テーペット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テーペットは、アメリカRCAビクター1958年に開発したオーディオ用磁気記録テープ媒体の規格である。

概要[編集]

最初に開発されたオーディオカセットであり、フィリップスコンパクトカセットエルカセットの開発に影響を与えたといわれている。コンパクトカセットが最初は会話録音用として開発されたものに対して、テーペットはミュージックテープの再生用として、いわばレコードの代わりとして開発された。テープ速度は毎秒9.5cm。4トラック往復で60分のステレオ再生ができた。コンパクトカセットでは、テープ幅がオープンリールより細い3.8mm幅でベースの薄い磁気テープカートリッジに収めて小型化したのに対し、テーペットはオープンリールと同じ6.3mm幅を採用した。それにともなってカートリッジの大きさも大きくなり、縦12.7cm、横17.8cmとコンパクトカセット(縦6.3cm、横10cm)を4個並べたよりも少し小さい位の大きさだった。テーペットは、当時まだオープンリール機さえあまり普及していなかった時代で、テープそのものがまだ一般に広く理解されていなかったため、まもなく発売を中止してしまった。

関連項目[編集]