アサウラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アサウラ
ペンネーム アサウラ
誕生 非公表
(1984-05-29) 1984年5月29日(38歳)
日本の旗 日本
北海道
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2006年 -
ジャンル ライトノベル
代表作 ベン・トーシリーズ
主な受賞歴 第5回スーパーダッシュ小説新人賞(『黄色い花の紅』)
デビュー作 黄色い花の紅
テンプレートを表示

アサウラ1984年5月29日 - )は、日本男性小説家ライトノベル作家。本名非公表。北海道出身。都内在住[1]

経歴・人物[編集]

大学在籍中に『黄色い花の紅』で第5回スーパーダッシュ小説新人賞集英社主催)・大賞を受賞。2006年9月、同作でデビュー。銃器マニアであるため初期はガンアクションものを書いていたが、担当との打ち合わせにより、ラブコメやファンタジーではなく取るに足らないことを真剣に取り組みつつ馬鹿をやる作品を求められ[2]『ベン・トー サバの味噌煮290円』からなる『ベン・トー』シリーズを執筆。同作は2011年にアニメ化された。

セガ好きを公言しており、作中でそれをネタにすることがよくある。

ラジオ番組『爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)内のコーナー『田中はアニメを知らない』にて自身の作品である『ベン・トー』が取り上げられたのをきっかけに、コーナー終了時まで『田中はアニメを知らない』にネタを投稿。完成度の高いネタをパーソナリティーの爆笑問題から賞賛を受けたことから、2021末、年末に行われるコーナーである『メールNo.1グランプリ』に出場した。

作品リスト[編集]

小説[編集]

単行本[編集]

雑誌掲載・アンソロジー収録作品[編集]

「」内がアサウラの作品。

  • 「鳥と豚」(『僕は友達が少ない』ゆにばーす2 MF文庫J、2013年2月 収録)
  • 「180」(『ドラゴンマガジン』2013年9月号 掲載)
  • 「これより作戦を開始する」(『ドラゴンマガジン』2014年3月号付録冊子ドラゴンカップ 掲載)
  • 「逆さまの神様」(『5分で読める驚愕のラストの物語』JUMP j BOOKS、2021年4月 収録)

漫画原作[編集]

  • ベン・トー zero Road to witch(「ジャンプスクエア」2011年5・6月合併号 - 2011年10月号、全1巻)- 画:柴乃櫂人
  • ベン・トー another Ripper's night(「スーパーダッシュ&ゴー!」2011年12月号 - 2012年10月号、全1巻)- 画:柴乃櫂人
  • ベン・トー△(「スーパーダッシュ&ゴー!」2011年12月号 - 2013年6月号、未単行本化)- 画:サンカクヘッド
  • ベン・トー アラカルト(「スーパーダッシュ&ゴー!」2012年12月号 - 2013年10月、全1巻)- 画:柴乃櫂人
  • TiN-So 君が手にする俺の機巧魔剣(「月刊ComicREX」2017年10月号 - 2018年8月号、全2巻)- 画:ラルサン
  • 異端狩り(「タテスクコミック」2022年03月18日 - 継続中)- メインキャラクターデザイン:柳明弌、作画:ot

ゲーム[編集]

アニメ[編集]

その他[編集]

テレビ出演
エッセイなど
  • 「『ベン・トー』著者アサウラ氏が行く 実食! 弁当探訪記 「買って食べる」レポ 《ほっともっと》訪ねてみました!」(『栄養と料理』2016年5月号)

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 北海道新聞』2012年3月14日(水)夕刊5面 文化欄 累計70万部突破ライトノベル『ベン・トー』 アサウラ「おなかすいたらよんで」
  2. ^ 【Power Push】アサウラ/イラスト・柴乃櫂人”. 特集記事. コミックナタリー (2011年11月10日). 2011年12月13日閲覧。
  3. ^ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000410.000050711.html
  4. ^ 「SAO」「WORKING!!」キャラデザを務めた足立慎吾の初監督アニメ、いみぎむる参加”. コミックナタリー (2021年12月31日). 2021年12月31日閲覧。

外部リンク[編集]