2018年平昌オリンピック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
平昌五輪から転送)
移動先: 案内検索
2018年平昌オリンピック
第23回オリンピック冬季競技大会
XXIII Olympic Winter Games
PyeongChang 2018 Winter Olympics.svg
開催都市 大韓民国の旗 韓国 平昌
参加国・地域数 92
参加人数 2925選手
競技種目数 7競技 102種目
開会式 2018年2月9日
閉会式 2018年2月25日
開会宣言 文在寅大統領
選手宣誓 牟太釩
審判宣誓 金禹植
最終聖火ランナー 金妍兒
主競技場 横渓オリンピックパーク
冬季
2014年ソチ 2022年北京  >
夏季
2016年リオ 2020年東京  >
オリンピックの旗 Portal:オリンピック
テンプレートを表示

第23回オリンピック冬季競技大会(だい23かいオリンピックとうききょうぎたいかい、: XXIIIes Jeux olympiques d'hiver: XXIII Olympic Winter Games: 제23회 동계 올림픽)は、2018年2月9日から2月25日までの17日間、大韓民国江原道平昌郡を中心とする地域を会場として開催されたオリンピック冬季競技大会。一般的に平昌オリンピック(ピョンチャンオリンピック[1])と呼称され、平昌五輪と略される。テーマは"Passion. Connected"(ひとつになった情熱)

2011年7月に南アフリカ共和国ダーバンで開かれた第123次IOC総会で、2018年冬季オリンピックの開催地が平昌に決定した[2]。主催都市(Host City)は平昌郡で、オリンピックの名称には「平昌」の地名が冠されているが、競技会場は江陵市旌善郡にも配置されている。規模の大きな都市がメイン会場であった過去数大会の冬季オリンピックとは異なる特徴をもつ。

大会開催までの経緯[編集]

2018年冬季オリンピック開催地投票結果
都市 1回目
平昌 大韓民国の旗 韓国 63
ミュンヘン ドイツの旗 ドイツ 25
アヌシー フランスの旗 フランス 7

大会マスコットとエンブレム[編集]

大会マスコットは白虎のスホラン

エンブレムは2013年5月に発表された。韓国語の「平昌」のそれぞれの初声文字「」(ピウプ)、「」(チウッ)をモチーフとしており、当時の大会組織委員長によると、「」は東洋の「天・地・人」思想に着眼し、天と地の間で人々が一つになる広場という意味を込めた。「」は雪片の形で、星の姿とも似ている。 [7]

予算・運営費[編集]

平昌大会の予算は約90億ドル(約1兆円)である。ソチ大会(2014年)の510億ドルと比べ、既にインフラが整っており大幅に費用が圧縮されていると説明されるがバンクーバー大会(2010年)の18億8,000万ドルと比べると4倍強となっている[8]

参加国・地域[編集]

参加する国および地域の選手団[12][13][14][15][16]

実施競技と日程[編集]

2018年冬季オリンピックでは、以下の15の競技から102種目が実施される。このうち、スノーボードのビッグエア、カーリングの混合ダブルス、スピードスケートのマススタート、アルペンスキーの混合団体が今大会の新種目として採用された[17]。また、競技日時はアメリカのNBCがフィギュアスケートでの生中継を希望しており、午前中の開催となった[18]。以下、括弧内の数字は各競技でメダルが授与される種目の数を示す。


開会式 予選 1 決勝 EG エキシビション 閉会式
2月 8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
Olympic Rings Icon.svg 式典 N/A
スキー Alpine skiing pictogram.svg アルペンスキー 1 2 2 1 1 1 2 1 11
Cross country skiing pictogram.svg クロスカントリースキー 1 1 2 1 1 1 1 2 1 1 12
Ski jumping pictogram.svg スキージャンプ 1 1 1 1 4
Nordic combined pictogram.svg ノルディック複合 1 1 1 3
Freestyle skiing pictogram.svg フリースタイルスキー 1 1 1 1 2 1 1 1 1 10
Snowboarding pictogram.svg スノーボード 1 1 1 1 1 1 1 3 10
スケート Speed skating pictogram.svg スピードスケート 1 1 1 1 1 1 1 1 1 2 1 2 14
Figure skating pictogram.svg フィギュアスケート 1 1 1 1 1 EG 5
Short track speed skating pictogram.svg ショートトラックスピードスケート 1 1 2 1 3 8
Ice hockey pictogram.svg アイスホッケー 1 1 2
ボブスレー Bobsleigh pictogram.svg ボブスレー 1 1 1 3
Skeleton pictogram.svg スケルトン 1 1 2
Biathlon pictogram.svg バイアスロン 1 1 2 2 1 1 1 1 1 11
Curling pictogram.svg カーリング 1 1 1 3
Luge pictogram.svg リュージュ 1 1 1 1 4
日別メダル確定数 計 5 6 7 8 4 9 7 9 6 3 5 7 10 4 8 4 102
累積メダル確定数 計 5 11 18 26 30 39 46 55 61 64 69 76 86 90 98 102
2月 8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25

注:日付は全てKST (UTC+9)

ハイライト[編集]

2月9日・第1日目・開会式[編集]

2月10日・第2日目[編集]

2月11日・第3日目[編集]

2月12日・第4日目[編集]

2月13日・第5日目[編集]

2月14日・第6日目[編集]

2月15日・第7日目[編集]

2月16日・第8日目[編集]

2月17日・第9日目[編集]

2月18日・第10日目[編集]

