アンクレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アンクレットとハイヒール
アンクレットとトーリング
トーリングの飾りがあるアンクレット

アンクレット: anklet)は足首に着ける装飾品で、語源は手首に着けるブレスレットに対して「足首」(アンクル)に着けるブレスレットという意味。英語圏に始めて登場した時期は1700年代末とされる[1]。アンクレットを着けた姿がエジプトで壁画や彫像に表された時代をみると、王朝誕生前(紀元前5000-3100年)の時代までさかのぼり、それ以前の先史時代から草の茎や蔓を足首に巻いていたと考えられる。

概要[編集]

アメリカでアンクレットが女性の装身具として注目された1930年代から20世紀後半に、カジュアルからフォーマルなデザインの品が作られ、フォーマルなアンクレット(銀、金、またはビーズ製)は今で言う女性向きのファッションジュエリーだった。ポップカルチャーが広まると、若い男女ともに革製のアンクレットを着け、特に素足の女性に好まれている。インドの女性は歴史的に年齢を問わずサリーとともに裸足に着け、トー・リング付きのアンクレットをパヤルと呼んでいる。また伝統的な花嫁の婚礼衣装には、サリーに欠かせない装飾品とする習慣が今も見られる。

両足首のアンクレットをチェーンで結び、足の動きを制限する風習がかつて東南アジアで見られ、「小股で歩く」女性らしいしぐさを生む効果があるとして一般的だったという。現代でもこの習俗を行なう女性はいるものの、公の場ではほとんど見られない。

アンクレットの歴史と地域的特徴[編集]

エジプト[編集]

ビーズを綴ったブレスレットとアンクレット。「王の娘」と記された Nubhetepti-khered という女性の副葬品(古代エジプト第13王朝時代、エジプト国立博物館収蔵)

古代エジプト、女性はどの社会階層でもアンクレットを毎日の装飾品として身に着けた。形とデザインに定型はなくさまざまな金属を素材に、は富裕層、は一般の階層に広まっている。第4第5第6王朝の時代、ビーズを通したひもを数本重ねて金具で止めつけたアンクレットで飾ったとされ、サッカラにある第5王朝時代 (紀元前2494年頃から2345年頃) のティや第6王朝 (紀元前2345年頃から2181年頃) のメレルカのマスタバの壁画に踊り子が身に着けた姿が描かれた[2]

1900年代初頭、エジプトのアレキサンドリアなど都会で女性が当時の服装ミラーヤレフにホルハールと呼ばれたアンクレットを飾った。現代のエジプト人女性ではイスラム教の戒律が厳しくなるにつれ、自宅をのぞく公共の場でアンクレットを着けない。

アフリカ諸国[編集]

アフリカ西部[編集]

アンクレットを着けたヒンバ族の女性

セヌフォの人々の通過儀礼や祭礼、葬儀の装いに合わせるアンクレットはブロンズのロウ型(ロストワックス鋳造)で作り、長さは16cm前後、頑丈な表面にトカゲワニを彫ったものもよく見かける。他に形がカヌーに似た銅製のものは鍛冶の職人が男女を問わず身につけ、トカゲの彫刻は守護精霊のシンボルだという[3]ニジェールフラニ族の女性はとてもおしゃれが好きで、目立つ髪型や凝った髪飾り、アンクレットを普段から身につける。装飾品の数と値打ちが一家の貧富の目安にされることから、富裕な女性で片足に何連もアンクレットを着けたり片腕にブレスレットを重ね付けする姿は珍しくない。そのため素材の金属もさまざまで、金のほかアルミニウムからを用いている。

アンクレットが結婚の印とされ、女性に贈る習慣がブルキナファソカッセーナ族 (英語版)にあった。細工の美しさに加え、地金の価格に応じて将来のカップルの社会的な地位を決めたという。300g前後でねじったデザインがよく見られる[3]

中央アフリカ[編集]

コンゴ民主共和国に暮らすモンゴ族の女性が身につけるアンクレットは結納金代わりであり、花嫁候補に贈るアンクレットは5組とされ、鍛造でとも思えるほど重厚ながっしりとした輪環に仕上げることから、村の経済を左右する要素になる。表面に装飾はなく重さは1本1 kgにも及ぶものがある[3]

ファン人の女性のアンクレットはやはり1.5 kgほどもある。3本の線状の装飾が目立つデザインで、モンゴ族と同様、結納の重要な道具であるばかりか、物々交換に用いることもある[3]

ヨーロッパ[編集]

ブロンズのアンクレットは温帯ヨーロッパのドナウ川、アルプス山脈の麓、ライン川沿いに大西洋岸までの各地さらにローヌ川など[4]青銅器時代の早い時期に見られる。紀元前1800年頃以降、アンクレットは特有の青銅器とともに出土、またその分布がクルガン型の墳墓が発見された広い地域にわたることから、草原の遊牧民の文化が共通点と考えられる[5]

インド (南アジア)[編集]

シュンガ朝[編集]

