中村貞二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中村 貞二
人物情報
生誕 1930年
日本の旗 日本 兵庫県武庫郡御影町(現・神戸市
国籍 日本の旗 日本
出身校 山口大学経済学部卒業
一橋大学大学院社会学研究科博士課程満期退学
学問
研究分野 社会学
研究機関 山口大学
東京経済大学
博士課程
指導教員
高島善哉
学位 一橋大学経済学博士
称号 東京経済大学名誉教授
主要な作品マックス・ウェーバー研究』(未来社、1972年)
テンプレートを表示

中村 貞二(なかむら ていじ、1930年 - )は、日本の社会学者東京経済大学名誉教授。経済学博士(1960年、一橋大学にて取得)。

略歴[編集]

兵庫県武庫郡御影町(現・神戸市)生まれ。1953年山口大学経済学部卒業。1958年に一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了[1]。1960年「フリードリッヒ・マイネッケ研究」で一橋大学経済学博士[2]高島善哉門下である。山口大学助教授、東京経済大学教授を歴任。2002年、同大学を定年退官。同大学名誉教授[3]である。

研究・書籍[編集]

著書[編集]

  • 『フリードリッヒ・マイネッケ研究 その歴史的政治的思考における国民国家とヨーロッパ的世界』一橋大学一橋学会 学位論文叢書 1965
  • マックス・ヴェーバー研究』未来社 1972
  • 『ヴェーバーとその現代』世界書院 1987

翻訳[編集]

  • ウェーバー『取引所』柴田固弘共訳 未来社 社会科学ゼミナール 1968
  • ヴォルフガング・J・モムゼン『マックス・ヴェーバー 社会・政治・歴史』米沢和彦,嘉目克彦共訳 未来社 1977
  • ウェーバー『政治論集』1-2 脇圭平山田高生、嘉目克彦、林道義共訳 みすず書房 1982

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「中村貞二」みすず書房
  2. ^ 一橋大学 , 経済学博士 , 甲第4号 , 1960-03-28
  3. ^ 中村貞二教授略歴ならびに著作目録 (中村貞二教授退任記念号)『東京経大学会誌 経済学』2002