  • フリースタイルスキー男子スロープスタイルにおいて、同種目のソチ大会銀メダリストでありまたゲイであることをカミングアウトしているアメリカのガス・ケンワージーが、スタート前に恋人の俳優マシュー・ウィルカスとキスを交わすシーンがNBCを通じて偶然放送された。「歴史的な『オリンピックキス』に心を揺さぶられてる」「こういう何気ない愛情表現の瞬間が、世界中のLGBTQに希望を与えてくれる」などと話題になった[33]
  • スピードスケート女子500mにて、小平奈緒が36秒94の五輪新記録で日本女子スピード陣では史上初の金メダルを獲得した[34]。また、レース後に五輪3連覇を逃し銀メダルとなった李相花(韓国)のもとに小平が近寄り、互いに健闘を称えあう姿が、「真のスポーツマンシップ」として話題になった[35]

2月19日・第11日目[編集]

2月20日・第12日目[編集]

2月21日・第13日目[編集]

2月22日・第14日目[編集]

2月23日・第15日目[編集]

  • フィギュアスケート女子シングルのフリースケーティングが行われ、ザギトワ(OAR)が演技後半にジャンプ7本をすべて固めるという構成をこなし、世界選手権2連覇中のメドベージェワ(OAR)らを抑え金メダルを獲得した[50]

2月24日・第16日目[編集]

  • OARとして出場したボブスレーナジェジダ・セルゲエワがドーピング検査で陽性反応を示したとロシア・ボブスレー連盟が発表した。今大会で2人目の薬物陽性発覚となった[51]
  • スノーボード女子パラレル大回転で、チェコのレデツカが金メダルを獲得した。なおレデツカは前述の通りアルペンスキー(第9日目)でも金メダルを獲得しており、五輪史上初めて両種目を制覇した選手となった[52]
  • スノーボード男子パラレル大回転(上記の女子と同時に行われた)で、韓国の李相昊が銀メダルを獲得した。韓国が雪上競技でメダルを獲得するのはこれが初めてである[53]
  • スピードスケート女子マススタートで、髙木菜那が今大会自身2個目の金メダルを獲得し初代女王に輝いた[54]。冬季大会において日本選手が同一大会で金メダルを複数獲得したのは、1998年長野オリンピック船木和喜以来2例目で、女子では初である[55]
  • カーリング女子の3位決定戦が行われ、ロコ・ソラーレ(日本代表)がイギリス代表を5-3で下し銅メダルを獲得した。オリンピックにおけるカーリングの競技で日本代表チームがメダルを獲得するのは男女通じて史上初である[56]

2月25日・第17日目・閉会式[編集]

  • カーリング女子の決勝が行われ、スウェーデンが韓国を8-3で下し2大会ぶりの金メダルを獲得。敗れた韓国はアジア勢初の銀メダルを獲得した[57]
  • アイスホッケー男子の決勝が行われ、OARがドイツを延長の末4-3で破り、金メダルを獲得。表彰式では五輪賛歌が流れる中、本大会では禁じられているはずのロシア国歌を歌い、話題となった。
  • ボブスレー男子4人乗りでドイツCチームと韓国チームのタイムが同じとなったため、両者に銀メダルが授与された。なお、この韓国のメダルはこの競技におけるアジア初メダルとなる[58]
  • 閉会式で再びトンガの旗手を務めたタウファトファは、入場時こそダウンジャケットや手袋を着用していたものの、閉会宣言時に再び上半身裸となり話題となった[59]

競技会場[編集]

主要会場の地図

競技会場は合計13会場で、山岳地区(アルペン・クラスター)の平昌郡旌善郡と海岸地区(コースタル・クラスター)の江陵市の3ヶ所に分かれて開催された。2018年1月現在では、山岳地区を1つにまとめ、平昌マウンテンクラスター江陵コースタルクラスターの2分類になっている[60][61][62]。会場の場所は、「平昌」の元々の中心街である高速バスターミナル付近から30~40 km離れた珍富や江陵が主となる[63]。平昌一都市で開催することが不可能であることが判明したため、複数の都市に分散して開催にこぎつけた。

日本からの空路は仁川国際空港金浦空港への定期便が運航されているが、選手団は襄陽国際空港へのチャーター機が手配される[64]

大会期間中はKTXで最寄り駅、高速バスで最寄のバスターミナルや駐車場に着いてから先は、観客シャトルバスでのみ競技場へ移動できる。

山岳地区・平昌[編集]

メイン会場となる大関嶺(テグァルリョン)面英語版韓国語版の人口は、6,141人(2016年)に過ぎない小さな村である。

以下は蓬坪(ポンピョン)面英語版韓国語版にある。人口5,841人(2016年)

山岳地区・旌善[編集]

旌善郡北坪(プクピョン)面英語版韓国語版にある。人口2,678人(2015年)

  • 中峯(チュンボン)山地(アルペンスキー・スピード系)
  • 旌善アルペン競技場(アルペンスキー・技術系)(珍富駐車場、珍富駅)

海岸地区・江陵[編集]

江陵市での開催。屋内競技はすべてこの地域で開催される。人口215,807人(2014年)。(江陵バスターミナル、江陵駅)

国・地域別メダル獲得数[編集]

気候[編集]

メイン会場に近い、標高850mほどの大関嶺地区の気候についてはオリンピックが開催される2月の平均気温が-5.9℃と、札幌(-3.1℃)や白馬(-2.6℃)よりも低い。2月の平均最低気温は-10.9℃に達し、1974年1月24日には過去最低気温として-28.9℃を記録するなど、氷点下20℃前後の厳しい冷え込みになることも珍しくなく、高地である事を加味すると韓国では最寒の地とされる。このため、気温面では過去の冬季五輪開催都市の中では低い方に入り、冬季五輪開催には申し分ない条件となっている。さらに、この寒さに風が加わる場合が少なくなく体感温度はかなり低くなる。また、積雪も過去最深積雪として188.8cm(1989年2月26日)を記録するなど、一般的には十分な積雪量を誇っているが、冬型の気圧配置で降雪量が増える地域ではなく、むしろ寒冬は積雪ではなく低温をもたらすために、その場合は人工雪の使用が必須となる。人工雪の使用の場合でも平均気温零下5度前後とかなり低いためにパウダースノーに近い状態になりやすい利点がある。

