パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パンダ・コパンダ 雨ふりサーカスの巻』(パンダ・コパンダ あめふりサーカスのまき)は東京ムービーの劇場用中編アニメーション。1973年3月17日公開、カラー38分。劇場用中編アニメーション『パンダコパンダ』の続編として制作された。

なお全く同じ日には「東映まんがまつり」でも、長編アニメ『パンダの大冒険』(制作:東映動画。演出:芹川有吾)が公開し、期せずしてパンダ映画同士がぶつかる形となった。

ストーリー[編集]

一つ屋根の下で暮らすミミ子とパパンダ、パン親子の家に、一匹のトラの子が迷い込む。その子トラは近所に巡業して来たサーカス団から逃げ出したトラだった。それが切っ掛けとなり、ミミ子達はサーカスへ招待されることになる。だがその晩は大雨が降り、朝になると辺り一面家を覆うほどの大洪水とになっていた。ミミ子達は、洪水のために立ち往生していたサーカス団の動物達を救うため、ベッドをいかだ代わりに助けに向かう。

スタッフ[編集]

声の出演[編集]

備考[編集]

  • パン役の太田淑子は、『パンダの大冒険』でも子パンダのロンロンを演じている。

同時上映[編集]

外部リンク[編集]