川勝堅二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

川勝 堅二(かわかつ けんじ、1924年1月16日 - 2010年7月4日)は日本実業家三和銀行会長兼頭取や、UFJ銀行名誉顧問を務めたほか、経団連副会長等の公職も務めた。1987年ベルギー王冠勲章コマンドール章受章[1]、1991年エセックス大学名誉博士[2]、1992年大英帝国勲章受章[3]、1994年勲一等瑞宝章受章。

来歴・人物[編集]

京都府亀岡盆地八木町出身。実家は呉服[4]。旧制京都府立園部中学校(京都府立園部高等学校の前身)を経て、1942年4月、旧制東京商科大学一橋大学の前身)予科入学[5]。クラスの同級生には速水優(元日本銀行総裁)や本間要一郎横浜国立大学名誉教授)、岡稔(元一橋大学教授)が、他クラスの同期に俳優の久米明がいる[6]

大学予科時代は小平市の一橋寮に居住し[7]、寮の同期に関恒義(一橋大学名誉教授)がいる[6]。また体育会バレーボール部の主将を務めた[8]。部の先輩には馬淵辰郎(元三菱石油社長)、村井勉(元アサヒビール社長)、米倉功(元伊藤忠商事社長)、荒川和夫(元サッポロビール社長)などがいた[9]

大学ではマルクス研究の高島善哉ゼミに所属[6]。短縮措置で1947年に大学を卒業し[6]、翌1948年三和銀行入行。同行では新宿支店長等を経て、ロンドン支店長や国際本部長を務め、国際派として知られた[10]

1982年赤司俊雄前頭取に続き、2人目の生え抜きの頭取に就任。就任当時58歳で、大手都市銀行では最年少での頭取就任であった[11]1985年からは会長兼頭取。国際金融や証券分野に力点を注ぎ、M&A仲介事業を開始[12]。1988年3月期決算では、営業利益部門で都市銀行2位を実現。

1986年にはアメリカ合衆国の経済誌「インスチチューショナル・インベスター」で、同年の優れた銀行家の一人に選ばれた[13]

1988年、頭取任期3期6年定年68歳とする内規に従い頭取を退任、後任頭取に渡辺滉を据え、会長専任となった[14]2010年7月4日、急性心不全にて逝去[15]享年86。

略歴[編集]

論文等[編集]

  • 「平成7年度〔一橋大学〕経済学部講演会 わが国における金融自由化の意義と特質」一橋論叢. 115(6) [1996.06]
  • 「高齢化社会と経済界 (高齢化社会と経済界<特集>) 」Keidanren. 42(10) [1994.10]
  • 「金融システムの将来ビジョン--経団連「金融・資本市場への期待と金融政策のあり方について」 (活力ある経済社会の創造<特集>)」Keidanren. 42(7) [1994.07]
  • 「こんにちは,広報委員長です-60-三和銀行会長川勝堅二経団連副会長財政金融委員長にきく--変革期には主体性と先を見通す目が必要」Keidanren. 42(5) [1994.05]
  • 「効率的な公共投資なくしては,豊かな21世紀を迎えることはできない--経団連意見書「21世紀に向けた社会資本形成のあり方に関する提言」」Keidanren. 40(7) [1992.07]
  • 「経済人の書生論-3-農業もソ連援助も市場原理で」 Will. 10(8) [1991.08]
  • 「川勝堅二経団連副会長・財政金融委員長に聞く--待ってはくれない高齢化」経団連月報. 39(5) [1991.05]
  • 「経済人の書生論-2-"内省の時代"の始まり--これでいいのか自民党のリーダーシップ」Will. 10(5) [1991.05]
  • 「経済人の書生論-1-激動する世界を読む--日本の「大戦略(グランドデザイン)」探し」Will. 10(2) [1991.02]
  • 「90年代を迎えての守成とは (1990年,21世紀への課題) -- (国際社会への貢献)」経済人. 44(1) [1990.01]
  • 「学生人気企業三和銀行頭取の,経営センス--川勝堅二(トップの顔) 」潮. (通号 345) [1988.01]
  • 「民間活力を生かす道 (民間活力の発揮と日本経済<特集>) 」経団連月報. 32(12) [1984.12]

脚注[編集]

  1. ^ 1987/02/17, 日本経済新聞
  2. ^ 1991/07/15, 日本経済新聞
  3. ^ 1992/09/15, 日本経済新聞
  4. ^ 1989/12/29, 日経金融新聞
  5. ^ 1981/11/02, 日経産業新聞
  6. ^ a b c d 「「戦争末期から戦後初期の東京商科大学」」第 9 回福田徳三研究会
  7. ^ 1982/02/26, 日本経済新聞
  8. ^ 1997/08/25, 日本経済新聞
  9. ^ 1985/07/02, 日本経済新聞、1983/04/19, 日本経済新聞 
  10. ^ 1988/05/30, 日本経済新聞
  11. ^ 1988/05/30, 日本経済新聞、1982/04/10, 日経産業新聞
  12. ^ 1983/11/14, 日経産業新聞
  13. ^ 1986/09/26, 日本経済新聞
  14. ^ 1988/05/23, 日経産業新聞、1988/05/24, 日経金融新聞、1988/05/30, 日本経済新聞
  15. ^ 元三和銀行頭取の川勝堅二さん死去 産経新聞 2010年7月8日閲覧
  16. ^ 1998/07/29, 日本経済新聞
  17. ^ 1987/02/17, 日本経済新聞
  18. ^ 1984/04/18, 日本経済新聞
  19. ^ 1992/09/15, 日本経済新聞
  20. ^ 1987/03/10, 日経産業新聞
  21. ^ 1987/04/25, 日本経済新聞、1987/04/17, 日経産業新聞
  22. ^ 1995/02/18, 日本経済新聞 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
赤司俊雄
三和銀行頭取
第7代:1982年 - 1988年
次代:
渡辺滉