稲盛和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いなもり かずお
稲盛 和夫
Kazuo Inamori 2011 Heritage Day HD2011-71.JPG
2011年
生誕 (1932-01-21) 1932年1月21日
日本の旗 鹿児島県鹿児島市薬師町[1]
死没 (2022-08-24) 2022年8月24日(90歳没)
日本の旗 京都府京都市伏見区
出身校鹿児島大学工学部
職業実業家
影響を受けたもの西片擔雪
中村天風
松下幸之助
稲盛和夫(中央の人物、米国カリフォルニア州パロアルトのクラウンプラザカバナにて)

稲盛 和夫(いなもり かずお、1932年昭和7年〉1月21日[注 1] - 2022年令和4年8月24日[2])は、日本実業家京セラ第二電電(現・KDDI創業者公益財団法人稲盛財団理事長。「盛和塾」塾長[3]日本航空名誉会長。日本経済に大きく貢献した[4]

人物・来歴[編集]

1932年(昭和7年)、鹿児島県鹿児島市薬師町に7人兄弟の次男として生まれる。父の畩市は「稲盛調進堂」という名で印刷工場を経営していた。西田尋常高等小学校(現在の鹿児島市立西田小学校)を卒業し[1]、私立鹿児島中学校(旧制、現在の鹿児島高等学校)へ進む。銀行就職を考えたが周囲の勧めで[要出典]、旧制鹿児島中学校から新制鹿児島市高等学校第三部に進学[5]1950年に鹿児島市高等学校第一部と第三部の普通科が統合されて鹿児島県鹿児島玉龍高等学校(市立)となったため、翌年3月に同校の第一期生として卒業する[5]大阪大学医学部薬学科の受験に失敗し、当時は新設大学であった鹿児島県立大学(後年鹿児島大学に統合)の工学部応用化学科で、有機化学を専攻した[5]

1955年(昭和30年)、鹿児島県立大学工学部を卒業後、有機化学の教授の紹介でがいしメーカーの松風工業(歯科器材の松風とは創業者が同じ別会社[6])に入社。1958年(昭和33年)、退社する。

妻の朝子は、禹長春の四女である[7]

起業家・企業家として[編集]

1959年(昭和34年)業績が下降を辿り退職が相次いでいた、松風工業社員8人を引き連れ京都セラミツク(現・京セラ)を京都で創業する。

1966年(昭和41年)代表取締役社長に就任。

1966年(昭和41年)稲盛自ら渡米し、当時世界最大を誇ったコンピュータ大企業IBMより、IC用アルミナ・サブストレート基板を受注することに成功させる。

1968年(昭和43年)優良中小企業として第1回中小企業研究センター賞(現·グッドカンパニー大賞)を受賞。

1971年(昭和46年)創業12年で大阪証券取引所に株式上場。

1972年(昭和47年)「大規模集積回路用セラミック多層パッケージの開発」により、第18回大河内記念生産特賞を受賞。

1972年(昭和47年)東京証券取引所市場に株式上場をはたす。

1973年(昭和48年)京都セラミックが音頭をとり、日米合併企業となるジャパンソーラーエナジー(JSEC)を設立。

1974年(昭和49年)「電子回路用セラミック積層技術の開発」により、第16回科学技術庁長官賞を受賞。

1984年(昭和59年)稲盛が音頭を取りによる通信事業自由化が決定すると、京セラが資金を投入し民間初となるDDIを設立。(後にケイディディ日本移動通信と合併し、現在のKDDIとなる)。

1988年(昭和63年)日本セラミックス協会会長に就任[8]

1998年(平成10年)複写機メーカーの三田工業が 経営に行き詰まり会社更生法の適用を申請した際、三田工業からの要請により、京セラは三田工業の支援を表明した。2000年の更生計画認可を受けて同社を「京セラミタ株式会社」に商号変更し、京セラの子会社とした。そして、9年間の予定の更生計画を2年間で達成した。

