大塚金之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大塚 金之助(おおつか きんのすけ、1892年5月15日 - 1977年5月9日)は日本の経済学者一橋大学名誉教授、日本学士院会員経済学史学会発起人。

人物[編集]

東京生まれ。旧制神戸中学校神戸高等商業学校(現神戸大学)を経て、1916年東京高等商業学校(現一橋大学)卒。

1916年東京高等商業学校講師嘱託、1917年同教授。1924年東京商科大学(現一橋大学)助教授、1927年同教授。

1933年、治安維持法違反で東京商科大学教授職を追われるが戦後復帰。岩波新書戦後第1号『解放思想史の人々』を執筆。

1950年日本学士院会員、1956年一橋大学定年退官、名誉教授、1957年明治学院大学教授。

アララギ派歌人としても知られたが、戦時中から戦後に自由律に移行。

門下[編集]

主な弟子に高島善哉(一橋大学名誉教授)、水田洋(名古屋大名誉教授)、杉山忠平(元一橋大学教授)、末永隆甫神戸商科大学元学長、北九州市立大学元学長)、都築忠七(一橋大学名誉教授)、富永祐治大阪市立大学名誉教授)、良知力(元一橋大学教授)などが挙げられる。

著書[編集]

  • 世界経済恐慌と国際消費組合 鉄塔書院 1931
  • 世界資本主義発達史文献解題 岩波書店 1932 (日本資本主義発達史講座 第4部 日本資本主義発達史資料解説)
  • 資本蓄積と経済恐慌 渡辺謙吉共著 岩波書店 1932 (日本資本主義発達史講座 第2部 資本主義発達史)
  • 経済思想史(要領) 岩波書店 1933 (日本資本主義発達史講座 第2部 資本主義発達史)
  • 解放思想史の人々 国際ファシズムのもとでの追想一九三五-四〇年 1949 (岩波新書)
  • 岩波小辞典社会思想 編 岩波書店 1956
  • 人民 歌集 新評論 1979.7
  • 大塚金之助著作集 全10巻 岩波書店 1980-81
  • 朝あけ 歌集 復刻版 大塚会 2006.5

翻訳[編集]

  • 経済学原理 アルフレッド・マーシアル 佐藤出版部 1919
  • ゲーテ批判 ウイツトフオーゲル 隆章閣 1933

参考文献[編集]