Pokemon Radio Show! ロケット団ひみつ帝国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「Pokémon Radio Show! ロケット団ひみつ帝国」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
Pokémon Radio Show!
ロケット団ひみつ帝国
ジャンル アニラジ
ラジオ
放送期間 2012年7月1日 - 12月23日
放送局 InterFM
あにてれ
アニメイトTV
キッズステーション
放送時間 毎週日曜日 19:00 - 19:30 (InterFM)
放送回数 全26回
パーソナリティ ムサシ(声 - 林原めぐみ
コジロウ(声 - 三木眞一郎
ニャース(声 - 犬山イヌコ
サトシ(声 - 松本梨香)(14回のみ)
構成作家 三間雅文
テンプレート - ノート

Pokémon Radio Show! ロケット団ひみつ帝国』(ポケモンラジオショー! ロケットだんひみつていこく)は、InterFMアニメイトTVあにてれキッズステーションWEBラジオで放送されていたラジオ番組。

概要[編集]

テレビアニメ「ポケットモンスターシリーズ」に登場する組織「ロケット団」のボスであるサカキの野望・世界征服を叶えるため、団員であるムサシ(声 - 林原めぐみ)・コジロウ(声 - 三木眞一郎)・ニャース(声 - 犬山イヌコ)の3人が、「全世界70億人をロケット団員の一員にすること」を目的としたという設定で放送されているラジオ番組である。なお、ロケット団と林原・三木・犬山とは友人関係という設定にある。

番組放送開始の発表に先行する6月2日に、Twitterの公式アカウントが開設されている[1]

「ポケットモンスターシリーズ」の音響監督である三間雅文の発案であると共に[2][3] 、構想に1年半かかったとのこと[4]。また、三間は構成も担当する[5]

一般的なラジオ番組と同じく合間にはCMが挟まれ、そのナレーションは『ポケットモンスター ベストウイッシュ』の登場人物が務めている。Twitterの公式アカウントでは、ノボリ・クダリがなにかしらラジオに関わるかのような事をほのめかす呟きがあった[6]。なお、このCMはアニメイトTV・あにてれ・キッズステーションでのネット配信版ではカットされている。また、著作権の都合で一部の楽曲もネット配信版ではカットされている。

9月30日に放送された第14回はタイトルが『Pokémon Radio Show! サトシのポケモンゲットだぜ!』(ポケモンラジオショー! サトシのポケモンゲットだぜ!)となっており、当番組をサトシ(声 - 松本梨香)がジャックしたという設定になっている。

放送時間[編集]

放送局 放送日時 放送時間 備考
InterFM 2012年7月1日 - 12月23日 日曜 19:00 - 19:30
アニメイトTV 2012年7月2日 - 12月24日 月曜 更新 バックナンバー配信は最新回のみ
あにてれ バックナンバー配信は最新2回分のみ
キッズステーション

コーナー[編集]

ポケモンの育て屋さん、いらっしゃーい
(第1回-、ただし第13・14・最終回では変則放送)
ポケモンを育てるスペシャリスト(アニメ「ポケットモンスターシリーズ」出演声優)をゲストに迎え、話を聞くコーナー。
ゲストはパーソナリティとラップで掛け合いをしながら自己紹介する。
第13回ではヤマト・コサブロウがパーソナリティを務めゲストに林原めぐみと三木眞一郎の二人を迎えたが、ニャースの夢でだったため自己紹介のみで終わった。
第14回は松本がパーソナリティを務めた関係上「今週のゲストは、キミに決めた」というタイトルでほぼ同一の内容が放送された。
最終回ではゲストの椿姫がポケモンの声優ではなくロケット団のファンであったため、「ロケット団大好きさん、いらっしゃーい」というタイトルで放送された。
ロケット団知識チェック ぎゅうっと短いイントロクイズ
(第1・2・6・8・11・13・16回)
ポケモンソングのイントロクイズ。ニャースが出題役、ムサシ・コジロウが回答役となる。ポケモンの名前を3匹挙げ、回答権を得て曲名を答える。問題で使用する音源は通常のイントロに加えて倍速や逆再生といった加工が施されている場合がある。外れると罰ゲームとして洗濯バサミを付けられてしまう。ただし、ダミーとしてポケモンで使用されていない曲が流れたこともあった。
QQ指令 先取り 新アイテムためしてなんぼのコーナー
(第2・3・4・5・7・11・18・19・21・23回)
ロケット団新兵器開発部・QQ(ダブルキュー)のゲットした新アイテムを試用し、その感想を本部へと送る事を目的としたコーナー。新アイテムの画像は放送中にツイッターで投稿される。
ポケモン知識チェック 描いて泣いてマルマインのコーナー
(第12・13・17・20・22・24・25回)
ロケット団がどのくらいポケモンを知っているか、どれくらい覚えているかチェックするコーナー。お題のポケモンの絵を30秒以内に描き、それを当てるクイズ。外れると罰ゲームとして洗濯バサミを付けられてしまう。放送中ツイッターのアカウントに描いた絵の画像を投稿し、視聴者も一緒に考えることが出来るようにしている。
一気に振り返る、ポケモン15年
(第14回のみ)
松本が歴代のポケモンソングを独断と偏見で厳選して、ランキング形式で発表する。