2009年(平成21年)ワールド・アントレプレナーシップ・フォーラムで世界起業家賞を受賞[9]

2010年(平成22年)2月 日本航空会長に無報酬で就任する。「JALフィロソフィ」の策定など積極的な社員の意識改革に取り組み、全従業員の3分の1にあたる1万6千人のリストラを断行して、着任の翌期には営業利益1800億円の高収益企業に生まれ変わらせることに成功。赤字続きだった日本航空を3年足らずで再上場させた。

伊丹空港を視察した時、カウンター勤務の若い女性社員が月2千円のコスト削減効果を発表した。金額の少なさに周囲は困惑したが、稲盛氏は「そういう努力が一番大事なんだ」と大いに褒めた。この話はメールで部署を超えて広まった。
【経営の視点】稲盛氏が褒めた「2000円節約」(塩田宏之)『日本経済新聞』2018年1月15日)

死去[編集]

2022年8月24日(水曜日)午前8時25分、老衰のため、京都市伏見区の自宅で死去した[2]。90歳没[10]

稲盛の死去について、京セラ以外にKDDI[11]日本航空[12]などがコメントを出し、中華人民共和国外交部は定例会見で稲盛に哀悼の意を表明した[13]。9月3日にサンガスタジアム by KYOCERAで開催された京都サンガF.C.の公式戦の試合前に黙祷が行われた[14][15]

経営手法[編集]

その独特な経営管理手法は「アメーバ経営」と呼ばれる。稲盛は全国に支部を持つ盛和塾と、PHP研究所致知出版社などの出版社から出版した多数の経営指南書・自己啓発書を通じ、アメーバ経営や自らの経営哲学理念啓蒙・普及に努めている。また、その稲盛和夫の企業精神は世界のモーター業界で世界一のシェアを持つに至った、日本電産創業者の永守重信らにも多大な影響を与えた[16] [17]。稲盛哲学を中国に広め、中国人経営者の心を高めるために「稲盛和夫管理顧問有限公司」を北京に設立しており[18]、中国でベストセラーになった稲盛の著書も多い[19]。また京セラ創業者でもある稲盛名誉会長が死去した際には、中国共産党系国際紙環球時報などの中国メディアでも、日本の報道を引用する形で速報で取り上げられるなど影響力の大きさを伺えた[20]

2017年『フォーブス』日本長者番付49位、資産840億円[21][22]

啓蒙・慈善活動[編集]

企業家の育成にも力を注ぎ、1983年には若手経営者の勉強会「盛友塾(現:盛和塾)」を開塾。1984年に財団法人稲盛財団を設立して理事長に就任。1985年には同財団主催の京都賞を創設し、同年第1回授賞式で三笠宮崇仁親王夫妻やスウェーデン王国シルヴィア王妃列席の下、ノーベル財団に特別賞を授与した[23]。稲盛財団の現在の資産総額は1,108億円で、民間で設立された財団法人としてはトップ5に入っている[24]。なお、盛和塾は自身が高齢になり積極的な活動ができなくなったことや従来から自身の一代限りで活動を終了させると表明していたことから2019年末をもって活動を終える予定である[25][26][注 2]

1986年には京セラ会長に就任。1994年5月から1995年5月まで関西経済連合会副会長を務めた。1994年にはDDIポケット企画(ウィルコムの前身で後に関連会社のイーモバイルとともにソフトバンクグループが買収して現在ではワイモバイル)を設立。

母校の鹿児島大学に個人資産を寄附して大学キャンパス内に新しいホール「稲盛会館」(建築家安藤忠雄が設計を担当)を寄贈したほか、稲盛アカデミーへの援助を行なう。また地域社会はもとより国際社会において21世紀の更なる学術・文化の発展に貢献していくことを目的として、京都大学九州大学の学術・文化趣旨に賛同し、稲盛財団記念館を寄贈竣工したほか、2013年11月、京都府に次世代を担う若者の創造教育の為に20億円を寄付し、2014年に完成した大学施設は稲盛記念会館と名付けられた[28]。関西鹿児島県人会総連合会会長も務める[29]