一方、屋内での競技種目が実施される江陵日本海沿岸に位置するため、比較的温暖な気候であるが、時に大雪を降らせることがあり、過去最深積雪は1990年2月1日に韓国の都市部・平野部で最多の138.1cmを記録している。

開・閉会式[編集]

開・閉会式の総合監督はソン・スンファン、総合演出は梁正雄、音楽監督は梁邦彦。開会式は現地時間2月9日午後8時 (UTC+9) 開始予定[66]

開催決定後の動向[編集]

北朝鮮[編集]

北朝鮮の参加[編集]

平壌オリンピック反対、文災殃』というプラカードを持っている反文在寅デモの参加者。
開会式に出席する金与正

2017年9月、北朝鮮張雄IOC委員はIOCの公式メディアとのインタビューで、「政治とオリンピックは別物である」、「選手が出場資格を得れば、平昌五輪への参加は問題ない」という認識を示した。実際に、9月にはフィギュアスケートの平昌冬季五輪予選を兼ねたドイツの大会で、北朝鮮のリョム・テオク、キム・ジュシク組が全競技を通じて、平昌五輪の出場枠を獲得した。国際社会が北朝鮮への制裁を強化する中で、文在寅大統領は北朝鮮に平昌五輪へ参加するよう求めており、9月21日の国連総会における一般討論演説でも、北朝鮮の参加に向けて努力を続ける考えを示していた。一方、北朝鮮は平昌五輪への参加を表明しなかった[67][68][69]

2017年10月12日、韓国の康京和外相は国会において、与党共に民主党の議員に対する答弁で「北朝鮮が核・ミサイル開発をめぐって国際的な孤立を深める中で、平昌パラリンピックへの参加意向書を国際パラリンピック委員会に提出した」と語った。その上で北朝鮮の平昌五輪参加については、「フィギュアスケートのペアが出場権を得た。それ以外も多くの選手が参加できるようにIOCも積極的に協力しており、方法を模索している」、「北朝鮮から選手や応援団など多くの人が参加することを願っている」と述べ、平昌冬季五輪への参加も呼びかけたが、北朝鮮は態度を明らかにしていない[67][68][69]

2018年1月1日、北朝鮮の最高指導者金正恩が「新年の辞」において平昌冬季五輪に北朝鮮代表団を派遣する用意があるとの声明をだした[70]。これを受けて1月9日にも南北閣僚級会談が行われ、北朝鮮が平昌冬季五輪に参加することが正式に発表された[71]

2018年1月15日、北朝鮮の対外宣伝サイト「朝鮮の今日」は五輪を自分たちの統一政策の一環だと宣伝する動画を「YouTube」で公開した。動画には、韓半島旗北朝鮮の国旗を振るシーンが何度も登場するが、太極旗(韓国の国旗)は一度も登場しないなどの内容から、一部からは「『平壌五輪』と誤解されかねない」と陰口をたたかれた[72]。また20年にわたる招致活動にもかかわらず前夜祭が『金剛山文化行事』という形で北朝鮮開催になったことに地元の不満が爆発した。「国際オリンピック委員会(IOC)がまるで国連の役割をしているかのような錯覚に陥る」との声も上がり、AP通信は「金正恩朝鮮労働党委員長はまるでチャンピオンであるかのように五輪をもてあそんでいる」と報じた[73]

北朝鮮の競技参加については、南北閣僚級・次官級実務会談において、アイスホッケーの南北合同チーム結成が合意された。IOC会長のトーマス・バッハが南北合同チームに非常に前向きであるとされ、韓国政府の決定にも影響があったとされる。この合意について、予選で同組の日本とスイスは人数増等の公平性の観点からこれに反対した。南北合同チームに合流する北朝鮮選手は現在4-6人で、チームの組織力を殺さないため攻守5人が構成する「ライン(組)」で一括して起用するとされる。

当事者の選手サイドでは、代表監督のセラ・マレーが「北朝鮮の選手を入れろという圧力がなかったらと思う」とコメントした[74]。代表チームのメンバーからは不満が上がり、ゴールキーパーのシン・ソジョンは「14年間オリンピックの舞台を夢見てきた。大きな期待をかけてきただけにとても当惑し、失望している。」「選手たちは『(南北合同チーム問題を)変えることはできないのだから、みんな気持ちを引き締めて練習に集中しよう』と話していた。動揺せずに五輪の舞台で最後まで頑張る姿をお見せしたい」などと語った[75]

開催地の韓国平昌よりも北朝鮮が目立つため、『平壌オリンピック』との批判が韓国国内から出ている。文在寅大統領の支持層からも批判が出たため、支持率の低下をもたらした。オリンピックを利用する北朝鮮の政治的動きと文在寅政権が示す北朝鮮への譲歩に、韓国メディアからも「まるで、北朝鮮が主導する『平壌オリンピック』だ」との声が上がっている[76][77][78]

前夜祭の『金剛山文化行事』は中止され[79]、北朝鮮選手は五輪期間中にメダルも獲得できなかったが、一時的にせよ緊張緩和をもたらした北朝鮮は外交上の成果で「金メダル」級をおさめたと評された[80]

国連安保理制裁決議との関連[編集]

北朝鮮は核実験ミサイル発射事件を理由に国際連合安全保障理事会の決議で制裁を課されており、韓国もこの安保理の制裁決議に基づいて、日本などと同じく貨客船万景峰92の入国禁止などの対北朝鮮独自制裁を行っている。しかし五輪期間中は「例外」として、北朝鮮の文化交流事業団の「三池淵管弦楽団」の人員を載せた万景峰92の韓国入国を許可した。これを受けて韓国の保守派市民団体が金正恩の写真を燃やすなどして抗議した。また韓国政府は万景峰92に対する食事や油などの提供要請を受けているが、「制裁違反」との指摘を受けることを危惧してアメリカと緊密に協議するとしている[81]。また北朝鮮の代表団に安保理制裁決議で外国渡航が禁止されている崔輝(チェ・フィ)朝鮮労働党中央委員会副委員長兼国家体育指導委員長が含まれていることから、これも五輪期間中の例外としてアメリカや国連と協議するという[82]

