渋谷区立広尾中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渋谷区立広尾中学校
Hiroo Junior High School
Hiroo Junior High School Tokyo.jpg
渋谷区立広尾中学校
過去の名称 区立広尾中学校
国公私立 公立学校
設置者 渋谷区
設立年月日 1947年昭和22年)4月1日
開校記念日 5月2日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 都市型中高連携型
学期 2学期制
中学校コード 313010
所在地 150-0011
東京都渋谷区四丁目13番25号
外部リンク 公式ウェブサイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

渋谷区立広尾中学校(しぶやくりつ ひろおちゅうがっこう)は、東京都渋谷区四丁目にある区立中学校である。

概要[編集]

2004年平成16年)、隣接する東京都立広尾高等学校との連携型中高一貫教育を開始し、都市型中高連携教育校となった。 名前は広尾であるが、所在地住所は渋谷区東四丁目である。近隣には、渋谷区立広尾幼稚園・渋谷区立広尾小学校國學院大學青山学院初等部実践女子学園東京女学館聖心女子大学等多くの学校が位置している。

歴史[編集]

  • 1947年昭和22年)4月1日 - 区立広尾中学校として開校。
  • 2011年(平成23年) - 都市型中高連携教育の開始。

教育方針[編集]

教育目標
人間性豊かで、知・徳・体の調和のとれた生徒を育成するため、以下の教育目標を定める
「思いやりをもち、認め合うことのできる生徒の育成」
「互いに学び合い、深く考える生徒の育成」
「朗らかで、心身ともに健康な生徒の育成」
児童数と教員数
年度 児童総数 1年生 2年生 3年生 教員数 職員数
平成23年 260人 92人 87人 81人 20人 5人
平成24年 251人 72人 91人 88人 19人 6人
平成25年 223人 63人 70人 90人 20人 6人
平成26年 196人 59人 65人 72人 18人 5人
平成27年 179人 49人 62人 68人 18人 4人
平成28年 200人 81人 53人 66人 18人 4人

学校行事[編集]

校外学習[1]
渋谷区立小中学校の児童・生徒たちが、校外学習を行う宿泊施設があり、学校が使用しない期間は社会教育団体に開放しています。利用資格は区内在住、在勤者を主とする社会教育団体。
  • 山中高原学園 - 〒401-0501 山梨県南都留郡山中湖村山中263(℡0555-62-0595)
  • 冨山高原学園 - 〒299-2216 千葉県南房総市久枝784(℡0470-57-2130)

通学区域[編集]

子供が通学する学校は、住所により指定されている、また、2004年(平成16年)度から学校選択希望制を導入しており、入学を希望する学校を選べる。学校選択希望制は、現行の通学区域を維持したうえで、通学区域外の学校に入学希望出来る制度で、特色のある地域に開かれた学校づくりを推進し、区民から選ばれる学校づくり等を図る[2]
学校別通学区域
恵比寿一丁目
- 四丁目
恵比寿南
一丁目
恵比寿南
二丁目
広尾一丁目
- 二丁目
広尾三丁目 広尾四丁目
- 五丁目
東二丁目 東三丁目 東四丁目
全域 18 - 26番 12 - 18番
20 - 31番
全域 2番、3番
8 - 17番
全域 8 - 17番
24番
1 - 16番 11 - 14番
調整区域[3]
通学区域では調整区域を設けている、通学の距離等を考慮し保護者の申請により指定校の変更が出来る区域。
希望校 指定校 町丁名
広尾中学校 鉢山中学校 広尾三丁目
渋谷二丁目
渋谷三丁目
渋谷四丁目、東一丁目
東二丁目
東三丁目
東四丁目
1番、4 - 7番
1 - 12番
1 - 3番、12 - 15番、24 - 26番
全域
1 - 7番、18 - 23番、25 - 29番
17 - 27番
1 - 10番
生涯学習・スポーツ[4]
成人のための学習機会の提供、社会教育団体への支援、小中学生のための学習機会の提供、生涯学習施設、口座・イベント情報等の文化・スポーツ教室案内。

交通アクセス[編集]

鉄道
路線バス

関係者[編集]

出身者

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 渋谷区教育委員会 - 学務課学校事業係[1]
  2. ^ 「渋谷区教育委員会」学校案内・各種手続 [2]
  3. ^ 渋谷区教育委員会 - 学校案内、各種手続[3]
  4. ^ 渋谷区教育委員会 - 生涯学習・スポーツ[4]

外部リンク[編集]