2016年には郷里の鹿児島県鹿児島市にそれぞれ10億円、計20億円を寄付した[30][31]

仏教とのかかわり[編集]

幼少時に郷里の鹿児島で祖母の隠れ念仏を行う姿を見て宗教に関心を持ち、1997年に臨済宗円福寺西片擔雪の下で在家得度(法名:大和)。雲水と共に修行を重ねた[32][33][34]。円福寺本堂と庫裏の建て替えに寄進したり、京都市京都仏教会とを仲介したりするなど、居士としての活動も行なった[35]

政治[編集]

2010年2月25日、内閣特別顧問任命時に鳩山由紀夫内閣総理大臣

小沢一郎とは新進党時代からの仲であり、後の民主党を支持して、前原誠司の後援者ともなった[注 3]。しかし、2011年2月8日日本記者クラブで会見し、政権交代後の民主党の体たらくに落胆した、政権交代も民主主義の結果であるが、色んなことが起きて新たな政治体制もできあがるだろう、歳もとったので今後は党への支援には距離を置き静観すると述べた[36]2012年には小沢とともに日本未来の党の結党に参加、「びわこ宣言」の賛同人に名を連ねた。また、2018年国民民主党、さらに2020年国民民主党結党後も前原の東京後援会の代表者をしている[37][38]

2010年1月に日本航空 (JAL) の代表取締役会長として日航再建に取り組むよう、鳩山由紀夫首相(当時)から要請された。国土交通大臣の前原が鳩山に進言したことが就任の一つの理由とされる。2月1日からJALの会長を無給で務め、2012年会社更生法の適用から2年で営業利益2000億円というV字回復を果し、建て直しに成功[39][40]。同年2月末、鳩山からは、非常勤の内閣特別顧問に任命された[注 4]

エピソード[編集]

役職[編集]

稲盛財団記念館、京都市左京区

言葉[編集]

動機善なりや、私心なかりしか
DDI(第二電電)を設立し、電気通信事業へ参入する際、自身の動機に利己的な心、「私心」がないかと、半年間にわたり自問した時の言葉。動機が善であり、実行過程が善であれば、結果は問う必要はない、必ず成功するという信念を表す[44]
経営に権謀術数は一切不要
企業経営には、権謀術数が不可欠だと感じている人が多いかもしれないが、そういうものはいっさい必要ない。今日一日を一生懸命に生きさえすれば、未来は開けてくる。正々堂々と人間として正しいやり方を貫けば運命は開けてくると考えている。実際に京セラやKDDIの経営に携わり、日々懸命に働いているうちに、次に打つべき手は自ずから見えてきたし、そうすることが素晴らしい成果をもたらせてもくれた(著書『人生と経営』より)。

著書等[編集]

2015年8月末に、世界での著書の累計発行部数が1000万部を突破した[19]。うち日本では約490万部を発行[45]。日本国外では中華人民共和国での発行が9割以上を占める[45](京セラ調べ)。

単著

共著

訳書(監訳を含む)

  • ロバート・シュラー『いかにして自分の夢を実現するか』三笠書房、1992年(監訳)

以上のほか、講演を収録したCD(複数)等もある

受賞・栄典[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 戸籍上は1月30日
  2. ^ 中国の盛和塾については活動を当面継続すると報道されている[27]
  3. ^ 前原は、京セラ本社所在地の京都市を地盤とするが、前原は京都2区の選出で、京セラ本社は伏見区にあり、伏見区は前原の選挙区ではない。小沢が2008年9月21日に民主党代表として再選された際には来賓として挨拶する。
  4. ^ 鳩山内閣になっての内閣顧問の任命は初めて。

出典[編集]

