録音再生機器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デジタル録音から転送)
移動先: 案内検索

録音再生機器(ろくおんさいせいきき)は、記録媒体録音をし、またその録音された音声を再生する音響機器である。音をアナログ信号のまま記録再生するアナログ録音再生機器と、音をデジタル信号に変換 (AD変換) して録音し、再びアナログ信号に変換 (DA変換) して再生するデジタル録音再生機器とがある。普通、録音機能があれば再生機能も持っており一般に「レコーダー」(正確には「録音」でなく「記録」の意味だが)という名称である。再生機能だけの機器はプレーヤーである。

録音再生機器には次のようなものがある。

録音再生[編集]

再生専用[編集]

関連項目[編集]