するつもりはないことも示している。竹書房の新人賞の審査員を務めていた頃にも、同様に作品内容よりも、4コマ漫画を描く上での姿勢を、厳しく批判していた。小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』に、まだ本格的に賛否両論が激しくなる前でありながら「漫画で人を啓蒙したり、世の中変えたり、そんな大それたことはできません。漫画はしょせん刺し身のつま、漫画はしょせん漫画ですよ」と、批判エッセイを寄稿していた。また、自身がかつて看板作家を務めていたまんがスポーツの休刊に触れたコメントでも、「選手やチームへの批判、風刺意識の薄れた作家、作品ばかりになり、読者とお友達感覚で共感してるだけの同人誌的な雰囲気が雑誌中に蔓延していたから」と話している。

プロ野球について[編集]

長年の横浜大洋ホエールズ→横浜ベイスターズの熱狂的ファンであることが有名ではあるが、選手によって好き嫌いも激しい。例えば、『大魔神』こと佐々木主浩元投手をネタにする時は辛辣さを極めていた。知名度の低いベイスターズにおいて数少ない知名度のあるの中心選手であるとともに、公私共に様々なエピソードを残した佐々木はネタの材料として格好であったからであると言える。

荒唐無稽な要素が少なく、ヒーローインタビューや試合の経過などといった、実際に起こったことを取り上げて批判する作風である。また本人が頻繁に漫画に登場し登場人物と頻繁に絡むことも特徴になっている。ベイスターズの弱小時代にはコマ中の近藤貞雄に「こんなへぼチームを応援する漫画家はへぼへぼへぼだ。」と言わせる等自虐ネタも書いたり、自身の母校である早稲田大学出身者の仁村薫が偏差値社会日本では勝ち組云々というオチの四コマも書いている。

野球4コマのパイオニアであるいしいひさいちや、みずしな孝之との中間の世代のためか、作風を混同されることが多い(一例をあげると、いしいの有名な持ちネタに「誇張過剰気味に広沢克己を奇天烈に描いたり、原辰徳を能天気に描く」というものがあるが、WIKIPEDIAにも長年やくみつるの傾向として掲載されていた)。

自らの比較的現実的な作風を考慮せず、すぐにフィクションと区別がつかないような事を書くことも多かった。一例をあげると、桑田真澄が目に沁みないように予め自分でビールをかけているところを取り上げ、「一人ビールかけで総スカン」などと書いたことがある(巨人が強行指名したという経緯もあり、いしいひさいちも桑田を悪人顔に書いていたが、荒唐無稽な話で笑わせていた)。このような作風が災いしてか、キャリアとしては全盛期に『まんがパロ野球ニュース』(現・まんがくらぶオリジナル 竹書房)の看板作家の座を、同じく横浜ベイスターズを題材としていたみずしな孝之(荒唐無稽な要素と、日常的な要素を併用していた)に追われている。

2011年にベイスターズがDeNAに買収されたが、やくはDeNAの運営する課金制の携帯電話向けゲームを認めないため、ベイスターズファンを(親会社が代わるまで)やめると宣言した[3]。しかし、『はた山ハッチ』名義でもファン休止宣言を行った[4]はずの神奈川新聞にて、2012年4月3日から『はた山ハッチの それでもガンバれ!!中畑ベイスターズ』[5]と改題して、シーズン中の1コマ漫画連載を継続した。

亀田一家との確執[編集]

亀田史郎テレビ朝日スーパーモーニングにてテレビ番組でケンカ寸前の論争をした。その際、史郎に対し、(史郎の息子らに対するがなっていないとして)しつけ糸を投げつけ、息子の試合を「安いドラマ」と挑発した。ただ、内藤大助亀田大毅戦の前日にムーブ!で今まで亀田の試合自体は見たことがないと発言していた。

漢字の知識[編集]

40歳での還暦宣言[編集]

「漫画家の年齢は通常の人間の年齢×1.5である」とし、40歳の時点で「還暦」を宣言。それ以降しばらく、その「仮の年齢から逆算した年」が「生年」だと称していたこともあった。また、「還暦」を契機に、異常に多数だった連載を整理し、それ以降は妻と二人、日本全国や世界各地を旅行して回っている。

交友関係[編集]

上記のように、やくは自分の作品掲載以外でもコメンテーターなどとして積極的にマスメディアに出演・寄稿し、「珍品コレクション」の収集という趣味もあるため、有名人との交友を幅広く持っている。その中の一人に、昆虫採集、特にチョウの採集という共通の趣味がある鳩山邦夫がいて、やくは自分の作品の中で鳩山を登場させた事もある。鳩山が日本郵政西川善文社長の更迭を求めた問題で麻生内閣での総務大臣辞任に追い込まれた際には、「一企業の社長人事で大臣が辞任に追い込まれるのは奇異に思う」などとしてその決定を批判した[6]。また、好角家という関係から親交を持ったデーモン閣下はやくから見ると桐蔭学園中学から早稲田大学までの後輩に当たり[7]、「Qさま!」や「大相撲この一年」などでは共演もしている。

