スタジオコクピット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有限会社スタジオコクピットは、アニメーション制作のうち、作画作業の請負を主な事業内容とする日本の企業である。

概要[編集]

朝日フィルム、スタジオ・エイトで演出助手として所属していたアニメ演出家の山口秀憲(エイケン所属の制作プロデューサーである山口秀憲とは同姓同名の別人)が1978年3月に設立した作画・仕上スタジオである。かつては練馬にスタジオを構えていたが、現在の桜台に移転している。また、名古屋にも人材育成も兼ねたスタジオが存在したが、後に閉鎖した。1983年11月には関連会社として、仕上げスタジオのスタジオピーコックを設立した。

作画のみならず仕上げ作業も請ける場合がある。所属するアニメーターはそれぞれ独自の個性を持ち、技術も高く、スタジオジブリ作品などにも多数参加している。作画下請けとしては絶大な信用を得ている老舗の会社である。

多くの作品の場合、「スタジオコクピット」「スタジオコクピッド」「スタジオコックピット」「スタジオ・コックピット」「コクピット」「Studio Cockpit」とクレジットされる。

主な参加作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

WEBアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場映画[編集]

ゲーム[編集]

関連人物[編集]


参考文献[編集]

  • 「スタジオプロフィールコラム20 有限会社スタジオコックピット」『Animage アニメポケットデータ2000』リスト製作委員会編、徳間書店、2000年、p.110

関連項目[編集]