劉ヨク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「劉廙」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

劉 廙(りゅう よく、180年 - 221年)は、後漢末期から三国時代の政治家。字は恭嗣。南陽郡安衆県(現在の河南省南陽市臥竜区)の人。長沙定王劉発の庶子の安衆康侯劉丹の子孫[1]。兄に劉望之。弟に劉偉。甥(弟の子)に劉阜。従孫に劉喬。『三国志志に伝がある。

生涯[編集]

10歳のとき、学堂で遊んでいたところを司馬徽に可愛がられた。兄の劉望之は声望が高く、遠縁の荊州劉表に招かれ従事を務めていたが、正論を吐いたため迫害を受けた。身の危険を感じる劉望之に対し、劉廙は今すぐ逃亡することを勧めた。劉望之はこの言葉に従わなかったため殺害され、劉廙は揚州に逃亡し、後に曹操に身を寄せた。

曹操は劉廙を丞相府の属官とし、後に五官将曹丕)の文学に転任させた。曹丕は劉廙を信任し、草書で手紙をしたためて良いとまで言った。劉廙は恐縮しつつもこれを受け入れた。

曹操が漢中に遠征しようとすると、劉廙は上奏し、文王のような徳を積むべきだと述べた。曹操は劉廙の意見に同意できない旨の返答をした。

その後、劉廙の弟が魏諷の反乱に加担したため、劉廙も連座するところであったが、曹操に許しを得て、丞相倉曹属への配置替えに留まった。この計らいに劉廙は上奏して曹操に礼を述べている。

曹丕が即位すると、侍中となり、関内侯に封じられた。221年黄初2年)に死去した。

著述が数十篇残され、丁儀と刑罰・儀礼について議論した書物もあったという。

脚注[編集]

  1. ^ 晋書』巻六十一列伝第三十一劉喬伝