エルカセット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルカセット(ソニー DUAD LC-60)

エルカセット(ELCASET)は、文庫本大(152mm×106mm×18mm)のカセットシェルに1/4インチ幅(6.3mm / オープンリールテープと同一)のテープを収め、コンパクトカセットの2倍の走行速度9.53cm/s、A/B各面2チャンネルでアナログ磁気記録再生するための、カセットおよび録音再生装置(デッキ)の規格名である。

コンパクトカセットがあくまでも会話録音用の規格であったため、ハイファイオーディオ用途においてメーカー及び消費者側が性能や音質に疑問を抱いたことから、ハイファイオーディオに適合できる各種の新しいカセットテープ規格が提唱された。結果1976年に、「オープンリールの音を、カセットに。」という開発思想の下、ソニー松下電器産業(現・パナソニック)ティアック(TEAC)の3社が提唱し、実用化から一般市販に至った音声記録機器用規格である。主な商品は1976年6月以降、SONY EL-7を筆頭に規格提唱各社から発売された。発売当時は大変多くの期待を集めた規格の一つであったが、商品としては短命に終わった。

概要[編集]

エルカセットの機構図
エルカセットのトラックパターン

テープをカセットシェルから上部に引き出して、逐次テープガイド・ヘッド・キャプスタンにローディングするアウターテープガイダンス技術が、エルカセットシステムの大きな機構上の特徴である。コンパクトカセットにおけるF特性、MOL、雑音レベル、スペクトラム分析におけるハイファイ録再機録には不十分な特性を改善している。また、コンパクトカセットシェルの精度誤差による位相特性の悪化を補っている。加えてテープ面積の拡大により経年劣化による再生再現性低下や変調ノイズを抑え、低域の歪みも軽減した。これはテープ走行系の安定化による効果である。このことはノイズリダクションシステムにとっても有利な環境であり、DOLBY-B NRが各メーカーの機器に標準で装備されていた。オープンリール音楽記憶装置製造におけるノウハウを利用できることを利点として宣伝された。実際、EL-7におけるテープ走行系を見て見ると、同社のオープンリール音楽記憶装置同様の機構が見られ、大変シンプルかつ堅牢な造りとなっていた。

カセットシェルには、スライド式の誤消去防止タブ、リールストッパの採用、光電センサによるテープエンド検出穴、テープ種別検出孔、ノイズリダクション検出孔が設けられるなど、コンパクトカセットの使い勝手の良さを生かしつつ、さらなるハンドリング向上を目指した。また、コントロールトラックエリアも設けられ、頭出しなどを容易にする仕様も盛り込まれ、試作品は発表されたが製品化された実例はなかった。

テープローディングとカセットシェルの構造は、当時規格化されていたベータマックスVHSビデオ用カセットに共通する技術であり、技術面での交流があったことが想像できる(SONY EL-7, EL-5の初期カタログにはビデオデッキの技術を用いたと書かれている)。

テープの磁性体には、酸化鉄、コバルト系酸化鉄が使用された。

磁気記録特性では、Fe-Crテープ使用時のコンパクトカセット比で、テープ速度が2倍・トラック幅が約1.6倍に広がったことによる、高域特性の改善(10kHzで約10dB以上のMOL拡大)とノイズレベル低下効果によってS/N比62dB(DOLBY-B NRオフ時)を達成していた。

経緯[編集]

大きさの比較 エルカセット(左:SONY製)とコンパクトカセット(右:TDK製)

1970年代の中頃を過ぎた頃、小型音声録音機器の規格においてはフィリップス社提唱のコンパクトカセットが事実上の世界標準となっていた。しかしながら、そもそもコンパクトカセットは主に会話など中音域の記録を目的とした規格であった。それに対してコンパクトカセット登場以前より存在したオープンリール音声記録機器は音楽の録音再生にも適合する規格であったが、装置が大型であり、取扱において若干の熟練を必要とするものであった。メディア自体の保管性もテープをただリールに巻き取るものであったため、確実なものではなかった。 この二つのメディアの相互の欠点及び利点を補い、音楽用として実用に耐えるカセットテープシステムの提唱が行われた。古くはRCAにその規格があったと言われている。また、当時の日本オーディオ協会理事長始め複数の有識者がその規格の見直しと採用を提案していたとされる。日本でもAIWAがマガジンテープ(4.75cm/sec テープ幅 6.3mm)を提唱し、試作機を発表していた。また、BASF社がバスフユニセット(19cm/sec or 9.5cm/sec テープ幅 6.3mm)なるカセットテープの規格を提唱しており、その規格を採用した試作機をAIWAがオーディオフェアに出品展示を行っていた。 その流れからソニー松下電器産業ティアックの三社共同にてELCASET規格が提唱され、実際に1976年に録音再生装置EL-7及び記録メディア(詳細は下記参照)が商品化された。1980年代を前にして発売終了となり、現在では新製された同規格製品を購入することは不可能である。