ロシア選手団(OAR)の参加[編集]

2017年12月5日、IOCは理事会を開き組織的なドーピングを行ってきたとされるロシアに対し、ロシア選手団の参加を認めないと決めた[83]。以前のドーピング違反や薬物検査歴のないことが確認された同国選手は、個人資格での五輪参加が認められているが、ロシア国旗と国歌ではなくオリンピック旗オリンピック賛歌を利用すること、ロシアの国章「双頭のワシ」の代わりに五輪マークを使うこと、また、ロシアと特定されるあらゆるシンボルの使用も禁止、ユニホームなどで「ロシア」の文字は「ロシアからの五輪選手」に変更して新たにIOCの承認を受けること、「ロシア」の文字だけを大きく表記することも禁じた[84]

日本と韓国[編集]

  • 2017年1月、オリンピックの政治的利用を禁止した五輪憲章違反であるとして、五輪公式ウェブサイトと報道配布資料で使用されている地図の地名表記において、竹島が韓国領「独島」と記載されていることに関して、日本の外務省から是正要請が行われた[85][86]
  • 2017年9月27日、五輪公式ウェブサイトの「ドリーム・プログラム」を紹介するページにおいて表示されている世界地図に樺太(サハリン)を含む日本列島が描かれていなかったことが発覚、日本政府は「極めて不適切」と批判し韓国大使館に早急な是正を申し入れた[87]。組織委員会は、「同年2月のホームページ改正後から近隣地域が記載されていないことに気がつかなかった」、「ホームページを改編した際に起きた単純なミスだった」と説明し、同日午後、日本列島が入った画像に急遽修正した[88][86]。この問題で、菅義偉官房長官は9月27日の記者会見で、「極めて不適切だ。政府としてはしっかり対応をやっていきたい」と述べた[86]
  • 韓国と北朝鮮のアイスホッケー女子合同チームの強化試合の際に、チームの国旗の代替となる統一旗に竹島が描かれていたことから、日本政府が韓国政府に抗議した。これを受けて韓国側はIOC管轄下の開会式などでは政治的主張を禁じたIOC憲章に従って竹島が表記されていない統一旗を使用するが、公式行事ではない民間が主催する応援や行事の際には竹島が描かれた統一旗を使用するとした[89]
  • 韓国のアイスホッケー男子チームのゴールキーパーのマット・ダルトンが使用するヘルメットに抗日の英雄の李舜臣像が描かれていたことについて、IOCから政治的主張の禁止を定めたIOC憲章に抵触するとして五輪本番での使用禁止の勧告を受けた。これを受けてダルトンはヘルメットに描かれた李舜臣像の部分にテープを張って五輪に参加することになった[90]
  • アメリカ三大ネットワークのNBCが開会式の日本選手団入場シーンでの紹介で、「日本は1910年から1945年まで韓国を占領した国だが、韓国人は韓国の変革にとって日本が文化、技術、経済の点で重要な手本になったと話すだろう[91]」と発言したことにより、内外の韓国人から日本の朝鮮半島統治を擁護しているとの非難が殺到し、NBCは翌日の朝の放送で謝罪に追い込まれた[92]

大会期間中のトラブル・問題点[編集]

今大会は大会序盤から複数の競技で中止や延期、及び、悪天候の中での競技の開催が相次いだ[93]。大会2日目のスキージャンプ男子の個人ノーマルヒル決勝では、氷点下10℃を下回る極寒の中、秒速5メートル以上の強烈な風が吹き、体感気温では氷点下20℃近くの過酷な環境下での競技の開催になった(2018年2月12日付のスポーツ報知の記事曰く、記者が「寒さで書いた文字がミミズのように震え」るほどの寒さであったという)[94][95]。競技の開催時間も、開始時間が21時35分、これに加えて強風による度重なる中断により、終了時間は日付をまたいだ0時19分になっており(当初の終了予定時間よりも1時間程度遅かった)、表彰式のときには観客がほとんどいなくなっていたという[94]。このことについて、冬季オリンピックにジャンプ競技で8回目の出場になる葛西紀明が「(寒さは)もう信じられないぐらい。風の音がすっごいんですよ。気持ちが怯むぐらい。ブワーって。W杯でもほぼない条件。『こんなの中止でしょう』ってちょっと心の隅で文句いいながら寒さに耐えてました」と述べている[94]

大会第4日に開催されたスノーボードの女子スロープスタイルでは前日に開催予定であった予選が強風により中止になったことで、決勝の一発勝負で決める状況になった(その上、決勝も本来は3回の試技ができることになっていたが、「雪煙が舞うほどの強風」の影響で競技開始が1時間以上も遅れた上に、試技も2回に縮小された。また、予選に向けての練習で転倒で大けがを負って棄権を余儀なくされた選手もいた)[96][97][98]。決勝では、出場した25選手の全員が、2回の試技のいずれか1本以上で転倒してしまう過酷な状況になった[99][100]。このことについて、出場した選手からは、「正直この風でやるのはかなり無理があるというコンディション」(藤森由香[101]、「たくさん練習してきたけど、その練習が全く意味のないような気がして辛かったです」(鬼塚雅[102]、「フェアな競技だったとは思わない。強行した主催者には少し失望している。私の考えでは、女子スノーボードにとって良いショーではなかったと思うわ」(アンナ・ガッサー英語版[98]などとして、不満や違和感を訴える選手が続出することとなってしまった[103]

