黒沢惟昭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

黒沢 惟昭(くろさわ のぶあき、1938年10月25日 - )は、日本の教育学者。東京学芸大学教育学部教授、財団法人神奈川県高等学校教育会館教育研究所代表[1]等を経て、中国東北師範大学名誉教授。

来歴[編集]

長野県長野市生まれ[2]。1965年一橋大学社会学部卒業[3]高島善哉鈴木秀勇の指導を受けた。1969年東京大学大学院教育学研究科博士課程単位取得満期退学[3]。指導教官は宮原誠一[4]。2010年「現代に生きるグラムシ 市民的ヘゲモニーの思想と現実」で一橋大学博士(社会学)。審査員加藤哲郎関啓子平子友長[5]

1969年本州大学(現長野大学)経済学部専任講師[6]、1972年助教授。神奈川大学外国語学部教授を経て、2001年に東京学芸大学教育学部教授を定年退官。山梨学院大学大学院社会科学研究科教授[3]、同大学生涯学習センター長を経て[7][8]、2007年から長野大学に戻り、社会福祉学部教授[6][3]。2008年東北師範大学名誉教授[9]。2011年長野大学定年退職[6]

この間、東京大学京都大学新潟大学山形大学信州大学等で非常勤講師を務めた[2]。日本社会教育学会名誉会員[2]。公益財団法人川崎市生涯学習財団評議員[2]

著書[編集]

  • 『疎外と教育』新評論 1980
  • 『国家と道徳・教育 物象化事象を読む』青弓社 1989
  • 『グラムシと現代日本の教育』社会評論社 1991
  • 『市民社会と生涯学習 自分史のなかに「教育」を読む』明石書店 1999
  • 『国家・市民社会と教育の位相 疎外・物象化・ヘゲモニーを磁場にして』御茶の水書房 2000
  • 『疎外と教育の思想と哲学』理想社 2001
  • 『教育改革の言説と子どもの未来 教育学と教育運動の間』明石書店 2002
  • 『人間の疎外と市民社会のヘゲモニー 生涯学習原理論の研究』大月書店 2005
  • 『現代に生きるグラムシ 市民的ヘゲモニーの思想と現実』大月書店 2007
  • 『アントニオ・グラムシの思想的境位 生産者社会の夢・市民社会の現実』社会評論社 2008
  • 『生涯学習と市民社会 自分史から読み解く「教育学」の原点』福村出版 2008
  • 『生涯学習とアソシエーション 三池、そしてグラムシに学ぶ』社会評論社 2009
  • 『生涯学習論の磁場 現代市民社会と教育学の構想』社会評論社 2011
  • 『東北アジア共同体の研究 平和憲法と市民社会の展開』明石書店 明石ライブラリー 2013
  • 『人間の疎外と教育 教育学体系論への前哨』社会評論社 2013

共編著[編集]

  • 『続・日本文化』湯田豊共著 神奈川新聞社出版局 1986 神奈川大学人文学研究叢書
  • 『生涯学習時代の社会教育』編著 明石書店 1992
  • 『グラムシと現代世界 20世紀を照らす思想の磁場』片桐薫共編 社会評論社 1993
  • 『生涯学習時代の人権』森山沾一共編 明石書店 1995
  • 『教育総研理論講座・21世紀を拓く教育 第3巻 教育の未来をつくる』鎌倉孝夫共編 明石書店 1996
  • 『苦悩する先進国の生涯学習』佐久間孝正共編著 社会評論社 1996
  • 『生涯教育入門 学ぶということ・知るということ』長浜功共著 明石書店 1997
  • 『生涯学習と人権 理論と課題』上杉孝實共編著 明石書店 1999
  • 『学校選択の自由化をどう考えるか』池上洋通,久冨善之共著 大月書店 2000
  • 『現代中国と教師教育 日中比較教育研究序説』張梅共著 明石書店 2000
  • 『世界の教育改革の思想と現状』佐久間孝正共編 理想社 2000

翻訳[編集]

  • ジョージ・J.アンドレオポーロス,リチャード・ピエール・クロード編著『世界の人権教育 理論と実践』監訳 明石書店 1999
  • ノルベルト・ボッビオ『グラムシ思想の再検討 市民社会・政治文化・弁証法』小原耕一,松田博共訳 御茶の水書房 2000
  • ピーター・ジャービス『国家・市民社会と成人教育 生涯学習の政治学に向けて』永井健夫共監訳 明石書店 明石ライブラリー 2001

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「教育研究所員名簿」
  2. ^ a b c d 「著者略歴」『グラムシの教育思想―マルクスもいいけどグラムシもいいとおもうよ』
  3. ^ a b c d 「著者略歴」『アントニオ・グラムシの思想的境位』
  4. ^ 「「まえがき」にかえて」『グラムシの教育思想―マルクスもいいけどグラムシもいいとおもうよ』
  5. ^ 「博士論文審査要旨」一橋大学社会学研究科
  6. ^ a b c 「社会福祉学部 黒澤惟昭教授、本学で最後の講義」長野大学
  7. ^ 「著者略歴」『人間の疎外と市民社会へのヘゲモニー』
  8. ^ 「黒沢惟昭先生のご退職に寄せて (黒沢惟昭教授退職記念号)」山梨学院大学法学論集 61, 1-2, 2008-03-10
  9. ^ 「黒沢惟昭教授、中国東北師範大学名誉教授に」長野大学

参考文献[編集]