平田清明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平田 清明(ひらた きよあき、 1922年8月17日 - 1995年3月1日)は、日本の経済学者高島善哉ゼミ出身で、専門は経済史マルクス経済学[1][2]京都大学名誉教授

市民社会論を展開[2]。元経済理論学会全国幹事。 京都西山の自然と文化を守る会会長、フォーラム90s呼びかけ人、トロツキー50周年実行委員会世話人等も務めた。

杉本苑子直木賞を受賞した「孤愁の岸」で書いた宝暦の木曾三川の大治水普請(宝暦治水事件)の総奉行、薩摩藩家老平田靱負(ゆきえ)の末裔。

略歴[編集]

弟子[編集]

名古屋大時代の弟子に山田鋭夫名古屋大教授、八木紀一郎京都大教授、植村邦彦関西大教授、若森章孝関西大名誉教授[3]斉藤日出治大阪産業大名誉教授[4]が、神奈川大学時代の弟子に丹野清人首都大学東京教授がいる[5]

叙勲歴[編集]

1995年3月28日正四位勲二等瑞宝章

親族[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『経済科学の創造――「経済表」とフランス革命』(岩波書店, 1965年)
  • 『市民社会と社会主義』(岩波書店, 1969年)
  • 『経済学と歴史認識』(岩波書店, 1971年)
  • 『社会形成の経験と概念』(岩波書店, 1980年)
  • 『コンメンタール『資本』』(日本評論社, 1980年)
  • 『経済学批判への方法叙説』(岩波書店, 1982年)
  • 『新しい歴史形成への模索』(新地書房, 1982年)
  • 『異文化とのインターフェイス』(世界書院, 1987年)
  • 『自由時間へのプレリュード』(世界書院, 1987年)
  • 『市民社会とレギュラシオン』(岩波書店, 1993年)
  • 『市民社会思想の古典と現代――ルソー、ケネー、マルクスと現代市民社会』(有斐閣, 1996年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『社会思想史』(青林書院新社, 1979年)
  • 『経済原論――市民社会の経済学批判』(青林書院新社, 1983年)

共編著[編集]

  • (山田鋭夫・八木紀一郎)『現代市民社会の旋回』(昭和堂, 1987年)

訳書[編集]

  • ジャン・バビー『経済学の基本原理』(大月書店, 1953年)
  • ガローデイ『近代フランス社会思想史』(ミネルヴァ書房, 1958年)
  • A・トゥレーヌ『ポスト社会主義』(新泉社, 1982年)
  • ジャック・アタリ『情報とエネルギーの人間科学――言葉と道具』(日本評論社, 1983年)
  • 『ケネー経済表』(岩波書店, 1990年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 安原和雄「社会科学者・高島善哉に今学ぶこと 激動の「昭和」を生き抜いた生涯」
  2. ^ a b 「平田清明 ひらた-きよあき」デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて
  3. ^ [1]
  4. ^ 斉藤日出治『グローバル化を超える市民社会――社会的個人とヘゲモニー』新泉社、2010、244p
  5. ^ 「平田さんの薩摩びいき」