現代自動車グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
現代自動車グループ
現地語社名
현대자동차그룹
種類
財閥
業種 自動車産業 ウィキデータを編集
設立 2000年9月 (22年前) (2000-09)
本社 大韓民国の旗 韓国ソウル
事業地域
世界の旗 世界
主要人物
鄭夢九
(名誉会長)
鄭義宣
(会長 & CEO)
製品 自動車、鉄道輸送、エンジニアリング、鉄鋼、建設、金融
売上高 増加 US$224.1billion (2018)
利益
減少 US$5.22 billion (2018)
総資産 増加 US$313.5 billion (2018)
従業員数
262,463人 (2015)[1]
子会社
ウェブサイト www.hyundaimotorgroup.com
現代自動車グループ
各種表記
ハングル 현대자동차그룹
漢字 現代自動車그룹
発音 ヒョンデチャドンチャグル
日本語読み: ヒョンデじどうしゃグループ
2000年式
MR式
英語
Hyeondae jadongcha geurup
Hyŏntae chatongch'a kŭrup
Hyundai Motor Group
テンプレートを表示

現代自動車グループ(ヒョンデじどうしゃグループ、ハングル현대자동차그룹 Hyeondae Jadongcha Geurup; ハンチャ現代自動車그룹 Hyeondae Jadong-cha Geurup)は、韓国財閥。本社は韓国のソウルに置かれている。財閥の最大メンバーである現代自動車は起亜自動車を支配下に置いており、それぞれ国内最大、第2位の自動車メーカーである。

概要[編集]

ヒョンデキアの乗用車、トラック、バスなど全ての車両を総計した世界規模の生産台数は、2010年以降、トヨタGMフォルクスワーゲングループルノー日産アライアンスに次ぐ世界第5位となっている。2012年の乗用車のみを見ればフォルクスワーゲン、トヨタに次いで世界第3位である[2]。また現代-起亜自動車グループ全体の販売台数は、アジアの自動車メーカーとしてはトヨタグループに次ぐ規模であり、日産とホンダを圧倒している。販売台数は約430万台[3]。2000年代後半の販売台数の急激の伸びは、経営方針として生産効率よりもデザインを優先することとし、起亜がアウディのチーフデザイナーだったペーター・シュライヤーを、現代がBMWのチーフデザイナーだったクリストファー・チャップマンを獲得して、それぞれデザイン責任者に据えたことが影響しているとされる[4]。流体の彫刻をコンセプトにしたデザインコンセプトが世界で受け、現代自動車グループの立役者となったペーター・シュライヤーは、2012年12月に起亜自動車社長兼現代自動車グループの最高デザイン責任者に就任した。

2020年代初頭、現代自動車グループの総資産は韓国の主要企業グループの中で2位の座を占めてきたが、2021年7-9月期決算時点の集計において、SKグループを抜いて3位に転落した[5]

主なグループ企業[編集]

自動車[編集]

自動車部品[編集]

鉄鋼[編集]

重工業[編集]

広告代理店[編集]

物流[編集]

IT[編集]

経済・金融[編集]

建設[編集]

旅行リゾート[編集]

スポーツマーケティング[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Hyundai Motor Group Financial Statements”. 2018年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月4日閲覧。
  2. ^ WORLD MOTOR VEHICLE PRODUCTION Year 2012”. OICA (2013年3月6日). 2014年8月27日閲覧。
  3. ^ Tierney, Christine (2009年9月5日). “Peugeot, Mitsubishi joint work projects hint strongly at alliance”. The Detroit News. http://www.detnews.com/article/20090905/AUTO01/909050314/1148/Peugeot++Mitsubishi+joint+work+projects+hint+strongly+at+alliance 
  4. ^ 現代自、デザインと品質向上努力が実り躍進、日本経済新聞 2012年5月8日
  5. ^ SKが現代自を抜いて2位に 韓国主要企業グループの資産”. 聯合ニュース (2020年2月9日). 2022年2月13日閲覧。

関連項目[編集]

現代-起亜自動車グループ

外部リンク[編集]

子会社のウェブサイト[編集]