アルペンスキー競技についても、大会第3日に予定されていた男子滑降や大会第4日に予定されていた女子大回転が、強風などを理由に相次いで開催日程の延期を余儀なくされた[104][105]

競技日程の延期や、悪天候下での競技の開催が相次いだ背景として開催地である平昌(及びその周辺地域)が、標高800メートル超の山岳地帯で周囲の山々には風力発電用の巨大な風車が回るような風の強い地域であることが挙げられている[95][97]。また、ジャンプ台は「台自体がアルペンシア・リゾートを見渡す展望台を兼ねている」ため、小高い山の頂上にタワーを建てて、助走路を設けた構造であったことから、「こんなところに、よくつくったな」と懸念の声があったという[95][96]

これに加えてアメリカやヨーロッパの巨額(といわれる)放映権料の影響が見え隠れする変則的な開催時間も、悪天候下での競技の開催(の強行)に影響したといわれる[94][95][106][99]。実際、スキーのジャンプ競技がヨーロッパの日中時間帯となる夜の開催となり、フィギュアスケート競技はアメリカ時間の夕方から夜にあたる午前の開催(一例として、男子フリーの競技開始時間は午前10時)になった。[94][95][107][108]。そのため、日本のフィギュアスケートの選手は、競技開始時間が午前になる「朝型対策」として「体内時計を数時間ほど前倒し」しながら午前4時を目安に朝食をとる生活になったという[108]。このようなことから今回の平昌オリンピックの運営などについて、「『アスリート・ファースト』なのか疑問を感じざるを得ない」「選手ファーストは無視されていた」「より選手を、観客を追い込むことになる」「4年間必死に重ねた努力の集大成が気まぐれな風に左右され過ぎる」「五輪の真の目的を忘れないでほしい。だが、今の五輪は札束を生み出し、運営者に富をもたらすために存在している」などという批判の声が少なからず起こる結果となった[95][109][106][100][99]

チケットの空席の問題[編集]

今大会は、チケットの空席が目立つ大会になってしまった。2月9日に開催された開会式からさっそく、「本来ならプレミアチケットになるはず。こんなにガラガラなのは見たことがない」と、ある海外メディアに指摘されたのをはじめ[110]、フィギュアスケート(男子フリー、女子ショートプログラムなど)でも空席が目立ってしまう結果となった[111][112]。完売になったのは、スピードスケートショートトラック(いずれも、韓国国内で人気の高いスポーツといわれる)くらいであったという[113]

空席が目立つ結果となった理由として、「(韓国のカレンダーでは)旧正月の連休」(2月15日から2月18日の4日間が該当)になったこと[114]、高額なチケット代金[113]、オリンピック本番の各競技会場の入場ゲート付近で、Wi-Fiなどの接続環境が不安定である(あるいは、整備されていない。なお、販売チケットの一つとして「モバイルチケット」があるが、これは入場時にWi-Fiなどのネット接続環境が必要であるという)[113]、などのことが挙げられている。また、「海外から来るファンにとって、最悪の観戦環境」であったという報道もあった[109]

食中毒の問題[編集]

オリンピック開催直前の2018年2月3日、自国の民間警備会社のスタッフ宿舎でノロウイルスが原因とみられる食中毒が発生している[115]。関係者約1200人に隔離処置がとられ、5日に業務代行の軍人が約900人投入された。[116]

その後、李熙範(イ・ヒボム)組織委員会会長がこの件について謝罪。また、上記の措置をはじめ、様々な対策を講じていることを説明した[117]

ボランティアの待遇をめぐる問題[編集]

ボランティア運営スタッフに対する待遇の不満などで、開催1週間前の2月3日までに約2400人が辞めている。お湯が出ない宿泊施設や極寒の野外で1時間待たされるような移動バスの劣悪さなどの不備が挙げられている[118]。また2月3日の開会式リハーサルでは、式典進行の業務スタッフ249名中109名が待遇不満を理由にボイコットしている[119]

オリンピック報道に関連した問題[編集]

ロイター通信が聖火点火リハーサルの写真を(主要部分は報道しない契約をしていたにも関わらず)配信したとして、IOCはロイター通信の開会式の取材を認めないことを決定した[120]

エキシビション[編集]

国際バレーボール連盟欧州バレーボール連盟は、「スノーバレーボールナイト」と銘打ったエキシビションマッチを行う事を決めた。スノーバレーボールは雪上のビーチバレーで、同エキシビションにはキム・ヨンギョンウラジミール・グルビッチジバなどバレーボールやビーチバレー選手が出場する[121]

脚注[編集]