規格消滅の原因を探る 1 [サプライヤー側から見た考証][編集]

  • オープンリールとの差別化の失敗
    • 発売されたデッキの価格がオープンリールデッキにおける普及期クラスの価格帯とほぼ同一だったため、オープンリールデッキが持つスペックへの信仰もあって同じ予算を出すのであればオープンリールデッキを購入する層が多かった。実際には、エルカセットはテープ走行の安定性においてオープンリール方式を上回っていた。その証左として登場当時に録音されたテープが40年近い歳月を経た2015年でも安定して再生可能である(記述者が実際に所有している機器での検証)。むしろ保管条件において厳しかったオープンリールテープにて40年経過してしまったものの多くは現在では当時の再生品質が得られなくなったものがほとんどである。その点について開発側は強くその利点を主張することを控えていたため、単にスペックだけで比較されたエルカセット規格は明らかに不利であった。
    • 実際に音楽を録音再生すると、オープンリールでの 19cm/sと同等の録音再生能力を持っていた。それでも開発側は上位として位置されるオープンリールデッキに対抗できる実力を持ち合わせていることを宣伝しようとはしていなかった。
  • 規格普及の足並みが揃っていなかった
    • 当時テクニクスではより上位のデッキも開発されたものの、広く市場に出てくることはなかった。SONY単社のみでの戦いとなり、量産化によるデッキやテープ単価の圧縮に繋がらなかった。加えて、さまざまな機能の提唱と特許関係の足並みも乱れてしまい、最終的には早期の撤退をSONYに決断させることになった。
    • 単社による発売では競争も生まれず、コストダウンの動きが作用しなかった。当時一番力を入れていたSONYも、エルカセットデッキ100台プレゼントやテープ値引きキャンペーンなども行って販促していた。それでも普及はしなかった。
    • 4社以外の主要オーディオメーカーも規格に賛同の姿勢を見せ、試作機を開発したものの、さまざまな理由から製品化が行われなかった。

規格消滅の原因を探る 2 [市場の変化][編集]

  • デジタルオーディオの誕生
    • エルカセット発表の1976年には、いわゆるデジタルオーディオ化に向けた「PCM録音」のシステムが発表されている。続く1977年、同じSONYから「PCM-1 PCM AUDIO UNIT」(¥480,000)が発売されている。これはビデオデッキ(事実上SONYのβマックス規格を採用したホームVTR)と組み合わせて使う、A/D,D/Aコンバータである。高価であったもののその将来性が大きく期待された。例えれば時代はまさにデジタルオーディオの足音が聞こえつつある頃であった。このことがソニーがエルカセットから撤退を決めた要因の一つであったかも知れない。
  • メタルテープの登場とコンパクトカセットデッキの高性能化
    • 製品化から間もない1978年頃にはコンパクトカセット向けのメタルテープの市場投入が始まる等、コンパクトカセット自体の品質が著しく向上していった。また、コンパクトカセット録音再生装置においても、より精密なテープ走行系を備え、多種多様なアイデアに基づいた新機能を持つ機種が多数登場した。よって、新製品に対する市場の購買意欲を刺激し、さらに開発競争が推進されることによってコンパクトカセット録音再生装置でもハイファイ録音再生が可能になった。とはいえ、これはエルカセット規格が市場から消滅したあとの出来事なので、これが直接の原因とは考えにくい。コンパクトカセットシステムにおけるノイズリダクションシステムについては録音時の取扱の難しさや経年劣化の問題などの課題が付いて回り、最後まで満足のいくものは登場しなかった。エルカセット規格はコンパクトカセットにおいては不安定さを見せたドルビーノイズリダクションシステムがきわめて安定して動作する規格であった。もしメタルテープの技術が導入されるまでエルカセットが市場で生き延びていれば、高音質メディアとしての地位をある程度は確保できたと思われる。
  • オーディオ市場のカジュアル化
    • 1979年にコンパクトカセット規格を採用したウォークマンの市場投入が始まった。これよりオーディオ市場はカジュアル化へ向けて進んでいく。その流れの中では、コンパクトカセットと比較して倍以上の大きさを持ち、価格も比較的高価でかつポータブルオーディオには不向きのエルカセットは、市場に適応することがきわめて困難であったと思われる。

規格消滅の原因を探る 3 [下馬評][編集]

