アンディ・ルービン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンディ・ルービン(Andy Rubin、1963年 - )は、携帯電話オペレーティングシステムの開発会社Android社を創業したアメリカの技術者、経営者。Googleにて技術部門担当副社長を務めた後、退職。ハードウェア系スタートアップの支援事業をスタートする予定。[1]

キャリア[編集]

2008 Google Developer Day in Japan にて

光学機器メーカーであるカールツァイスでキャリアをスタートさせた彼は、1989年、Appleに入社し、通信技術関連のエンジニアとしてモデムの設計などに携わる。Appleの子会社として1990年にスタートしたGeneral Magicへ1992年に移籍し、携帯端末のインターフェースやオペレーティングシステムMagic Capの開発に携わる。(1994年、彼が担当したモトローラ製端末Envoyがリリースされた[2]。)1995年、その年に設立されたWebTVへと移る。(その後WebTVはマイクロソフトによって買収される)

さらに数年後にはDanger社を設立し、社長兼最高経営責任者となる。そこで彼はスマートフォンの先駆けとなるSidekickという端末を、T-Mobileよりリリースする。(後にDangerもマイクロソフトによって買収)

2003年10月にはAndroid社を設立。ハードウェアではなく、携帯端末向けオペレーティングシステムの開発を中心とする。「誰でも使えるスマートフォン用OSを開発し、メーカーに無償提供する」というアイデアを元に世界の携帯電話端末メーカーにプレゼンテーションを行ったが、最終的にAndroid社はGoogleによって買収された[3]

Googleでは、Android プラットフォームの責任者として、製品戦略及び開発全般を担当。その功績などから、よく「Androidの父」と呼ばれている[4]

2014年、部下の女性への性的暴行がGoogle社内で発覚し(一度反論したがツイートは削除)、巨額の口止め料で退職(実質的な解雇)させられた[5][6]

2015年11月9日に同氏によってEssential Products Inc.が設立された[7]

脚注[編集]

外部リンク[編集]