特殊事件捜査係

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
特殊捜査班から転送)
移動先: 案内検索

特殊事件捜査係(とくしゅじけんそうさかかり)は、日本の警察の部署のひとつ。高度な科学知識・捜査技術に精通し、大規模な業務上過失事件やハイジャック、爆破事件などに対処する[1][2]

警察本部刑事部内に設置されており、特殊事件捜査係のほかにも特殊犯捜査係や特殊捜査班など、都道府県によって異なる呼称が用いられている。また警視庁の特殊犯捜査係は部内でSIT(エスアイティー[3][4])と呼称されていたことから、他の警察本部の同種部署についてもこのように俗称されることもあるが、実際には異なる名称を用いている場合も多い(#道府県警察刑事部の突入班を参照)。なお、人質事件・誘拐事件にも対応することから、人質救出作戦部隊としての側面もある[5]

来歴[編集]

昭和40年代に入ると、科学技術の進歩や高度経済成長に伴う生活・行動様式や価値観の変化に伴って、新たなタイプの犯罪が問題となっていた。従来は考えられなかったような大型犯罪の発生や、犯罪の広域化・スピード化、爆発物や銃火器を使用した凶悪犯罪や、大量輸送機関に関連した事件事故などがそれである。この事態を受けて、警察庁では昭和45年度に「刑事警察刷新強化対策要綱」を策定し、捜査体制の抜本的な強化を打ち出した[1][2]

特殊事件捜査係は、このような新型・特殊な事件の捜査経験に富み、高度な科学知識および捜査技術に通暁した専任捜査官を警察本部に常駐させておき、管内のいかなる場所で事件が発生しても、速やかに応援捜査を行えるように設置された部署である。1970年より各警察本部への設置を図り[1]、1981年3月までに、警視庁および全ての道府県警察本部に設置された[2]警視庁では、前年に発生した吉展ちゃん誘拐殺人事件の教訓から、1964年4月1日に、特殊犯捜査係が創設された。創設時は、警部1人・警部補1人・巡査部長2人・巡査2人の計6人体制であった。当時は、吉展ちゃん誘拐殺人事件の継続捜査にも従事していた。

概要[編集]

特殊犯捜査係は各都道府県警察の刑事部捜査第一課に編成されており、人質立て篭もり事件や誘拐事件、企業恐喝事件、業務上過失事件などに出動し、犯人を逮捕することを主要な任務としている。

1990年前後から、警視庁刑事部捜査第一課では、特殊犯捜査係を「SIT」と呼ぶ事が定着し始めたが、これはSousa Ikka Tokushuhan(捜査一課特殊班)の略称だったといわれている。当時の警視庁刑事部捜査第一課員の証言によると、会議の際に課や隊の名称を掲げることになっているが、存在をマスコミに悟られないよう苦肉の策としてローマ字表記(Sousa Ikka Tokushuhan)の頭文字を取りSITとしたのが始まりだという。それを在外公館勤務経験者の捜査第一課管理官が「Special Investigation Team」の略と解釈してしまい、公式名称となったと言われている。

大阪府警察本部では、刑事部捜査第一課特殊事件係を「Martial Arts Attack Team」の英語名称から通称、MAAT(マート)と称しており、1992年4月にこの呼称が制定された。大阪府警察本部の特殊事件係は、MAATと名付けられる以前から存在し、三菱銀行人質事件(1979年)や、グリコ・森永事件(1984年〜1985年)などに出動している。

特殊犯捜査係は普段から様々な事件を想定し、機動捜査隊などと協力して、車両を使用した追跡訓練、特殊通信、逆探知交渉(説得)技術の訓練などを実施している。人質立て篭もり事件が発生した際は重装備で出動し、犯人が説得に応じない場合は逮捕するために強行突入を行う。突入班の編成基準は都道府県警察により異なっており、地域によっては特殊犯捜査係と機動捜査隊の混成で突入班を編成することもある。

重装備で突入を行うことから、テロリストに対処する警備部の特殊部隊(SAT)銃器対策部隊などと混同されがちであるが、特殊犯捜査係は刑事部の捜査員であり、主に誘拐、立て籠もりといった一般刑事事件の強行犯に対処する。そのため、特殊犯捜査係の行動方針では犯人への狙撃は最後の手段とされており、可能な限り逮捕を優先すると言われている。なお、アメリカ警察のSWATも特殊犯捜査係と同じ方針で活動している。