  1. ^ ピョンチャンオリンピックの放送概要 (PDF)”. 日本放送協会 (2017年12月7日). 2018年1月26日閲覧。
  2. ^ a b “IOC elects PyeongChang as the Host City of 2018 Olympic Winter Games”. olympic.org (International Olympic Committee). (2011年7月6日). https://www.olympic.org/news/ioc-elects-pyeongchang-as-the-host-city-of-2018-olympic-winter-games 2018年1月1日閲覧。 
  3. ^ Organizing Committee Structure 2018年1月1日閲覧。
  4. ^ “2018年平昌冬季五輪の組織委員長が辞任”. AFPBBNews (フランス通信社). (2014年7月21日). http://www.afpbb.com/articles/-/3021077 2014年7月21日閲覧。 
  5. ^ “平昌オリンピック組織委員長が辞任…韓国海運業の危機が影響?”. 中央日報. (2016年5月3日). http://japanese.joins.com/article/270/215270.html 2016年5月3日閲覧。 
  6. ^ “平昌五輪17カ月後に控え開閉幕式の演出家が辞意”. 中央日報. (2016年8月31日). http://japanese.joins.com/article/037/220037.html 2016年9月1日閲覧。 
  7. ^ 韓国・平昌冬季五輪の公式エンブレム発表” (2013年5月4日). 2018年2月12日閲覧。
  8. ^ “うちはソチとは違う!?平昌五輪の予算はソチの5分の1、「先進国・韓国を見せたい」―平昌組織委”. レコードチャイナ (レコードチャイナ). (2014年2月14日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83874&type= 2014年7月30日閲覧。 
  9. ^ 平昌五輪、最多92カ国・地域が参加 登録締め切り
  10. ^ “With one year until 2018 Winter Games, Russia's status murky”. (2017年2月9日). http://www.espn.com/olympics/story/_/id/18647088/with-one-year-2018-winter-games-pyeongchang-russia-status-murky-wake-doping-scandal 
  11. ^ IOC suspends Russian NOC and creates a path for clean individual athletes to compete in Pyeongchang 2018 under the Olympic flag”. IOC (2017年12月5日). 2017年12月5日閲覧。
  12. ^ Quota allocation for Alpine skiing”. www.data.fis-ski.com/. International Ski Federation (FIS) (2017年8月8日). 2017年8月8日閲覧。
  13. ^ “2018 Winter Olympics”. IIHF (iihf.com). http://www.iihf.com/home-of-hockey/championships/olympics/ 2015年5月18日閲覧。 
  14. ^ Quota allocation for Cross-country skiing”. www.data.fis-ski.com/. International Ski Federation (FIS) (2017年8月8日). 2017年8月8日閲覧。
  15. ^ “Pyeongchang 2018 Winter Olympics”. worldcurling.org. http://www.worldcurling.org/pyeongchang-2018-olympic-winter-games 2016年7月23日閲覧。 
  16. ^ ISU Communication no. 2136”. International Skating Union. 2017年12月31日閲覧。
  17. ^ Winter Olympics: Big air, mixed curling among new 2018 events”. BBC Sport. BBC. 2017年6月21日閲覧。
  18. ^ “平昌五輪2400時間中継…NBC、1兆ウォン投資の採算は?”. 中央日報. (2017年11月30日). http://japanese.joins.com/article/008/236008.html 2018年1月7日閲覧。 
  19. ^ 2018年2月10日中日新聞朝刊26面
  20. ^ 金メダル第1号はカッラ 女子距離複合
  21. ^ 男子スキーアスロン逆転劇!67人抜きで金日テレnews24 2018年2月14日 同年2月23日閲覧
  22. ^ モーグル原大智銅メダル 渋谷生まれの都会っ子が勝負強さ発揮 デイリースポーツ 2018年2月12日 同年2月22日閲覧
  23. ^ 高梨沙羅が銅メダル ジャンプ女子日本勢で初朝日新聞 2018年2月13日 同年2月22日閲覧
  24. ^ 【平昌五輪】日本の斎藤慧選手にドーピング陽性反応 今大会で初めて
  25. ^ 銀の平野歩夢と、金のホワイト。 2人だけが知るハーフパイプ新次元。Number Web 2018年2月14日 同年2月23日閲覧
  26. ^ 小平と高木美、競い合い快挙 スピード女子1000日本経済新聞 2018年2月14日 同年2月22日閲覧
  27. ^ 歴史刻んだ韓国の星=欧米以外で初の金-スケルトン男子時事通信 2018年2月16日 同年2月25日閲覧
  28. ^ 上半身裸のトンガ旗手、114位も大歓声 20年東京五輪意欲スポニチアネックス 2018年2月17日 同年2月25日閲覧
  29. ^ すさまじいシアターだ/66年前五輪連覇のバトン氏
  30. ^ “冬季五輪でジャスト1000個目、金メダル獲得の羽生結弦、もう一つの“金字塔””. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2018年2月17日). http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180217/pye1802170052-n1.html 2018年2月17日閲覧。 
  31. ^ 羽生結弦の金が冬季五輪の1000個目の金メダルに