放送リスト[編集]

回数 放送日 ゲスト CM担当者 備考
第1回 2012年
7月1日
大谷育江ピカチュウ役) ノボリ、クダリ(サブウェイマスター)
(声 - 佐藤健輔、古島清孝)
第2回 7月8日 石塚運昇オーキド博士役)
第3回 7月15日 中島愛メロエッタ役)
第4回 7月22日 うえだゆうじタケシ役)
第5回 7月29日 山寺宏一コバルオン役)
第6回 8月5日 小林幸子ガルーラ役)
第7回 8月12日 宮野真守デント役) ゲスト外で中川翔子ケルディオ役)が終盤に電話出演
第8回 8月19日 かないみかプリン役)
第9回 8月26日 佐藤健輔ノボリ役)
古島清孝クダリ役)
第10回 9月2日 悠木碧アイリス役)
第11回 9月9日 愛河里花子ゼニガメ役)
第12回 9月16日 豊口めぐみヒカリ役)
第13回 9月23日 勝生真沙子ヤマト役)
子安武人コサブロウ役)
三宅健太サカキ役)[7][8]
ヤマト・コサブロウが冒頭部パーソナリティ
第14回 9月30日 飯塚雅弓カスミ役) サトシ(声 - 松本梨香[9]がパーソナリティ
第15回 10月7日 小桜エツコポッチャマ役) ジョーイ、ジュンサー
花園歌劇団[10]
(どちらも声 - 藤村知可、たかはし智秋)
ゲスト外でたなかひろかずが終盤に出演
第16回 10月14日 たかはし智秋ジュンサー役)
第17回 10月21日 こおろぎさとみトゲピー役)
第18回 10月28日 阪口大助マスキッパ役)
第19回 11月4日 井上喜久子トゲキッス役) ポケモンメイトインフォメーション[11]
ジョーイ、ジュンサー
(どちらも声 - 藤村知可、たかはし智秋)
第20回 11月11日 水田わさびチャオブー役)
第21回 11月18日 福圓美里ミジュマル役)
第22回 11月25日 西村ちなみワニノコ役)
第23回 12月2日 伊東みやこラッキー役)
第24回 12月9日 藤村知可ヤナップ役)
第25回 12月16日 渡辺明乃ズルッグ役)
最終回 12月23日 椿姫彩菜

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ロケット団ひみつ帝国??? - ポケモン映画公式サイト オフィシャルブログ、2012年6月11日閲覧
  2. ^ 三間雅文のTwitter 2012年5月6日 7:04の発言
  3. ^ 三間雅文のTwitter 2012年5月6日 7:11の発言
  4. ^ 三間雅文のTwitter 2012年6月9日 11:11の発言
  5. ^ 三間雅文のTwitter 2012年6月22日 2:10の発言
  6. ^ ロケット団ひみつ帝国のTwitter 2012年6月19日 5:13の発言
  7. ^ アニメイトTV(2012年9月24日閲覧)での表記。勝生(ヤマト)と子安(コサブロウ)は番組冒頭のパーソナリティとして、三宅(サカキ)は番組終盤にムサシ・コジロウ・ニャースへの緊急電話という形でそれぞれ出演。
  8. ^ 三宅は第14回の冒頭および第25回と最終回の終盤にサカキ役として出演した。ただし、第13・14回分はサカキ本人ではなく変声機を用いたサトシの工作であった。
  9. ^ 第13回の提供読みも担当しており、登場が示唆されていた。
  10. ^ アニメ本編(BWシーズン2)に登場した花園歌劇団のキャラクターとして担当。アニメ本編とは担当した声優が異なる(アニメ本編では沢城みゆき西村ちなみ平田絵里子)。
  11. ^ アニメイトで販売されるグッズの宣伝告知。特定のアニメキャラクターを定めず、藤村・たかはしがナレーションを行った。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

InterFM 日曜19:00 - 19:30枠
前番組 番組名 次番組
  • 24:00 - 24:30枠に繰り下げ
Pokémon Radio Show!
ロケット団ひみつ帝国