東京五輪招致反対[編集]

2013年9月8日東京オリンピック開催が決定した日、NHKの12時のニュースに出演しオリンピック反対の立場に立つとしてコメントしている。理由は原発問題にからむものである。

その他[編集]

  • 石原慎太郎について、『FLASH』誌にて、12年間の都政のうち、教育・福祉の分野では「70点」と評価し、「児童ポルノ規制、日の丸・君が代の徹底はむしろ評価。知事自身が過去、ヤンチャな時代があったにもかかわらず、看過できないと表現の自由に一石を投じた点は評価してもよい。」とコメントした[8]

おもな作品・活動[編集]

やくみつるは、「はた山ハッチ」という別のペンネームも持ち、仕事の性格等に応じて両者を使い分けていた。なお連載作品名に「やくみつるの」と付く場合は、これを省略して表記する。

デビュー当初は「はた山ハッチ」名義で執筆していたが、途中から「やくみつる」名義でも執筆するようになる。今ではほとんどの作品においてやくみつる名義で執筆している。

連載[編集]

その他バラエティ番組、週刊誌での4コママンガ、イラスト等多数

書籍[編集]

●印は、「はた山ハッチ」名義。

漫画
  • 『すすめ!!赤ヘル軍団』(清山社)1979年11月5日発行。書籍コード:0071-700490-4020
    • 清山社が発行していた「野球コミック」シリーズ第4巻。広島東洋カープをテーマとしている。
    • 書籍自体は、「今日・あさって」の共同ペンネームで発行(作中及び最終ページ内には、「けやま秀樹」「村井和之介」「十鳥文博」三者の名義も入る)。
    • この内、やくは「けやま秀樹」名義で1〜6ページ、33〜52ページに1コマ漫画を発表、表紙イラストも手掛けている(この内、33ページには「けやま秀樹改メ畠山秀樹」と記述している)。
  • 『がんばれエガワ君』全6巻(芳文社)●
    • 現在本格的なデビュー作として発表されている作品。
  • 『ワッハハ!プロ野球』全6巻(芳文社)●
  • 『ワッハハ!スポーツニュース』(芳文社)1993年●
  • 『小言主義』(ワニブックス)1994年
  • パロ野球ニュース』全15巻(竹書房)●
  • 『やくやくスポーツらんど』全5巻(竹書房)
  • 『やくみつるのおチャンコくらぶ』全3巻(ベースボール・マガジン社)
  • 『やく・みつるのマナ板紳士録 1991-1995』(小学館)
  • 『やくみつるのガタガタ言うゾ!!』(朝日新聞社
  • 『ギャグギャグベースボール』(世界文化社)1986年
  • 『やくみつるの平成ポテンショット』(日刊スポーツ出版社)2009年5月27日発売 ISBN 4817254548
    • 「やくやくスポーツらんど」第5巻以来、10年ぶりの漫画単行本。日刊スポーツ連載の1コマ漫画「やくみつるのポテンショット」の2004年〜2008年連載分を解説を交えたうえで収録。
その他

テレビ[編集]

※レギュラー

※不定期

※テレビドラマ

ゲームソフト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『中央公論』2008年2月号[要ページ番号]
  2. ^ 『日刊スポーツ』2009年1月11日
  3. ^ “やくみつる氏「横浜ファンをやめる」”. 産経新聞. (2011年12月2日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/111202/bbl11120200010000-n1.htm 2011年12月2日閲覧。 
  4. ^ “ベイスターズ売却正式合意:はた山ハッチさん、ファン休止を“宣言””. 神奈川新聞. (2011年11月5日). http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1111050011/ 2012年4月9日閲覧。 
  5. ^ “はた山ハッチの それでもガンバれ!!中畑ベイスターズ”. 神奈川新聞. (2012年4月3日). http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1204020016/ 2012年4月9日閲覧。 
  6. ^ 産経ニュース2009年6月12日付、[1][リンク切れ]
  7. ^ ただし、デーモンはあくまで「世を忍ぶ仮の姿」での在籍ということになり、実際の年齢としては約10万年生きているデーモンの方が「年長者」ということにはなる。
  8. ^ FLASH 2011年3月22日号[要ページ番号]
  9. ^ 週刊ポスト 2012年6月1日号 13-20、177-184頁

外部リンク[編集]