  32. ^ スノボ本職人がアルペンで金、チェコの二刀流快挙 日刊スポーツ 2018/02/21閲覧
  33. ^ オリンピックの生中継で、男性同士の「歴史的なキス」が放映された。Buzzfeed Japan 2018年2月22日 同年2月23日閲覧
  34. ^ 小平奈緒、五輪新で日本女子スピード陣史上初の金メダル!3連覇狙った李相花は銀
  35. ^ 小平奈緒と李相花は、日韓のスピードスケートを10年近くも支え合ってきた存在だったBuzzFeed News 2018年2月19日 同年2月25日閲覧
  36. ^ 五輪ボブスレー、同タイムで2カ国「金」 20年ぶり朝日新聞 2018年2月20日
  37. ^ ハーバード出、何の技も披露しないハーフパイプ選手の謎朝日新聞 2018年2月24日 同年2月26日閲覧
  38. ^ 平昌五輪:内紛の「生中継」、スケート女子に国民の怒り沸騰”. 朝鮮日報日本語版 (2018年2月20日). 2018年2月28日閲覧。
  39. ^ パパダキス・シゼロン組、世界最高得点を更新も及ばず フィギュアサンスポ 2018年2月20日 同年2月22日閲覧
  40. ^ 「ハルミとヒデオ」アジア系初のメダル アイスダンス朝日新聞 2018年2月20日 同年2月22日閲覧
  41. ^ 独「独占」複合の表彰台82年ぶり 協力して渡部を抜く 朝日新聞デジタル 2018年2月21日 同年2月22日閲覧
  42. ^ オランダ、5〜8位決定戦で世界新⇒「銅メダル」獲得、どうして? 【ショートトラック女子リレー】ハフィントンポスト(朝日新聞提供記事) 2018年2月20日
  43. ^ “2競技でメダルの快挙=オランダのテルモルス”. 時事ドットコムニュース. (2018年2月21日). https://www.jiji.com/jc/pyeongchang2018?s=news&k=2018022100013 2018年2月25日閲覧。 
  44. ^ 女子追い抜き オランダ破り初の「金」… 五輪新 YOMIURI ONLINE 2018/02/21閲覧
  45. ^ 後述の通りこのあとスピードスケート女子マススタートとカーリング女子でもメダルを獲得したため、最終的な日本のメダル獲得数は13となった
  46. ^ 日本勢のメダル11個に…長野大会上回り最多読売新聞 2018年2月21日 同年2月22日閲覧
  47. ^ ドーピング、スロベニア選手が陽性 露からの選手「予備」も検出毎日新聞 2018年2月21日
  48. ^ ザギトワ世界最高得点、30人中17人が今季ベスト日刊スポーツ 2018年2月21日 同年2月24日閲覧
  49. ^ 五輪カーリング 日本女子、スイスに敗戦も史上初4強進出毎日新聞 2018年2月21日 同年2月22日閲覧
  50. ^ ザギトワが金、メドベが銀、宮原4位に フィギュア女子朝日新聞デジタル 2018/02/23閲覧
  51. ^ OAR、2件目のドーピング陽性反応 ボブスレー女子 産経ニュース 2018/02/24閲覧
  52. ^ 二刀流レデツカ2冠 史上初アルペンとW金メダル日刊スポーツ 2018年2月24日 同日閲覧
  53. ^ 韓国に雪上競技初メダル時事通信 2018年2月24日 同年2月25日閲覧
  54. ^ 平昌五輪 高木菜那が金メダル スピードスケート女子マススタート izaイザ 2018/02/24閲覧
  55. ^ “【平昌五輪】高木菜那、日本女子初の2冠 同一大会、男子はジャンプ・船木和喜が達成”. 産経ニュース. (2018年2月24日). http://www.sankei.com/pyeongchang2018/news/180224/pye1802240059-n1.html 2018年2月25日閲覧。 
  56. ^ カーリング日本女子が銅メダル 男女通じ初の表彰台日刊スポーツ 2018年2月24日 同日閲覧
  57. ^ スウェーデン、2大会ぶり金=韓国はアジア初の銀-女子時事通信 2018年2月25日 同日閲覧
  58. ^ 韓国が銀、アジア初メダル=ボブスレー男子4人乗り時事通信 2018年2月25日 同日閲覧
  59. ^ トンガ旗手、閉会式も上半身裸に!小平らと記念撮影 20年東京五輪も意欲スポニチアネックス 2018年2月25日 同年2月26日閲覧
  60. ^ 競技観覧 交通案内 大会公式サイト
  61. ^ 詳細情報 - 交通 - 観戦ガイド 大会公式サイト
  62. ^ 競技場 大会公式サイト
  63. ^ 【平昌五輪現地ルポ】”五輪イヤー”の幕開け。現地は開幕1ヶ月前も「まだ実感が沸かない」 Yahoo!ニュース(2018年1月4日)
  64. ^ 平昌五輪代表、チャーター機で韓国入り 会場への移動負担減るスポニチアネックス(2017年12月16日)
  65. ^ Pyeongchang 2018 move venue for Opening and Closing Ceremonies
  66. ^ Winter Olympics 2018 opening ceremony: What date is it, what time does it start and what TV channel is it on?”. The Telegraph (2018年2月2日). 2018年2月8日閲覧。
  67. ^ a b 平昌パラリンピック、韓国外相「北が参加意向」 読売新聞、2017年10月12日
  68. ^ a b 韓国外相「北朝鮮がピョンチャンパラ参加を表明」 NHKオンライン、2017年10月12日
  69. ^ a b 「北朝鮮、平昌パラリンピック参加の意向」韓国外相 日本経済新聞、2017年10月12日
  70. ^ 金正恩氏が「代表団派遣を含め用意」「南北緊急会談も可能」新年の辞で表明…五輪参加盾に揺さぶりか 産経新聞、2018年1月1日
  71. ^ 北朝鮮が平昌五輪への参加を表明 高官や応援団派遣意思 韓国は合同入場も提案 産経新聞、2018年1月9日
  72. ^ まるで「平壌五輪」、北がユーチューブで動画公開朝鮮日報 2018年1月17日
  73. ^ 平昌五輪:「20年間招致に尽力してきたのに北で前夜祭だなんて」朝鮮日報 2018年1月19日
  74. ^ 平昌五輪:アイスホッケー女子南北合同チーム、スイス・日本は反対朝鮮日報 2018年1月20日
  75. ^ 女子アイスホッケー韓国代表GK「選手たちは傷付き、士気低下」朝鮮日報 2018年1月19日
  76. ^ [1]「平壌五輪」と呼ばれて平昌五輪、開幕前夜、日本経済新聞
  77. ^ [2]文氏支持率、初の50%台=北朝鮮五輪参加で下落-韓国調査機関、時事通信
  78. ^ [3]まるで「平壌五輪」、文在寅政権は北に譲歩しすぎ?文在寅大統領の支持層からも批判の声、ホウドウキョク
  79. ^ 北朝鮮:南北合同行事中止を通告 五輪前、金剛山で予定”. 毎日新聞 (2018年1月30日). 2018年2月28日閲覧。