  1. ^ a b 年譜|創業者 稲盛和夫 - 京セラ 2013年6月14日閲覧。
  2. ^ a b (訃報)弊社名誉会長 稲盛和夫の逝去について”. 京セラ (2022年8月30日). 2022年8月30日閲覧。
  3. ^ 盛和塾 塾長紹介(2019年11月30日閲覧)
  4. ^ J1京都の成長に寄与した稲盛和夫さんが死去 ラモス、カズらを獲得 京セラ創業者”. デイリースポーツ online (2022年10月15日). 2022年10月15日閲覧。
  5. ^ a b c 吉田健一「鹿児島時代の稲盛和夫 : 幼年時代から学生時代まで」『鹿児島大学稲盛アカデミー研究紀要』第3巻、鹿児島大学、2012年3月、 133-211頁、 ISSN 1884-6009NAID 40019259120
  6. ^ D-Com(ディシジョン・コンパス). “稲盛和夫氏の人柄に触れた40年(3ページ目) | D-Com(ディシジョン・コンパス)” (日本語). project.nikkeibp.co.jp. 2022年6月8日閲覧。
  7. ^ 角田房子『わが祖国―禹博士の運命の種』新潮社、1990年12月。ISBN 9784103258070
  8. ^ 歴代代表者 日本セラミックス協会
  9. ^ 稲盛和夫 OFFICIAL SITE | ORICON NEWS”. 2021年7月5日閲覧。
  10. ^ 京セラ稲盛和夫名誉会長が24日に死去、90歳 独自の経営論、京セラを世界的企業に育てる”. 日刊スポーツ (2022年8月30日). 2022年8月30日閲覧。
  11. ^ 「遺志を継承」 稲盛氏死去を受けKDDIトップがコメント発表”. ITmedia (2022年8月31日). 2022年9月5日閲覧。
  12. ^ 稲盛和夫さん死去 JAL「経営破綻から再生、多大な功績に感謝」”. 毎日新聞 (2022年8月30日). 2022年9月5日閲覧。
  13. ^ 中国外交部 故稲盛和夫氏の貢献を高く評価”. フランス通信社(AFP) (2022年9月1日). 2022年9月5日閲覧。
  14. ^ 京都サンガ、神戸に2-0勝利 7試合ぶり白星で残留へ希望 J1第28節”. 京都新聞 (2022年9月3日). 2022年9月5日閲覧。
  15. ^ 【京都】「INAMORI」パワーで「関西ダービー」制す 先制弾松田天馬「誇り持てる試合に」”. 日刊スポーツ (2022年9月3日). 2022年9月5日閲覧。
  16. ^ 「稲盛さんのようになりたいと頑張った」日本経済新聞社 日本電産永守氏2022年8月30日閲覧
  17. ^ 京セラ稲盛和夫名誉会長が死去。日本電産の永守会長が語る「夜10時の秘話」とは『致知』2021年4月号特集「稲盛和夫に学ぶ人間学」より‐MAG2 NEWS 2022.08.30閲覧
  18. ^ 稲盛哲学を中国に広め 中国人経営者の心を高める 2015年5月29日 SHANGHAI LEADERS。
  19. ^ a b c 世界で累計1000万部突破:中国で「稲盛和夫」“爆読み”のワケ (1/3)、ITmedia ビジネスオンライン(産経新聞)、2016年01月18日 7:00。
  20. ^ 稲盛和夫氏死去 「尊敬すべき日本人」「偉大な企業家」…中国でも死を悼む声 TBS NEWS 2022年8月30日閲覧
  21. ^ 日本長者番付 2017 - フォーブス
  22. ^ Japan’s 50 Richest People”. Forbes. 2017年12月13日閲覧。
  23. ^ 稲盛財団 沿革
  24. ^ 日本の助成財団の現状 -資産総額上位100財団 - 公益財団法人助成財団センター
  25. ^ “京セラ稲盛氏の盛和塾、19年で活動を終了”. 『日本経済新聞』. (2018年12月6日) 
  26. ^ 京セラ・稲盛名誉会長の「盛和塾」、19年末に解散へ” (日本語). ニュースイッチ. 2019年7月17日閲覧。