過去に出動した事件[編集]

8月

  • 和歌山県和歌山市で発生した発砲事件に和歌山県警SITと応援派遣された大阪府警MAATが出動。発砲事件の被疑者らしき男が和歌山駅前のホテルに潜伏しているとの情報を受け、両隊で突入するも既に男は部屋から逃走していた。 その後男は和歌山県警の追跡を振り切って同市の住宅街のアパートに立て籠り膠着状態となる。警察は慎重に説得を続けたが、立て籠りから17時後に男が突如自らの腹部を銃撃して自殺を図り説得に当たっていた大阪府警MAATによって身柄を確保された。尚、男は病院に搬送されたが2時間後に死亡が確認された。

9月

  • 福島県福島市のアパートにおいて、人質立てこもり事件が発生。事件発生から約7時間後に、福島県警察SITが閃光弾を使用しアパートに突入、犯人を逮捕し人質を救出した。
  • 東京都立川市のアパートにおいて、立てこもり事件が発生。事件発生から約3時間後、警視庁SITが男の部屋に突入し、ボウガンを持っていた男を公務執行妨害容疑で現行犯逮捕した。

編成されている地域と支援体制[編集]

特殊犯捜査係は全国の都道府県警察本部の捜査第一課に設置されているが、規模の小さな県警察本部では係員が捜査第一課の他係と兼務している場合もある。

1994年4月に警察庁は、全国の警察本部における特殊犯事件に対する捜査能力向上を目的として、刑事局捜査一課内に特殊事件特別捜査班(通称タスクフォース)を設置した。これは、警視庁SITと大阪府警察本部MAATの係員を10人前後タスクフォースに所属させ、「警察庁兼務職員」として全国各地に派遣する制度である。タスクフォースは各道府県警察本部に対して、特殊犯事件に関する訓練や指導を行っている。

タスクフォースに選ばれた捜査員は、警視庁や大阪府警察の警察官であっても、特例的に他道府県で発生した特殊犯事件に介入することが可能だが、任務は事件発生地を管轄する警察本部の支援に限定されている。またタスクフォースに在籍する警視庁SITの捜査員は、米国連邦捜査局(FBI)に研修に赴き、米国での特殊犯事件への対応の現状や、拳銃の射撃訓練、プロファイリングに関する動向などのレクチャーを受けたといわれている。さらに、FBIとの交流を契機として、神奈川県横須賀市に駐留する米海軍犯罪捜査局(NCIS)極東方面本部の幹部が、警視庁SITの立てこもり訓練に指導・助言を与える形で参加するようになった。NCISは、主に拳銃などの武器使用に関する指導や、ビルを駆け下りたりするなどの基礎運動の形成に関する助言を行ったといわれている。

警視庁特殊犯捜査係の編成[編集]

警視庁の特殊犯捜査係は、全国の特殊犯捜査係の中で最も人員が多く、体制が充実している。その編成は以下のとおりである

  • 特殊犯罪対策官(警視
  • 第1特殊犯捜査・管理官(警視)
    • 特殊犯捜査第1係
    • 特殊犯捜査第2係
      • 第1係と第2係は、人質立てこもり事件・誘拐事件・企業恐喝事件などを担当している。立てこもり事件が発生した際は重装備で現場に出動することから、報道関係者の前に現れることが多い。また、任務に突入などの強硬手段が含まれるため、特殊部隊(SAT)を除隊した警察官も配属されている。通常「SIT」とは、この第1係と第2係を指す場合が多い。
    • 特殊犯捜査第3係
      • 第3係は、企業の過失による重大事故や、重大な医療過誤事件など業務上過失事件を主に担当する。
  • 第2特殊犯捜査・管理官(警視)
    • 特殊犯捜査第4係
      • 第4係は、捜査第一課の遊軍的な係で、第1特殊犯捜査だけでなく捜査第一課の第2~第7強行犯捜査が担当する殺人事件・強盗事件の応援捜査を行う。
  • 各係長の階級は警部である。

道府県警察刑事部の突入班[編集]

