ホウイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「龐淯」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

龐 淯(ほういく、生没年不詳)は、中国後漢末期から三国時代の武将。子冀涼州酒泉郡の人。父は龐子夏、母は趙娥

はじめ涼州の従事として破県長を務めていたが、その後、張猛が叛逆し涼州刺史の邯鄲商を殺害するという事件が起こった。 龐淯はこれを聞き官位を棄てて、馬で一日中走り続け邯鄲商の遺体の元に到着し、号泣したという。 張猛はこの件で彼が義士であることを知り、殺さないよう命じている。

またその何年か後、太守の徐揖に請願され主簿となったが、黄昂という者が叛逆し、城を包囲された。 龐淯は夜の間に城壁を越え包囲を脱出して、張掖燉煌の両郡に救援を要請した。 張掖・燉煌の両郡はこれを疑い援軍を派兵しなかったが、龐淯が自らの命に代えようとしてまで要請したため、その義に感じ入り、ついに派兵を決断した。

後に、このことを聞いた曹操は彼を配下として招き、掾属としたという。 曹丕(文帝)が帝位に就くと駙馬都尉の官を送られ、さらに西海太守となり関内侯の爵位を賜った。 後年、中央に召し返され、中散大夫に任じられている。