マカラ (神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェンナケーシャヴァ寺院英語版にあるマカラのレリーフ
マカラ像

マカラMakara)は、インド神話に登場する怪魚。

概要[編集]

ガンガーを司る女神ヴァルナの乗り物(ヴァーハナ)であり、愛神カーマは「マカラを旗標とするもの」という異名を持つという[1]。カーマのシンボルであるマカラは門や装身具の装飾に用いられた。ワニのように尖った鼻を持ち、とぐろ巻く尾を持つ怪魚や、ワニとライオンの合成獣として表現される[2]。水を操る力を持つため、マカラの棲むとされる川や湖、海といった場所(マカラーヴァーサー)が崇拝の対象となった。

大乗仏教の説話においては、これに遭遇した際には観世音菩薩の名を唱えれば難を逃れる等とされている。

摩伽羅魚摩竭魚などと漢訳された。

マカラの源流[編集]

メソポタミア文明の思想体系では、淡水世界を統べる神エンキを象徴する動物、スクル・マーシュ(スクルは「大きな」、マーシュは山羊の意)が存在していた[3]バビロニア時代のメソポタミア占星術において、スクル・マーシュは黄道十二宮磨羯宮に配置されている。スクル・マーシュのイメージはメソポタミア占星術とともにインドに伝わり、幻想獣マカラへと変じた[3]

なお、東洋におけるやマカラは、ギリシャ神話におけるケートスに影響を受けたという意見もある。[4]

脚注[編集]

  1. ^ 水野善文 (2016). “故地のクンビーラ:金毘羅由来説再考”. 智山学報 (智山勧学会) 65: 103-122. doi:10.18963/chisangakuho.65.0_0103. 
  2. ^ ジョン・チェリー 『幻想の国に棲む』 別宮貞徳訳 東洋書林 1997年 ISBN 4-88721-182-1 巻末pp.10-27.
  3. ^ a b 秋道智彌『魚と人の文明論』 臨川書店 2017 ISBN 978-4-653-04118-4 pp.15-18.
  4. ^ Boardman, John (2015). The Greeks in Asia. Thames and Hudson. ISBN 0500252130 

関連項目[編集]