高島善哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

高島 善哉(たかしま ぜんや、1904年7月13日 - 1990年1月10日)は、日本経済学者社会学者。専攻はマルクス主義及びアダム・スミス研究。一橋大学名誉教授、関東学院大学名誉教授。

人物[編集]

岐阜県出身。旧制岐阜中学校(現岐阜県立岐阜高等学校)首席を経て、1927年東京商科大学(現一橋大学)卒。大学では当初福田徳三ゼミナールに参加したが、福田の留学のため大塚金之助の指導を受けた。卒業論文「経済静学と経済動学の国民経済学的意義:ヨセフ・シュンペーターの研究」[1]だが、おもにマルクス主義アダム・スミスを研究した[2]

1927年指導教官大塚金之助の推薦を受け、母校東京商科大学助手に就任。東京社会科学研究所研究員兼務。1929年東京商科大学捕手に降格。

1933年、大塚金之助が逮捕され、同僚の杉本栄一も検挙される。同年高島も、マルクスの「剰余価値学説史」を翻訳し、日本共産党中央機関紙を購読していたことなどを理由に検挙され、留置場に数時間勾留された[3]

戦後、東京商科大教授、一橋大学法学社会学部社会学科長、1958年第3代一橋大学社会学部長。1968年、定年退官、名誉教授、関東学院大学教授[3]1981年、定年退任[3]

指導学生に長洲一二(元横浜国立大学教授、元神奈川県知事[4]水田洋名古屋大学名誉教授、日本学士院会員)、古賀英三郎(元一橋大教授)、山田秀雄(一橋大学名誉教授)、中村貞二東京経済大学名誉教授)、篠原三郎静岡大学名誉教授)、石原保徳(元岩波書店編集者)、山田高生成城大学名誉教授)[5]鈴木秀勇(一橋大学名誉教授)、黒沢惟昭(元東京学芸大学教授)[6]和田重司中央大学名誉教授)[7]富沢賢治(一橋大学名誉教授)[8]平田清明京都大学名誉教授)、長田五郎横浜市立大学名誉教授)、上野格(成城大学名誉教授)、井上周八立教大学名誉教授)、岡稔(元一橋大学教授)、本間要一郎(横浜国立大学名誉教授)、佐藤金三郎(元横浜国立大学教授)、北田芳治東京経済大学名誉教授)、藤森俊輔(元岡山大学教授)[9]川勝堅二(元三和銀行頭取、元経団連副会長)、村上一郎文芸評論家[10]安原和雄(元毎日新聞論説委員)、韮沢忠雄(元日本共産党しんぶん赤旗編集局長)、二瓶一郎(元新評論社長)[3][11]平尾光司(元日本長期信用銀行副頭取)[12]川上源太郎(元清泉女学院大学副学長)[13]など。経済学史家の高島光郎(横浜国立大学名誉教授)は子[14]

著書[編集]

  • 『経済社会学の根本問題 経済社会学者としてのスミスとリスト』日本評論社 1941 
  • 『アダム・スミスの市民社会体系』日本評論社 1947
  • 『経済社会学の構想』白日書院 1948 二十世紀教室
  • 『社会科学と人間革命 一つの社会科学入門』白日書院 1948 
  • 『新しい愛国心』弘文堂 1950
  • 『社会科学への道』弘文堂 1950 アテネ文庫  
  • 『社会科学と人間革命』勁草書房 1951
  • 『原典スミス「国富論」解説』春秋社 1953 
  • 『国民の生活と経済』御茶の水書房 1953
  • 『現代社会科学ノート』1954 河出文庫
  • 『社会科学入門』1954 岩波新書 
  • 『アダム・スミスの市民社会体系』1955 河出文庫
  • 『学生のための人生論』1956 青木新書
  • 『国民の社会科学』日本評論新社 1956 社会科学双書
  • 『青年と思想革命』理論社 1957 
  • 『近代社会科学観の成立 アダム・スミスの市民体系についての一研究』東京出版 1958
  • 『現代日本の考察 民族・風土・階級』竹内書店 1966 現代人叢書
  • 『アダム・スミス』1968 岩波新書  
  • 『民族と階級 現代ナショナリズム批判の展開』現代評論社 1970
  • 『実践としての学問 日本的知性批判のために』第三出版 1971
  • 『アダム・スミスの市民社会の体系』岩波書店 1974
  • 『マルクスとヴェーバー 人間、社会および認識の方法』紀伊国屋書店 1975
  • 『現代国家論の原点 富の支配と権力の支配』新評論 1979
  • 『社会科学の再建 人間と社会を見直す目』新評論 1981
  • 『自ら墓標を建つ 私の人生論ノート』秋山書房 1984
  • 『時代に挑む社会科学 なぜ市民制社会か』岩波書店 1986
  • 『市民社会論の構想』山田秀雄編 新評論 1991
  • 『価値論の復位』渡辺雅男編 こぶし書房 1995 こぶし文庫 戦後日本思想の原点
  • 高島善哉著作集』全9巻 渡辺雅男責任編集 こぶし書房 1997-98 