近年では警視庁や大阪府警察本部以外の道府県警察本部においても、人質立てこもり事件などに対処するため、突入担当班が編成されている。

編成の基準は道府県により異なるが、道府県警察本部は警視庁や大阪府警察本部と比べて特殊犯捜査係の人員が少ない。そのため立てこもり事件が発生した際、特殊犯捜査係のみでの強行突入は困難であることから、警備部機動隊や機動捜査隊の隊員を加えて突入班を編成することが多い。

現在判明している突入班の名称と、所属は以下のとおりである。

一部の突入班は全国で行われている「水際危機管理対策訓練」などに参加し、テロ事件発生時にも出動することもある。また各道府県で重大事件、テロ事件が発生した際には、道府県外から応援派遣される警視庁SIT、大阪府警MAAT、特殊部隊(SAT)と連携して活動する。

特殊犯捜査係および刑事部突入班の装備[編集]

特殊犯捜査係および、道府県警察刑事部の突入班が立てこもり事件などに対処するための主要な装備は以下のとおりである。

銃器[編集]

けん銃
ベレッタ 92
銃把(グリップ)部分にレーザーサイトを装着した自動式けん銃。また、フラッシュライトやミニミルダットサイトを装着することもある。銃の仕様は92FS-Vertec(バーテック)である。
この銃の使用が確認された都道府県警察と組織名は以下のとおりである。
SIG-P230
1998年東京証券取引所で発生した立てこもり事件において警視庁SITが使用。
S&W M3913
2004年栃木県宇都宮市で発生した立てこもり事件の際、警視庁SITが使用。また、2008年に埼玉県川越市で発生した立てこもり事件において埼玉県警察RATSが使用。
ニューナンブM60
2008年、茨城県大洗港で行われたシージャック(船舶乗っ取り)対策訓練の際、茨城県警察SITが3インチモデルを使用。
機関けん銃
H&K MP5
セミオート射撃のみ可能で銃身は短く、フラッシュライトと折曲式の銃床を装着したもの。
軍事専門誌「SATマガジン」(2009年1月号)では記事の中で、この銃の仕様がMP5SFK(SFKはシングルファイヤークルツ、単射小型の略称)であり、室内突入時の近距離狙撃用であると記載している。
この銃の使用が確認された都道府県警察と組織名は以下のとおりである。
  • 警視庁SIT - 2007年、町田市立てこもり事件において使用。
  • 大阪府警MAAT - 2007年、愛知立てこもり事件において使用。
  • 静岡県警察SRP - 2007年、公開訓練において使用[脚注 1]
  • 埼玉県警察STS、RATS - 2008年、埼玉県川越市で発生した立てこもり事件において使用。
  • 愛知県警察SIT - 2012年、豊川信用金庫立てこもり事件において使用。
空気銃
FN 303
FN社製の空気銃。の散弾と催涙液が入った実包を射撃することが可能な低致死性装備。
2015年に愛知県岡崎市で発生した立てこもり事件において、愛知県警察SITが使用。

その他[編集]

