原大智 (競輪選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
原 大智
名前
カタカナ ハラ ダイチ
ラテン文字 HARA Daichi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 フリースタイルスキー
モーグル
所属 日本大学
生年月日 (1997-03-04) 1997年3月4日(25歳)
生誕地 東京都渋谷区
身長 172cm
体重 75Kg
引退年 2022年
獲得メダル
男子フリースタイルスキー
日本の旗 日本
オリンピック
2018 平昌 モーグル
世界選手権
2019 ユタ モーグル
2019 ユタ デュアルモーグル

原 大智(はら だいち、1997年3月4日 - )は、日本競輪選手、元フリースタイルスキーモーグル選手。

2018年平昌オリンピック男子モーグル銅メダリスト。

競輪選手としては、日本競輪選手会宮城支部所属。日本競輪選手養成所(以下、養成所)第117期生。師匠は和田圭(92期)。

来歴[編集]

東京都[1]渋谷区出身[2]渋谷区立広尾小学校[3]渋谷区立広尾中学校[3]を経てカナディアン・スポーツ・ビジネス・アカデミー卒[1]日本大学スポーツ科学部競技スポーツ学科に在籍していた[1]。その後、モーグル選手としては日本スキー場開発クラブと契約して2022年北京オリンピックなどの大会に出場した[4]

モーグル選手時代[編集]

小学校6年生の頃から競技としてモーグルを始める[1]。中学校時代は新潟県南魚沼郡NASPAスキーガーデンで練習を重ねる[5]。16歳のときに単身でカナダに渡り、Canadian Sports Business Academyに入学しスキー留学した[1]

2017年アジア冬季競技大会(冬季アジア札幌大会)のデュアル・モーグルで銀メダルを獲得[1]

2018年2月12日、平昌オリンピックのフリースタイルスキー男子モーグル決勝で82.19点を記録して銅メダルを獲得、冬季五輪におけるフリースタイルスキー競技の男子種目で日本選手としては初の表彰台に立つことになった[6]

以下にもある通り、原は2020年5月に競輪選手としてデビューしたがモーグル競技についてもしばらく引退はせず、競輪選手としてデビュー後もモーグル選手としても活動を続け北京冬季オリンピックでもモーグル種目代表選手として出場する意向を示した[7]。2020年は10月から11月にかけて、モーグルの遠征でスウェーデンのイドレの大会に出場した[8]

2021年8月、北京冬季オリンピックを最後にモーグル選手としては現役を引退することを表明した[9]

2022年北京オリンピックのフリースタイルスキー競技男子モーグルでは決勝2回目まで進んだ。76.82点の7位となり上位6人による3回目には進めなかった[10]

最終的には、周囲から最後に全日本選手権に出場するよう要請されたことを受けて、2022年3月21日に開催された全日本フリースタイルスキー選手権大会・モーグルに出場し6着で終え[11]、これをモーグル競技でのラストレースとした[12][13]

競輪選手時代[編集]

原 大智
Daichi Hara
Cycling (road) pictogram.svg
個人情報
本名 原 大智
はら だいち
生年月日 (1997-03-04) 1997年3月4日(25歳)
国籍 日本の旗 日本
身長 172cm
体重 75kg
チーム情報
所属 日本競輪選手会宮城支部
期別 117期
分野 競輪
役割 選手
特徴 先行
プロ所属チーム
2020 -
日本競輪選手会宮城支部
グランツール最高成績
最終更新日
2020年3月27日

2019年4月5日、日本競輪学校(当時)の第117回生徒特別選抜入学試験に合格したと発表された[14][15]。日本競輪学校において特別選抜試験での合格者は12年ぶり史上8人目であり、特にオリンピックメダリストということもあって注目を一身に集めた[16]

在籍している日本大学を休学し、同年5月9日付で養成所に入所。在所中は同所にて選手候補生として訓練・研修を受けたが、入所直後の「第1回卒業認定考査兼記録会」では風邪による体調不良の影響もあってかタイムは全く振るわず、特に400mタイムトライアルでは同期72名中最下位の成績と散々であった[16]。また、9月上旬の「第2回卒業認定考査兼記録会」でも規定タイムをクリアできず不合格となり、強制退所の危機に追い込まれたものの追試で何とか合格した[16]。なお、翌年2月に行われた「第3回卒業認定考査兼記録会」では合格タイムを出したことで、卒業に目途が立った[17]

卒業間近の2020年3月23日に養成所で行われた卒業記念レースでは、予選2走とも4着となり決勝に進めず敗退[7]。翌日24日に、在所成績72名中47位の成績で養成所を卒業し[18]、さらにその翌日の25日に競輪選手として正式に登録された。なお、競輪選手としての登録地は宮城県としている。