  27. ^ 獨家:稻盛和夫允許保留“盛和塾”中國分塾共同通信中国語サイト(2019年4月5日配信)同日閲覧。
  28. ^ 教養教育共同化施設の概要|京都三大学教養教育研究・推進機構(2019年11月30日閲覧)
  29. ^ 鹿児島県/県人会連合会(2019年11月30日閲覧)
  30. ^ a b 礒部修作 (2015年11月17日). “県民栄誉表彰・鹿児島市民栄誉賞、稲盛氏ダブル受賞 京セラ名誉会長”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 鹿児島全県版 
  31. ^ 鹿児島県と鹿児島市への寄付について - 京セラ ホームページ(2015/06/05)2019年11月30日閲覧。
  32. ^ 「稲盛和夫が語る「幸せな人生の送り方」」【AERA】2013年11月8日
  33. ^ 「稲盛和夫(30)得度 托鉢・修行、信仰深まる 百円のお布施、万感の思い」【日経】2016年7月21日付
  34. ^ 〈証言そのとき〉不屈不撓の一心:10 会長を引退 65歳で得度[リンク切れ] - 朝日新聞デジタル(2014年6月2日01時00分)アーカイブ
  35. ^ 稲盛和夫>「多岐にわたる社会活動」
  36. ^ JAL稲盛会長「政権の体たらく、大変落胆」[リンク切れ]読売新聞』2011年2月9日13S版4面
  37. ^ 政治団体一覧”. 総務省 (2017年12月31日). 2019年5月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。
  38. ^ まえはら誠司東京後援会 - 総務省
  39. ^ “JALの幹部社員を叱り続けた日々「解剖・稲盛経営」――稲盛和夫インタビュー”. 『週刊ダイヤモンド』. (2013年6月17日). http://diamond.jp/articles/-/37468 2014年9月13日閲覧。 
  40. ^ 『「利他」人は人のために生きる』小学館、ISBN 978-4093798273
  41. ^ 『稲盛和夫のガキの自叙伝』 - 日経ビジネス人文庫(私の履歴書)、日本経済新聞社。
  42. ^ 京セラ株式会社 (2018年9月12日). “【牛丼と稲盛和夫】”. Facebook. 2022年8月31日閲覧。
  43. ^ 追悼・稲盛和夫氏、大事な接待に「牛丼の吉野家」を選んだ経営の神様の真意”. ダイヤモンド・オンライン. pp. 2-3 (2022年8月31日). 2022年8月31日閲覧。
  44. ^ 動機善なりや、私心なかりしか - 京セラホームページ(2019年11月30日閲覧)。
  45. ^ a b c d e f g 世界で累計1000万部突破:中国で「稲盛和夫」“爆読み”のワケ (2/3)[リンク切れ]ITmediaビジネスオンライン(『産経新聞』)、2016年01月18日 7:00。
  46. ^ 官報』7404号、2018年12月6日
  47. ^ 鹿児島県名誉県民の事績 (PDF) - 鹿児島県、2020年1月15日閲覧。
  48. ^ 京セラ (株) 名誉会長 稲盛和夫が英国より名誉大英勲章KBEを受章 京セラ(2019年11月29日)2019年11月30日閲覧
  49. ^ 『官報』第373号、令和2年11月13日

関連項目[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]

先代
青山政次
京セラ社長
第3代:1966年 - 1985年
次代
安城欽寿
先代
森山信吾
第二電電(現KDDI)社長
第2代:1987年 - 1989年
次代
神田延祐
先代
齋藤進六
日本セラミックス協会会長
第23代:1988年 - 1992年
次代
宇田川重和
先代
塚本幸一
京都商工会議所会頭
第14代:1995年 - 2001年
次代
村田純一
先代
川勝堅二
国立京都国際会館理事長
第4代:2010年 - 2018年
次代
明石康