福島大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
福大祭から転送)
移動: 案内検索
福島大学
正門
正門
大学設置 1949年
創立 1874年
学校種別 国立
設置者 国立大学法人福島大学
本部所在地 福島県福島市金谷川1番地
キャンパス 金谷川(福島県福島市)
学部 人文社会学群
理工学群
研究科 人間発達文化研究科
地域政策科学研究科
経済学研究科
共生システム理工学研究科
ウェブサイト 福島大学公式サイト
テンプレートを表示

福島大学(ふくしまだいがく、英語: Fukushima University)は、福島県福島市金谷川1番地に本部を置く日本国立大学である。1949年に設置された。大学の略称は地元では福大(ふくだい)で通用するが、他の地域では福島大が使用されている。

概観[編集]

大学全体[編集]

第二次世界大戦後に学制改革が行われた際、旧制の福島高等商業学校福島師範学校福島青年師範学校を母体として成立した大学。人文社会学群・理工学群の2学群からなるが、母体となった旧制教育機関が人文社会学系であったため、文系色が濃い。理工学系は2004年に新設。

理念[編集]

大学運営の基本原則[編集]

以下を大学運営の理念として掲げている。

  • 自由・自治・自立の精神の尊重
  • 教育重視の人材育成大学
  • 文理融合の教育・研究の推進
  • グローバルに考え地域とともに歩む

福島大学憲章[編集]

また、福島大学憲章(ふくしまだいがくけんしょう)は福島大学において、大学の構成員(学生・教職員)の過半数の署名によって2004年1月27日に成立した大学憲章である。福島大学の今後の姿、その精神を明確にしたもので、「自由な知を育む生活の場」、「大学の自治」、「社会的責任」の観点から決意を表している。また、大学づくりについて、学生、教員、職員がそれぞれの立場から参加する意思及び権利を主張している。

制定された直後の入学式において、当時の学長は式辞のなかで「大学憲章を尊重する」旨を述べるものの、その後独自に「新生福島大学宣言」を発表したため、憲章の位置づけが曖昧になった。ただし、「憲章」と「宣言」の内容については類似点が多い。

教育および研究[編集]

大学としては社会人教育を重視しており、旧短期大学部夜間部(経営学科)に始まり、行政社会学部・経済学部に夜間主コースを経て、現在は3学類括り募集の人文社会学群夜間主コースを設けている。

学風および特色[編集]

旧学部時代より、学群学類を越えた講義やプログラム・研究等の交流が強いことが挙げられる。

沿革[編集]

略歴[編集]

福島高等商業学校を前身とする福島経済専門学校と福島師範学校・福島青年師範学校が統合されて1949年5月に発足した。福島経済専門学校を母胎として経済学部が、福島師範学校と福島青年師範学校を母胎として学芸学部が設置された。経済学部は経済経営学類の前身であり、学芸学部は教育学部に改称した後人間発達文化学類となった。1987年10月には行政政策学類の前身となる行政社会学部が設置され、2004年10月に3学部制から2学群・4学類・12学系に改組された。

年表[編集]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

元々は福島市松川町浅川であったが、最寄り駅として馴染みのある金谷川に福島大学の敷地のみを改称した。元来は当地周辺が合併してできた旧金谷川村(金沢村+関谷村+浅川村)のことであり、駅名もこれに由来する。

象徴[編集]

交通アクセス[編集]

  • JR東北本線 金谷川駅下車徒歩10分
    • 基本的には、JR東北線を使うことが多い。ただし自然災害の影響で電車が止まることが多いため下記の交通手段(バス)も存在する。
  • 福島交通 路線バス
    • 医大経由二本松線『福島大学前』バス停徒歩5分
    • 伏拝経由蓬莱団地線他『蓬莱西口』バス停徒歩25分
    • 金谷川-医科大学前線『金谷川駅』バス停徒歩10分
      • 福島方面から来る場合『福島大学前』バス停は本数が少ないため、『蓬莱西口』の方が利便性は高い。しかし大学からは遠い。
      • 『金谷川駅』バス停は『医科大学前』(福島県立医科大学)バス停との間に運行されている。現在1日4往復のみ。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学生は学類に、教員は学系に所属する。学類と学系には直接的な関連はなく、各学系は異なる学類を担当する教員で構成されている。

学群・学類[編集]