ガス筒発射器
一般的には「ガス銃」と呼ばれるもの。警視庁SITが2007年に発生した町田市立てこもり事件において、折りたたみ式銃床を装着したガス筒発射器を使用。
特殊閃光弾
スタングレネード、フラッシュバンとも呼ばれている特殊な手榴弾。突入の際、犯人を無力化させるために使用する非殺傷兵器の一種。
防弾盾
覗き穴に防弾ガラスを装着した黒色のケブラー製防弾盾や、開閉式の銃眼が付いた銀色のチタン製防弾盾、ポリカーボネート製の小型防弾盾などを装備。
ヘルメット
防弾フェイスガードを装着した黒色ケブラー製ヘルメットを装備。フェイスガードは取り外しが可能である。
また、2008年に公開された訓練において、警視庁SITがプロテック社製のヘルメットを使用。このヘルメットはABS樹脂製で防弾機能は無い。なお、2008年10月に青森市で行われたハイジャック対策訓練において、青森県警察TSTが同様のヘルメットを使用。
防弾ベスト
銃弾から胴体を防護するベストで、下腹部を防護するプレートが付属。また、左右上腕部や脚部に防弾プレートを装着する場合もある。防弾ベストは突入型防弾衣という名称で警察庁が国費(国家予算)により導入し、都道府県警察に配備している。各警察によっては都道府県費(自治体予算)を使用して独自の防弾ベストを購入している場合もある。
タクティカルベスト
予備弾倉など様々な装備品を収納できる黒色のベスト。背部に突入班の名称が記載されていることが多い。近年はタイラップ(フレックスカフ)などを引っ掛けていることも。
アサルトスーツ
黒もしくは紺色の突入服。警視庁SITは上腕部に「SIT」と記載されたワッペンを装着している。ノーメックス製が多く、隊員の意見などからスタングレネードポーチやニーパッド、エルボーパッド付きのものなど(防弾ベストとタクティカルベストの組み合わせによる不具合の解消)国費ではなく都道府県費でメーカーに作らせているものもある。
防刃フード
頭部を刃物から保護するフード。2008年の公開訓練において警視庁SITが使用。また、2007年に花巻空港で行われたハイジャック対策訓練において、岩手県警察SITが同種のフードを使用。
防刃ジャケット
上半身を刃物から保護するケブラー繊維製のジャケット。2008年の公開訓練において警視庁SITが使用。また、2012年愛知県豊川市で発生した立てこもり事件において、愛知県警察SITが着用している。
刺股(さすまた)
日本の警察で標準的に使用されている制圧用装備。アルミ合金製で刃物を所持した犯人に対して使用する。警視庁SITが2008年に公開した訓練において使用。また、2013年に愛知県稲沢市で発生した立てこもり事件で愛知県警察SITが使用している。
クッション
突入の際、刃物を所持した犯人に投げつけ、怯んだ隙に制圧するための装備。ラグビーボール大で重りが入っており、飛んでくるものを瞬間的につかんでしまう人間の習性を応用したもの。都道府県によっては機動捜査隊の車両にも常備。警視庁SITが2008年に公開した訓練において使用。
各種情報収集用機材
集音機やファイバースコープ、ドロップフォン(投げ込み電話)、スロートマイク、コルチイヤホン(ワイヤレスイヤホン)など。
各種破壊突入用具
バッテリングラム、ボルトクリッパー、揮発性危険物中和用水性投擲弾など。

各種車両[編集]

捜査用資器材搬送車
キャンターエルフフォワードなどのコンテナトラック。コンテナ内に捜査用資器材を収納。
突入支援車
ランドクルーザーに折りたたみ式の梯子を取り付けたもの。2004年栃木県宇都宮市で発生した立てこもり事件の際、警視庁SITが使用。
現場指揮車
ワンボックス型やマイクロバス型の車両。現場において指揮を行う際に使用する。

上記以外にも様々な装備品を保有しているが、装備品の詳細は各都道府県警察により異なる。

登場作品[編集]

特殊犯捜査係は特殊な犯罪や、未解決事件の捜査を担当するため、小説、映画、ドラマ、漫画、アニメ等様々な作品に登場する。以下は特殊犯捜査係が登場する主な作品である。

脚注[編集]

  1. ^ 軍事専門誌「Jグランド」(イカロス出版)20号に、訓練で使用している様子が写真で掲載されている

出典[編集]

  1. ^ a b c 『日本戦後警察史』 警察庁警察史編さん委員会、警察協会1977年、769頁。NCID BA59637079
  2. ^ a b c 「特集:変革を続ける刑事警察」『警察白書 平成20年』 警察庁、ぎょうせい、2008年ISBN 978-4324085349
  3. ^ エスアイティー【SIT】[special investigation team]の意味 - goo国語辞書(出典:デジタル大辞泉
  4. ^ 2008年2月14日、警視庁捜査一課特殊班の訓練が初めて公開され、それを報じた「TOKYO MX NEWS」では、SITを『エス・アイ・ティー』と読んでいた。
    警視庁特殊部隊の訓練を初公開 - YouTubeTOKYO MXYouTubeチャンネル)
  5. ^ 柿谷哲也、菊池雅之 「SAT&SIT」『最新 日本の対テロ特殊部隊』 三修社、2008年、5-26頁。ISBN 978-4384042252
  6. ^ 2008年07月19日毎日新聞掲載。

参考文献[編集]

関連項目[編集]