  80. ^ 北朝鮮の五輪、「外交」で金メダルも緊張緩和は続かず 分析”. AFPBB (2018年2月26日). 2018年2月28日閲覧。
  81. ^ 北朝鮮楽団、韓国に到着 万景峰、独自制裁例外に 産経ニュース 2018年2月6日
  82. ^ 北고위급대표단에 김정은 동생 김여정 포함…최휘·리선권도(종합2보) 聯合ニュース 2018年2月7日
  83. ^ ロシア選手団、平昌オリンピックへの参加認められず IOCが決定 - HUFFPOST(2017年12月06日)
  84. ^ 国章「双頭のワシ」の使用禁止 IOCがロシアの競技団体に伝達 - 産経ニュース(2017年12月18日)
  85. ^ 「独島」表記に外務省が対応要請、共同通信 47NEWS、2017年1月20日
  86. ^ a b c 平昌五輪HP、日本列島消えた地図を7か月掲載 読売新聞、2017年9月28日
  87. ^ 日本列島記載なく是正要求=政府、平昌五輪HPで 時事通信、2017年9月27日
  88. ^ “日本消滅”の公式ホームページに一転、列島復活 「急いで直した」ツイッターで動揺広がる 産経新聞、2017年9月27日
  89. ^ 竹島入り統一旗で韓国に抗議 菅義偉長官「極めて遺憾」 産経ニュース 2018年2月5日
  90. ^ ヘルメットに「抗日」英雄像 IOC、韓国アイスホッケー選手に使用禁止勧告 SANSPO.COM 2018年2月7日
  91. ^ 原文は“now representing Japan, a country which occupied Korea from 1910 to 1945. But every Korean will tell you that Japan is a cultural and technological and economic example that has been so important to their own transformation…” NBC 평창 개막식 망언 "한국인들, 일본이 변화의 본보기였다고 말할 것" NATEニュース 2018年2月10日
  92. ^ [平昌五輪]日本の植民地支配を正当化? 解説者発言を謝罪=米NBC
  93. ^ 朝日新聞』、2018年2月12日付朝刊。
  94. ^ a b c d e 日またぎジャンプに極寒地獄…疑問の残る開催時間 表彰式には観客おらず”. デイリースポーツ (2018年2月11日). 2018年2月13日閲覧。
  95. ^ a b c d e f 氷点下10度…葛西「こんなの中止でしょう」、小林陵「凍る」”. スポーツ報知 (2018年2月12日). 2018年2月13日閲覧。
  96. ^ a b 朝日新聞』、2018年2月13日付朝刊。
  97. ^ a b 強風、中止相次ぐ スノボ女子いきなり決勝も”. 毎日新聞 (2018年2月11日). 2018年2月14日閲覧。
  98. ^ a b 混乱のスノボ女子SS 「平昌の突風」でほぼ全員転倒、批判の声も”. AFP時事 (2018年2月12日). 2018年2月14日閲覧。
  99. ^ a b c 強風強行の女子スノボに批判殺到「札束とテレビが選手を危険に晒した」”. THE PAGE (2018年2月13日). 2018年2月14日閲覧。
  100. ^ a b 地吹雪舞うコースにスノボ鬼塚雅も涙 「風の条件はみな同じ」と言うけれど……”. スポーツナビ (2018年2月12日). 2018年2月14日閲覧。
  101. ^ 平昌五輪・スノボ日本代表の藤森由香 「悪天候で本番前から怪我人が続出だった」”. AbemaTIMES (2018年2月13日). 2018年2月14日閲覧。
  102. ^ スノボ鬼塚雅、ブログで「ダメダメでした。応援してくれた方、ごめんなさい」”. スポーツ報知 (2018年2月12日). 2018年2月14日閲覧。
  103. ^ 平昌五輪を混乱させる強風にIOC「頭が痛い」、日程延長には慎重姿勢”. AFP時事 (2018年2月12日). 2018年2月14日閲覧。
  104. ^ 花形競技がいきなり中止”. 時事通信社 (2018年2月11日). 2018年2月13日閲覧。
  105. ^ アルペン女子大回転も強風で延期、男子滑降に続き2日連続で”. AFP時事 (2018年2月12日). 2018年2月13日閲覧。
  106. ^ a b 葛西でも「気持ちがひるんじゃう」。平昌ジャンプ台は、やはり酷すぎる。”. Number Web (2018年2月13日). 2018年2月13日閲覧。
  107. ^ 「お金」で見る平昌五輪。テレビ局の放送権料、選手への報奨金はおいくら?”. ホウドウキョク (2018年2月7日). 2018年2月13日閲覧。
  108. ^ a b https://www.jiji.com/jc/pyeongchang2018?s=news&k=2018020600144”. 時事通信社 (2018年2月6日). 2018年2月17日閲覧。
  109. ^ a b 不満の声が噴出。平昌五輪は史上最悪の冬季五輪なのか?”. THE PAGE (2018年2月20日). 2018年2月21日閲覧。
  110. ^ 平昌五輪チケット お寒い売れ行き…国内の関心低さ露呈”. スポニチアネックス (2018年2月12日). 2018年2月21日閲覧。
  111. ^ フィギュア会場まさか!…目立つ空席、前日購入も”. 日刊スポーツ (2018年2月17日). 2018年2月21日閲覧。
  112. ^ 女子SP、空席が目立つ客席…NHK・杉浦アナ「少しづつ増えてきました」とフォロー”. スポーツ報知 (2018年2月21日). 2018年2月21日閲覧。
  113. ^ a b c 「weeklyプレイボーイ」no.10、27頁。
  114. ^ [平昌五輪]観戦チケット販売率 93%到達も空席目立つ”. 聯合ニュース (2018年2月17日). 2018年2月21日閲覧。
  115. ^ 発生当時、感染が疑われたのは41人。
  116. ^ 保安検査スタッフが集団食中毒 代替要員で軍人900人投入、ノロウイルス感染か産経ニュース 2018年2月6日
  117. ^ 平昌の組織委、防寒キットに自信 食中毒問題の謝罪も朝日新聞 2018年2月6日
  118. ^ 五輪直前 ボランティア2400人辞める 宿泊施設などに不満NHK 2018年2月3日
  119. ^ 開会式リハでボランティア大量ボイコット 極寒の屋外で1時間バス待ち→不満爆発?産経ニュース 2018年2月3日
  120. ^ 聖火リハ写真を配信…IOCがロイターの開会式取材を不許可に 記者の許可証も没収産経ニュース 2018年1月29日
  121. ^ FIVB and CEV launch Snow Volleyball Night in PyeongChang”. FIVB. 2018年2月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]