  • 規格特許に対する警戒
    • 共同開発3社以外がエルカセットシステムを生産する場合、技術情報の完全な無料提供ではなく一部に特許料をとるべきとする会社があり、3社の足並みが揃わないことを理由として、他のメーカーが傍観し警戒し出したことが噂された。
    • RCAから始まってBASFまで世界的な大手メーカーが開発し製品化しようとしていた規格であっただけに、製品発売後、エルカセット規格に対してそれらのメーカーが、少なからず特許侵害を申し立ててくる恐れもあったのではないかと推測される。

テープの種類[編集]

ケース外観(左から Type-I,Type-II,Type-III)

記録可能時間の標準表記はコンパクトカセットに倣って、「テープ規格-録音時間」の形式である。例えば、60分タイプは「LC-60」と表記される。なお、メーカーによっては、標準表記以外の独自の製品型番表現がある。

  • メーカー別の記録時間表記
記録時間 ソニー Technics Lo-D
30分 LC-30 (N.A) (N.A)
60分 LC-60 RT-60 LC60
90分 LC-90 RT-90 LC90
※30分タイプは、デモテープなど特殊用途のみで流通した模様。
  • テープ仕様
TYPE ソニー Technics Lo-D
I (NORMAL) SLH XDLC LH
II (Fe-Cr) DUAD EXLC (N.A)
III (CrO2) (N.A) XALC (N.A)
  • 定価(ソニーの場合)
TYPE 価格
LC-60 SLH ¥1,500
LC-90 SLH ¥2,000
LC-60 DUAD ¥2,500
LC-90 DUAD ¥3,000
  • 誤消去防止タブの色分け
テープ仕様別に「誤消去防止タブ」が下記のように色分けされている。開封直後の(新品の)カセットシェルにはラベルが貼られていないが、ラベルなしでもテープ TYPE の目視判別が可能である。
Technicsブランドのテープでは、外箱そのものの地色が、各タイプと同系色で区分されていた。
TYPE
TYPE I
TYPE II
TYPE III
TYPE IIIのエルカセットテープはTechnicsブランドから「RT-60XALC」「RT-90XALC」として発売されたのが唯一で、盟主であるソニーブランドからは発売されなかった。価格はRT-90XALCで¥4,500とオープンテープ10号タイプ並に高価で、当時のオーナーで実際に使っていたというケースは少なかった。そのため中古市場でもほとんど登場しない。この当時、六価クロム汚染公害が社会問題化しており、その余波でクロムテープ市場と、その生産が縮小されつつあった事が考慮されたためと思われる。
「ELCASET-DR」用の「T-180GL」は、TYPE IIIと表記され、価格も¥4,500と同額である。
「TYPE xx」という表記は、以後コンパクトカセットにも受け継がれたが、上記のとおり、同じTYPE表記でも実際の磁性体種との組み合わせがコンパクトカセットとは異なっている[1]点に注意が必要である。
  • テープの生産
すべてソニーが生産して自社販売する他、松下電器産業や日立Lo-DへOEM供給をしていた(日経産業新聞、1976/5/12記事)。なお、ティアックはテープの生産・販売は一切行わなかった。

ELCASET規格の表記[編集]

正しくは「エルカセット」、「ELCASET」のいずれかであり、それ以外の表記は誤りである。当時、オーディオ専門雑誌でさえ、Lカセット・ELカセットなどと書かれたものが一部で見受けられた。 なお、「エルカセット」および「ELCASET」はソニーの登録商標(日本第1402545号)である。

発売製品一覧[編集]

  • ソニー (SONY)
    EL-7(¥198,000)、EL-7B(¥204,000)、EL-5(¥128,000)、EL-4(¥99,800)
    EL-D8(¥150,000)※唯一のポータブル機
  • Technics(松下電器産業)
    RS-7500U(¥128,000)
  • ティアック (TEAC)
    AL-700(¥198,000)
  • Lo-D(日立)
    D-9000(¥198,000) ※ソニー EL-7のOEMバージョン

その他、海外では以下の製品も発売されていた模様。

  • WEGA ※ドイツのメーカー?
    E4950 ※ソニー EL-7のOEMバージョン
  • JVC(日本ビクター)
    LD-777 ※日本では発売せず(LD-777SAはプロトタイプ版)

応用製品[編集]

各記録メディアの時代、音楽記録メディアはデータレコーダーや、コンピュータのバックアップメディアにも転用されるのが通例だが、エルカセットも同様にELCASET-DR規格として、多チャンネル化されて医療機器などのデータロガーに利用された。この製品は1978年11月にソニーマグネスケール社から「FRC3907(9Ch用)」(185万円)、 「FRC3507(5Ch用)」(115万円)として発売された。記録上限周波数を高めるため、38cm/sのテープ走行速度も可能だった。なお、ELCASET-DR規格用のエルカセットテープには TYPE III の表記があり、音楽録音用途への流用も可能と思われる。