共編著[編集]

  • 『新経済理論の課題 上』千種義人,都留重人共著 東洋経済新報社 1947 東洋経済講座叢書
  • 『アダム・スミス』編 山根書店 1950 近代精神叢書
  • 『スミス国富論講義』全5巻 編 春秋社 1950-51
  • 『社会科学 見かた・考えかた』長洲一二共著 青春出版社 1957 青春新書
  • 『社会科学はいかに学ぶべきか』水田洋,長洲一二共著 春秋社 1959
  • 『社会科学基本用語辞典』編 春秋社 1962
  • 『社会科学講義 社会科学はいかに学ぶべきか』編 春秋社 1962
  • 『社会思想史概論』水田洋,平田清明共著 岩波書店 1962
  • 『社会科学新事典』水田洋,長洲一二共編 河出書房新社 1964
  • 『近代化の社会経済理論』編著 新評論 1968
  • 『市民社会の論理と現代』清水嘉治共編著 新評論 1978
  • 『現代の社会科学』編著 春秋社 1989 現代社会科学叢書

翻訳[編集]

  • ザーリン『国民経済学史』三省堂 1935 
  • ザリーン『経済学史の基礎理論』三省堂 1944
  • アダム・スミス『グラスゴウ大学講義』水田洋共訳 日本評論社 1947
  • R.シュレジンガー『マルクス主義と現代』上巻 本間要一郎共訳 河出書房 1956
  • マルクス「ヘーゲル法哲学批判序説」「フォイエルバッハについての十一のテーゼ」高島光郎共訳『世界の大思想』河出書房、1967 

参考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 上岡修「高島善哉の「経済社会学」への旅立ち : 学問的世界の形成過程を探る」成城大學經濟研究 159, 55-73, 2003-01-20
  2. ^ 「高島 善哉」日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」
  3. ^ a b c d 「社会科学者・高島善哉に今学ぶこと 激動の「昭和」を生き抜いた生涯 安原和雄」
  4. ^ 佐藤弘「社会科と社会科学 : 高島善哉の発言を中心に」山梨学院大学
  5. ^ 上岡修「高島善哉の「経済社会学」への旅立ち : 学問的世界の形成過程を探る」成城大學經濟研究 159, 55-73, 2003-01-20
  6. ^ 「「まえがき」にかえて」『グラムシの教育思想―マルクスもいいけどグラムシもいいとおもうよ』
  7. ^ [1]
  8. ^ [2]
  9. ^ 「修士課程」
  10. ^ 桶谷秀昭「村上一郎『草莽論』解説」筑摩書房
  11. ^ 「「戦争末期から戦後初期の東京商科大学」」第 9 回福田徳三研究会
  12. ^ 「平尾光司教授退職記念研究会記録 」専修大学社会科学研究所月報
  13. ^ 「昭和38年度学位授与・単位修得論文」
  14. ^ 内田弘 「晴耕雨読の暮らしが待っている-定年退職を迎えて-」専修大学社会科学研究所月報