任正非

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

任 正非(にん せいひ、Ren Zhengfei、レン・ツェンフェイ)は中国人企業家、男性。

中国通信設備最大手である華為技術有限公司(Huawei Technologies Co., Ltd. 、ファーウエイ、フアウェイ)の社長を務める。

2006年、フォーブズ誌が発表した“中国で最も富を持つ400人”の一人に名を連ねている。彼の資産は推定1億2千4百万ドルで、190位[1]

生い立ち[編集]

1944年 、中国貴州省安順市生まれ。両親は教員であったが、父は文革で迫害を受ける。重慶建築工程学院(現:重慶大学)を苦学して卒業[2]。1978年まで人民解放軍に所属。

華為技術有限公司[編集]

1988年に人民解放軍の元仲間6人と20万元を持ち寄って華為を創業。

備考[編集]

任正非は 聯想集団(レノボグループ)の柳伝志﹑海爾集団(ハイアールグループ)の張瑞敏華潤集団寧高寧万科王石華遠任志強広廈集団孫広信科竜潘寧杉々集団鄭永剛宅急送陳平らと並んで、皆人民解放軍出身の転業創業者である。しかしこれまでの経歴については詳しく語られていない。またチャイニーズ一般の処世術に違わず、近年の資産を誇示されることもない為、中国国内でもその経歴は詳らかではない。

歌手の千昌夫のファンであり、「北国の春」(1977年発売の千昌夫のヒット・ソング名)という著書を上梓している[2]。 この中で、日本の厳しい経済環境を教訓に、自社の停滞期を分析し、歌になぞらえて「冬の時代を耐え抜けば、春がやってくる。」と述べている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]