インド東部、紀元前180年頃から紀元前68年頃のシュンガ朝の女性の装いにおいてアンクレットはベルト同様、必ず身につけ女性らしさを示す装身具である。文献によるとアンクレットは輪を鎖状につないだり、複雑に編んで作っている。筒状のアンクレットの端にならぶ輪は非常に細工の繊細な例、輪を強調した例があり、デザインごとに何か意味がこめられたと考えられる。その一例として社会的に身分が高くない女性が身につけるアンクレットの素朴さと対照的に、マカラ (神話)を飾るデーヴァ?の装飾性は高い。

1世紀のタミル文学の叙事詩に妻のカンナギが悪徳金細工職人に夫を殺された『チラパタカラム』(英語版) (アンクレットの物語) という物語がある。カンナギは夫が自分のアンクレットを売ろうとしたと言い、アンクレットの様子を繰り返し述べるのである。

カンナギの像(チェンナイ)

古代には男性の力の象徴であり、伝統的なクシャトリヤ(王族・武人階級)の人々だけが金製のものを着け、他のカーストは銀製しか許されなかった。

19世紀のアンクレット。銀に金メッキ(インド)
19世紀初頭、ムガール朝のインド北部で使われたもの。金にダイヤモンドとエナメル彩色。(王立オンタリオ博物館収蔵)

ヒンディー語パンジャブ語でPayalという言葉はアンクレットを指す。インド東部・ラジャスタンの女性はかつて、世界で最も重いと言われる銀製のアンクレットを身に着けて部族への服従を示した。その女性の姿を競争相手の部族に見せることで、女性の属する部族の勇猛さと富を誇ることができたという。女性のファッションとして現代のインドでは見かけることが減り、農村部でわずかに見られる。伝統的な宝飾品で有名な南東インドのオリッサ州では、女性が着用するアンクレットはPaunji Nupurと呼ばれ、様々な種類の中にPadapadmaとして知られる足全体を覆うものもある。

中国[編集]

古代中国の武人の墳墓から翡翠のブレスレットとアンクレットが出土した[要出典]。習俗で生まれたばかりの子供にお守りとして付けさせ、魔物を遠ざけるという点はほかの地域と比べると特徴的で、伝統的な陰陽の考え方をアクセサリーに応用して成功した宝飾店の例がある[6]

アメリカ[編集]

伝統的な装身具として身につけるばかりではなく、20世紀後半、手軽なアクセサリーとして若い人々の間で人気が出始めた。

中世[編集]

16世紀にイスラム教が広まると、トルコの少女は公衆の場で男装する必要があったほど女性らしさを示すと身持ちが悪いと見なされ、アンクレットは売春に関わる女性の象徴とされた。クリームやオイルで特別な体の手入れをして香りを身につけるだけでなく、女性性エロチシズムを表現するため、アンクレットをはじめとする多くの宝石の宝飾品をまとった[7]。マリエン・デーウィヒによるとホルハール (フランス語で kholkhal) と呼ばれたアンクレットもやそれとわかるエロティックさを演出する手段だったとされ[8]「何が人を魅惑するか。それは私たちの言語や外観のとらえ方の文化に根ざしている。たとえばアンクレットで飾った足首は詩人の心に激しい感情を引き起こしたのかもしれない」と述べている[8][9]

アジアでは16世紀まで男女を問わず売春に関わることを示すためアンクレットを着けた[9]

20世紀初頭[編集]

1900年代初頭、エジプト時代からあるアレキサンドリアなどの都会で女性が当時の服装ミラーヤレフにホルハールと呼ばれたアンクレットを飾った。現代のエジプト人女性ではイスラム教の戒律が厳しくなるにつれ、自宅をのぞく公共の場ではアンクレットを着けない。

脚注[編集]

  1. ^ Merriam-Webster Dictionary (ミリアム・ウェブスター英語辞典)”. 2016年3月26日閲覧。
  2. ^ Wilkinson, Alix (1971) (英語). Ancient Egyptian Jewellery [古代エジプトの装身具]. Great Britain: Taylor & Francis. pp. 28. https://books.google.com/books?id=DZQOAAAAQAAJ&hl=arsource=gbs_navlinks_s. 
  3. ^ a b c d Touré, Tamaro (2011). Bracelets d'Afrique. [アフリカのブレスレット]. L’Harmattan. ISBN 978-2296103023. 
  4. ^ Sherratt 2001, pp. 214-238.
  5. ^ Sherratt, Susan (2001). Potemkin Palaces and Route-based Economies [ポテムキン宮殿と交易路の経済]. Voutsaki, Sofia; Killen, John (editors). (英語). Economy and Politics in the Mycenaean Palace States. Cambridge Philological Society Supplementary (Cambridge Philological Society) 27: 214-238. 
  6. ^ 香港に本店を構え、パリに支店を出した宝飾ブランドのキーリン (en) は陰陽の考え方を取り入れるデザイナーが率いており、白金の地金にダイヤモンドを連ねたアンクレットのデザインで名をはせた。また音が鳴るしかけを施した小さな鈴は、中にダイヤモンドを閉じこめてある。Tsai, Jacqueline (2008). Jacob, Odile. ed (フランス語). La Chine et le luxe [中国と宝飾品]. History and document. ISBN 978-2738121387. 
  7. ^ Abbot 2001.
  8. ^ a b Derwich 1994.
  9. ^ a b Bernard 1988, p. 200.

出典[編集]

関連項目[編集]