川村あんり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
川村 あんり
名前
カタカナ カワムラ アンリ
ラテン文字 Anri KAWAMURA
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 フリースタイルスキー
所属 日本体育大学桜華高等学校
生年月日 (2004-10-15) 2004年10月15日(17歳)
生誕地 東京都東久留米市
ワールドカップ戦歴
デビュー年 2019-2020季

川村あんり(かわむら・あんり、: Anri Kawamura, 2004年10月15日 - )は、日本フリースタイルスキー選手(モーグラー)である。マネジメントエージェントはRADTAKE。

人物[編集]

東京都東久留米市出身[1]新潟県南魚沼郡湯沢町育ち[1]

3歳でスキーを始め、祖父が新潟県の越後湯沢に所有しているリゾートマンションを拠点に東京から滑りに来ていたという。4歳でモーグルスキーを始める[1]

小中一貫校の湯沢学園へ入学し、スキーに本格的に取り組むようになる。

全日本スキー連盟(SAJ)公認大会に初めて出場したのは、埼玉県スキー連盟が新潟縣十日町市松之山温泉スキー場で主催した『第12回埼玉県松之山温泉モーグル競技会』(2012年1月8日)であり、この時は予選落ちの15位という成績であった[2]。SAJ公認大会初優勝はその2年後(2014年)の松之山温泉競技会である[3]。その後、地道に力をつけて競技会でも上位の成績を収めるようになる。

湯沢学園7年生(中学1年)になった2017/2018シーズンのJOCジュニアオリンピックカップ 2018全日本ジュニアスキー選手権大会フリースタイル競技(中学生の部、南砺市たいらスキー場)では2位に大差をつけて圧勝した[4]

湯沢学園9年生(中学3年)の2019年12月にフィンランドルカ (フィンランド)フィンランド語版で開催のワールドカップに国際大会デビュー。結果は2位で日本勢で最高、表彰台を上った[1]2020年国際スキー連盟主催の最優秀新人賞を受賞[5]

卒業後は2020年4月より日本体育大学桜華高等学校在学中[6]

【戦歴】

2018 JOCジュニアオリンピックカップ 優勝

2018 第89回宮様スキー⼤会国際競技会 2位

2019 FIS Junior World Championships2019 MO 6位

2019 FIS Junior World Championships2019 DM 9位

2019 東海北陸フリースタイルスキー選⼿権⼤会 第1戦 優勝

2019 東海北陸フリースタイルスキー選⼿権⼤会 第2戦 優勝

2019 第39回全⽇本スキー選⼿権フリースタイル競技 6位

2019 フリースタイルスキー秋⽥・⽥沢湖モーグル競技会

兼ワールドカップ田沢湖大会出場選考会 優勝

2019 FISワールドカップRUKA(フィンランド)MO 2位(日本勢最高位)

2019 FISワールドカップ Thaiwoo(中国) MO 5位(日本勢最高位)

2020 FISワールドカップ Trenblant(カナダ)MO 10位(日本勢最高位)

2020 FISワールドカップ Calgary(カナダ)MO 7位

2020 第40回全日本選手権フリースタイルスキーモーグル 優勝

2020 第40回全日本選手権フリースタイルスキーデュアルモーグル 4位

2020 FISワールドカップ Tazawako(日本)MO 6位

2020 FISワールドカップ Shymbulak(カザフスタン)DM 5位

2020 FISワールドカップ Krasnoyarsk(ロシア)DM 8位

2019-2020 シーズンFIS WCフリースタイルスキー女子部門新人賞受賞

2020 FISワールドカップ RUKA(フィンランド)MO 8位

2020 FISワールドカップ Idre(スウェーデン)MO 2位(日本勢最高位)

2020 FISワールドカップ Idre(スウェーデン)DM 3位(日本勢最高位)

2021 FISワールドカップ DEER VALLEY(アメリカ)MO 2位(日本勢最高位)

2021 FISワールドカップ Idre(スウェーデン) MO 優勝

2021 FISワールドカップ Alpe d'Huez(フランス) MO 2位(日本勢最高位)

脚注[編集]

外部リンク[編集]