2020年5月15日、広島競輪場で行われた新人戦「競輪ルーキーシリーズ2020」でプレデビューし3着[19]。同開催での3日間の全成績は、3着・5着・3着(予選敗退)であった。7月15日、大宮競輪場でのFII第1レースでA級3班として本格デビューするも4着。翌日は落車したため途中帰郷し最終日は欠場。8月16日のいわき平競輪場でのFII2日目第1レースで逃げ切り、競輪選手として初勝利を飾る[20]。その後11月のあっせんはモーグル競技の国際大会に出場したため欠場した(欠場理由は「家事都合」)が、12月30日の西武園FII(ミッドナイト)にてデビュー12場所、本格デビュー10場所目で初優勝を果たす[8]

上記の通り北京オリンピック出場などもあり長期にわたり欠場が続いていたが、2022年3月29日からのいわき平FIで競輪に復帰[21]。以後は競輪に専念している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f アスリートインタビューVol.024 日本大学 2018年2月12日閲覧
  2. ^ モーグル原大智銅メダル 渋谷生まれの都会っ子が勝負強さ発揮 デイリースポーツ 2018年2月12日閲覧
  3. ^ a b “渋谷区生まれ男子モーグル原大智選手が銅メダル 地元からも喜びの声”. シブヤ経済新聞. Hanagata communications. (2018年2月13日). https://www.shibukei.com/headline/12903/ 2018年3月19日閲覧。 
  4. ^ “原大智(日本スキー場開発ク)フリースタイルスキー・モーグル〈北京五輪長野県関係選手〉”. 信濃毎日新聞. https://www.shinmai.co.jp/news/article/CNTS2022020200564 2022年2月9日閲覧。 
  5. ^ “原大智の拠点南魚沼も祝福「まずはゆっくり休んで」”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年2月13日). https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/freestyle/news/201802130000050.html 2018年2月13日閲覧。 
  6. ^ 原大智でかした銅「もうほんと、心がいっぱいです」 日刊スポーツ 2018年2月12日閲覧
  7. ^ a b “平昌五輪モーグル銅の原大智は予選で敗退/卒業記念”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年3月23日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202003230000706.html 2020年3月27日閲覧。 
  8. ^ a b “モーグル銅の原大智 12場所目で初V/西武園ミッド”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年1月6日). https://www.nikkansports.com/public_race/keirin/mid_cal/news/202012310000137.html 2020年12月30日閲覧。 
  9. ^ 日本放送協会. “スキー モーグル 五輪銅メダルの原 北京五輪シーズン後引退へ”. NHKニュース. 2021年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月22日閲覧。
  10. ^ “【モーグル】原大智7位 競輪との二刀流は最後「自分的にはベストランをできた」モーグル引退”. 日刊スポーツ. https://www.yomiuri.co.jp/olympic/2022/20220206-OYT1T50074/ 2022年2月9日閲覧。 
  11. ^ 第42回全日本スキー選手権大会・フリースタイル競技・種目モーグル 結果”. 全日本スキー連盟 (2022年3月21日). 2022年3月23日閲覧。
  12. ^ 原大智 [@DaichAsce] (2022年3月24日). "3月21日の全日本選手権で引退しました。" (ツイート). Twitterより2022年3月28日閲覧
  13. ^ “【フリースタイルスキー】モーグルの原大智は3月21日で引退「最後に滑っている姿を」…全日本選手権”. 北海道文化放送. (2022年3月17日). https://www.uhb.jp/news/single.html?id=27148 2022年3月23日閲覧。 
  14. ^ 日本競輪学校117回特別選抜試験合格者 原大智(競技モーグル種目)の決定について”. KEIRIN.JP (2019年4月5日). 2019年4月6日閲覧。
  15. ^ “平昌五輪男子モーグル銅メダルの原大智、日本競輪学校に合格「競輪選手になる準備できた」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年4月5日). https://hochi.news/articles/20190405-OHT1T50146.html 2019年4月5日閲覧。 
  16. ^ a b c “平昌五輪モーグル銅の原大智、競輪選手へ崖っぷち…養成所退所危機を何とか回避”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年10月5日). https://hochi.news/articles/20191005-OHT1T50180.html 2020年3月27日閲覧。 
  17. ^ “モーグルの原、競輪養成所卒業へ両立目指し実技認定考査に合格”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2020年2月3日). https://www.daily.co.jp/general/2020/02/03/0013086431.shtml 2020年3月27日閲覧。 
  18. ^ “【競輪】養成所卒業式は関係者のみで実施 平昌五輪銅の原大智「肩の荷が下りた」”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2020年3月24日). https://www.daily.co.jp/horse/2020/03/24/0013217677.shtml 2020年3月27日閲覧。 
  19. ^ “【広島】原、競輪3着デビュー「1着を欲しかったが、最低限のことはできた」”. スポニチアネックス. (2020年5月16日). https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2020/05/16/kiji/20200515s00052000553000c.html 2020年5月16日閲覧。 
  20. ^ “五輪銅メダル原大智が逃げ切り念願初勝利/いわき平”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2020年8月16日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202008160000657.html 2020年8月17日閲覧。 
  21. ^ “北京五輪モーグル代表の原大智が半年ぶりに出場「力を出し切りお客さんに誠意を示す」/いわき平”. 日刊スポーツ. (2022年3月28日). https://www.nikkansports.com/public_race/news/202203280000706.html 2022年3月28日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]