NEXCOシステムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社NEXCOシステムズ
NEXCO SYSTEMS Company Limited.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 N-SYS
本社所在地 163-6025
東京都新宿区西新宿6丁目8番1号
住友不動産新宿オークタワー25階
設立 1975年昭和50年)6月19日
(株式会社高速道路計算センター)
法人番号 2010501018629
事業内容 NEXCO3社の基幹業務・料金収入計算・交通量測定などのシステム開発・運用・保守
代表者 高松隆久(代表取締役社長)
資本金 5,000万円
売上高 128億円(2018年3月期)
純利益 2億4000万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 72億5300万円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 1,283名
(2018年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 東日本高速道路
中日本高速道路
西日本高速道路(2018年3月31日現在)
外部リンク http://www.nexco-sys.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社NEXCOシステムズ(ネクスコシステムズ、英称:NEXCO SYSTEMS Company Limited.)は、NEXCO3社(東日本高速道路(NEXCO東日本)・中日本高速道路(NEXCO中日本)・西日本高速道路(NEXCO西日本))が共同出資した料金系システムをはじめとした高速道路に係るシステムの開発、運用を行う会社である。

概要[編集]

日本道路公団直営事業により、名神高速道路管理局にて事業開始。

その後財団法人道路施設協会 電子計算事業部 一宮、川崎、福岡、岩槻電子計算室にて事業開始。

1975年に道路施設協会から独立し、株式会社高速道路計算センターとして設立。

その後日本道路公団の民営化により、社名も株式会社NEXCOシステムズとなる。

NEXCO各社の管轄する高速道路の料金系計数管理業務やシステムの開発、基幹系業務システムの開発、運用などを行っている。

沿革[編集]

  • 1963年 - 日本道路公団直営事業により、名神高速道路管理局にて事業開始。
  • 1966年 - 財団法人道路施設協会 電子計算事業部 一宮、川崎、福岡、岩槻電子計算室にて事業開始。(1966年から1974年にかけて)
  • 1975年 - 会社設立(株式会社高速道路計算センター)。
  • 2005年 - 日本道路公団民営化(東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社に分割)
  • 2007年 - 株式会社高速道路計算センターから、株式会社NEXCOシステムズに社名変更

主な事業[編集]

■料金系計数管理業務 ■情報システム開発業務 ■情報システム運用保守業務 ■NEXCOグループ支援業務

事業所[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]