ソニータイマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ソニータイマー英語: Sony timer, Sony kill switch)とは、「ソニー製品は1年間のメーカー保証期間終了直後に故障が頻発する」というほとんど実話に近い状態(下記参照)から生まれた、「ソニーはその高い技術力を使い、製品の保証期間が過ぎるとすぐ故障が起こるよう、精密に製品寿命をコントロールしている」とする巷の話題を指す。実際にはタイマーが云々というのは比喩であり、保証期間(通常は1年)と少ししか製品が持たずにすぐ壊れてしまうというソニー製品の壊れやすさを批判したものである。多くの日本人がそれを信じ、漫画の笑いのネタにしたり、オンライン掲示板に書かれたりしている。英国『Telegraph』誌は、この「ソニー・タイマー」説は、同社を20年間にわたって悩ませ続けていると報じている[1]

海外製品との競争が、最も熾烈だった1970年代後半にソニーユーザーから指摘される様になったといわれる。ただ、こうした不良品の「仕込み」は、市場を独占している製造企業でない限り、消費者に企業やブランドへの毀損・悪印象を植えつけてしまい、他社製品への乗換え・買換えを促してしまうため、「意図的に仕込むこと」は有り得ないと通常は考えられる[2]。しかし、2006年に欠陥のあるソニーのバッテリーを搭載した、米デル社のノートパソコン410万台がリコールとなったことから、この噂が真実味を帯び社会的に意識されるようになった。このリコールではデル社以外にレノボ富士通アップル製品も含め世界で960万個に上った。爆発の危険性があるバッテリーを原因とするリコールによって、ソニーは大きなダメージを受けた[1]

また、同2006年には、本物のソニータイマーかと噂された薄型テレビの例もある。同年2月にソニーは2005年10月発売の薄型テレビ「ブラビア」のプロジェクションテレビ「Eシリーズ」2機種に、視聴時間の累積が約1,200時間を超えると視聴中に電源のオフできないなどの不具合が生じた、と発表した。平均的な使用時間である1日3時間使用したと計算すると保証期間の1年がちょうど過ぎたころに1,200時間を超えるため「正しくソニータイマー」と噂された。これに対しソニー側は「不具合は試験を行っている途中で発覚したに過ぎず、不具合が起こるように設計した訳ではないと弁明した[3]

ソニーによる言及[編集]

  • 2006年平成18年)6月16日に開かれたジェネシス・ジャパンのユーザカンファレンス「G-Force Japan 2006」において、ソニーのVAIO向けコンタクトセンター構築担当者が「不当にソニーの商品イメージが悪いこと」として「“買ってから1年1カ月で壊れるソニータイマー”など埋め込まれているわけがない。だが、こうしたイメージはなぜか根強く残っている。マーケティング、アフターサポート、製品開発部門を連携させて、とにかくイメージアップを図りたい」との発言を行った[4]
  • 2007年(平成19年)6月21日に開かれたソニーの株主総会において、ソニー製品が一定期間経過後に壊れやすいという批判が根強いことに関連して、当時の社長・中鉢良治は、「品質、価格、供給の3点のバランスがたまたま崩れ、迷惑を掛けることはある。『ソニータイマー』と言われていることは認識している」と述べた。その上で現在は「オペレーション上でも、不良を入れない、作らない、出さないということに力を注いで」品質担当役員の任命や不良品の出荷防止などを通じて「最終品質保証のために全力を挙げている」と述べ、株主に理解を求めた[5]

マスコミでの言及[編集]

ここ20年間に渡り、ソニーは日本で「ソニータイマー」という都市伝説に悩まされてきた。それにしても、保証期間が切れた直後に、ソニー製品を故障させるという『時限爆弾』は本当にあるのだろうか? 多くの日本人は『ある』と純粋に信じている。

ソニーの不良バッテリを組み込んだ、410万台以上のデルノートパソコンが、2006年にリコールされた件は、何十年にも渡って囁かれていたタイマーの噂を、一躍広める事になった。1980年から2006年にかけて、日本のギークと技術オタク達は、ソニータイマーの存在を冗談のネタにし、皮肉めいた漫画を作っては電子掲示板で鬱憤を晴らしていた。しかしデルのリコールによって、その都市伝説は世間に知られるようになり、ソニー製品の不良に怒った人々は、これぞソニーを叩く好材料とばかりに飛びついた。(中略)

ソニーは、長年に渡って『ソニータイマー説』を払拭しようと、様々な取り組みをしてきたが、メーカー保証期間終了直後にソニー製品が故障するたびに、『ソニータイマー伝説』は、ユーザーにとって揺るぎない物となっていった。(中略)

技術革新を誇りとする日本において、燃え上がるノートパソコンと、史上最大の製品リコールは、そう簡単に片付けられるものではない。

— Hunter Skipworth、Telegraph.co.uk

関連文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]