スペック例(SONY EL-7の場合)[編集]

  • トラック方式
    4トラック2チャンネル
  • テープスピード
    9.5cm/s
  • 録音バイアス周波数
    160kHz
  • 使用ヘッド
    録音F&Fヘッド×1、再生F&Fヘッド×1、消去ヘッド×1
  • 使用モーター
    キャプスタン用 FG付周波数サーボモーター×1(クローズドループ・デュアルキャプスタン方式)
    リール用 コアレスモーター×2(ダイレクトドライブ)
  • 周波数特性
    TYPE-II DUADテープ使用時
    15~27kHz
    25~22kHz(±3dB)
    TYPE-I SLHテープ使用時
    15~25kHz
    25~20kHz(±3dB)
  • S/N比
    DOLBY-B NR OFF時
    59dB(TYPE-I,SLHテープ)
    62dB(TYPE-II,DUADテープ)
    DOLBY-B NR ON時
    5dB改善(1kHzにて)、10dB改善(5kHz以上にて)
  • ワウフラッター
    0.04%(WRMS)
  • ひずみ率
    0.8%(TYPE-II,DUADテープ)

(SONY EL-7のService Manualから)

歴史[編集]

  • 1976.4.12 エルカセットシステム・3社共同発表
  • 1976.6.21 SONY デッキ EL-7 発売
  • 1976.6.21 SONY テープ LC-60SLH、LC-60DUAD 発売
  • 1976.7.21 SONY デッキ EL-5 発売
  • 1976.9.?? Technics デッキ RS-7500U 発売
  • 1976.10.22 OTTO デッキ(型番不明)を第25回全日本オーディオフェア(10/22~27)に試作機を出品
  • 1976.10.22 Aurex デッキ(型番不明)を第25回全日本オーディオフェア(10/22~27)に試作機を出品
  • 1976.10.22 アイワ デッキ(型番不明)を第25回全日本オーディオフェア(10/22~27)に参考出品
  • 1976.11.21? SONY デッキ EL-7B 発売(EL-7のブラックバージョン)
  • 1976.12.1 TEAC デッキ AL-700 発売
  • 1977.6.21 SONY デッキ EL-4 発売
  • 1977.6.?? SONY テープ LC-90SLH、LC-90DUAD 発売
  • 1977.6.21~ SONY 「エルカセットフェスティバル」と称し、テープ3本購入で1本割引のサービス実施(9/21まで)
  • 1977.7.中旬 Lo-D デッキ D-9000 発売
  • 1977.7.下旬 SONY EL-5の100名モニター募集をソニーが実施(アンケート回答を条件に実質無償プレゼント)
  • 1977.9.23 Victor-JVC デッキ LD777を第26回全日本オーディオフェア(9/23~29)に参考出品
  • 1977.11.21 SONY デンスケ EL-D8 発売
  • 1978.10.21 CBSソニー エルカセットミュージックテープ発売/各4,800円
  • 1978.11.?? ソニーマグネスケール データレコーダー FRC3907 / FRC3905 発売
  • 1979. SONY エルカセットデッキの生産を中止

1980. SONY エルカセットデッキの販売を停止し、ソニーインターナショナルでの競売を通して全ての残存製品をフィンランドのHIRVOX社に売却清算

  • 1980.9.7 ソニーマグネスケール データレコーダー FE-39A / FE-35A 発売

生産販売台数の例[編集]

現在でも低普及率だった事が強調されるため、その生産販売台数に関する数字が語られることが非常に少ないが、以前ソニーが明らかにしたところ(日経産業新聞、1977年5月10日付)では、次のように記されている。

  • 1976年6月~1977年5月までの累計の生産販売台数 25,000台
    内訳国内 11,000台
    内訳輸出 ヨーロッパ 6,600台、アメリカ 3,200台を中心に14,000台
    上記数字にOEMなどが含まれるのかどうかは不明である。

ミュージックテープ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ コンパクトカセットではCrO2テープがTypeII、Fe-CrテープがTypeIIIとなる。

参考文献[編集]

  • 「日本音響学会誌33巻4号(1977.4) P.212~P.215 / 「オーディオ用テープレコーディングシステム、エルカセット」(ソニー株式会社技術研究所)
  • SONY ES REVIEW 1976年6月
  • 無線と実験(誠文堂新光社) 1976.6 / 1976.7 / 1976.10 / 1977.7
  • ラジオ技術(現アイエー出版) 1976.6 / 1976.8 / 1976.12
  • 日経産業新聞(日本経済新聞社)
  • FMレコパル(小学館)
  • オーディオ評論誌 オーディオピープル ((株)日本オーディオ) 1976.9