マルクス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マルクス(Marcus)は、古代ローマ人の個人名であり、ローマの建国神話に深く関係する軍神マルスにちなんだ個人名である。

そもそもローマ人の個人名はバリエーションに乏しいが、その中でもマルクスは特に多く使われる個人名の一つとなっていた。この名前はそのギリシア語形が福音書の著者とされる人物マルコの名前であったことから、以後のキリスト教圏の命名にも広く影響を与え、英語マーカス (Marcus) やマーク (Mark, Marc)、ドイツ語のマルクス (Markus, Marchs) 、イタリア語マルコ (Marco) といった形で受け継がれた。ドイツ語ではマルクス (Marx) として姓にも転じた。

カール・マルクスの与えた社会的影響力の大きさから、日本語で単に「マルクス」といった時にはカール・マルクスを指すことが多い。

なお、前述の通りローマ人にマルクスの個人名を持つ者は多いが、ほとんどは他のローマ人同様、家族名や氏族名で呼ばれ、個人名「マルクス」は強調されない。マルクスの名がよく知られているのは、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲で知られるマルクス・アントニウス、同時代に同じ家族名を持つデキムス・ブルートゥスがいるマルクス・ブルートゥス、通常家族名を省略されて呼ばれるマルクス・アウレリウスなどに限られる。

マルクスの名を持つ著名人[編集]