人間発達文化学類・共生システム理工学類入り口
行政政策学類棟
経済経営学類棟
  • 人文社会学群
人間発達文化学類(にんげんはったつぶんかがくるい)は、教育学部を改組して、2004年10月に設置された。人間発達専攻・文化探究専攻・スポーツ芸術専攻の3専攻で構成されている。
  • 人間発達専攻
人間発達専攻には、学習支援クラス、教育探究クラス、人間科学クラス、特別支援クラス、子育て支援クラスが置かれ、2年次から各クラスに分かれる。
  • 文化探究専攻
文化探究専攻には、言語文化クラス、地域生活文化クラス、数理科学クラスが置かれ、2年次から各クラスに分かれる。
  • スポーツ芸術専攻
スポーツ・芸術専攻には、スポーツ探究クラス、生涯スポーツクラス、芸術文化クラスが置かれ、2年次から各クラスに分かれる。
  • 法学専攻
行政法を中心に、法学を学ぶ。
  • 地域と行政専攻
地方自治、政治学、行政学に重きを置く。
  • 社会と文化専攻
社会学分野に重点を置く。卒業時の学位記は「社会学」である(他の2専攻は「法学」)。
  • 経済経営学類- 旧経済学部。2年次後期から各専攻に分かれる。
  • 経済分析専攻
  • 経済分析コース
  • 国際地域経済専攻
  • 国際比較経済コース
  • 地域経済政策コース
  • 企業経営専攻
  • ビジネス・アカウンティングコース
  • ビジネス・マネジメントコース
  • 現代教養コース - 旧・行政社会学部及び経済学部夜間主コースを改組。主として社会人が対象の夜間主コースで、1年次終了時のモデル選択に基づき、所属学類が決まる。
  • 文化教養モデル
人間発達学類に所属。
  • コミュニティ共生モデル
行政政策学類に所属。昼間主コースの法律専攻・地域と行政専攻にあたる。旧行政社会学部・地域と政策コース。
  • 法政策モデル
行政政策学類。昼間主コースの地域と行政・社会と文化専攻にあたる。旧行政社会学部・地域と共生コース。
  • ビジネス探求モデル
経済経営学類に所属。
  • 理工学群
旧教育学部の一部及び経済学部・行政社会学部の自然科学系講座を母胎として、2004年10月に設立された。2年次から各専攻に分かれる。
  • 人間支援システム専攻
情報や機械、電子を融合した人間支援技術を開発する人材の育成を目ざす。「ヒューマンサイエンス」、「メカトロニクス」、「コンピュータサイエンス」の3領域の科目群がある。
  • 産業システム工学専攻
省資源、循環型社会を創造する人材の育成を目ざす。「数理科学・経営工学」、「物質科学・製造技術」の科目群がある。
  • 環境システムマネジメント専攻
水と土地をめぐる環境問題を中心にして考えられる人材の育成を目ざす。

大学院[編集]

  • 人間発達文化研究科(修士課程。2009年4月に「教育学研究科」から改組された)
    • 教職教育専攻
      • 領域
        • 学校教育
        • カリキュラム開発
    • 地域文化創造専攻
      • 領域
        • 日英言語文化
        • 地域生活文化
        • 数理科学
        • スポーツ健康科学
        • 芸術文化
    • 学校臨床心理専攻
      • 領域
        • 臨床心理
        • 学校福祉臨床
  • 地域政策科学研究科(修士課程)
    • 地域政策科学専攻
      • 履修分野
        • 地方行政
        • 社会経済法
        • 行政基礎法
        • 社会計画
        • 地域文化
  • 大学院経済学研究科(修士課程)
    • 経済学専攻
      • コース[1]
        • 経済学・経済史コース
        • 国際経済経営コース
          経営学専攻の学生も履修できる。
        • 地域経営経済コース
          経営学専攻の学生も履修できる。地域産業復興の担い手となるエキスパートを養成するとして、2013年度に「地域産業復興プログラム」を開設。「放射線対策学」、「災害復興と公共経済学」、「原子力災害と地方財政論」といった科目がある。 
      • モデル[2]
        • 修士論文研究モデル
        • 実務家・特定課題研究モデル
          主に社会人を対象としたモデルで、修士論文の提出を修了要件とはせず、職業経験や実務経験などと関連した特定課題について研究レポートを作成し、審査を経て修了する。
    • 経営学専攻
      • コース[3]
        • 国際経済経営コース
        • 地域経営経済コース
        • 経営管理コース
        会計専門家を養成するとして、2013年度に「会計税務プログラム」を開設。
      • モデル[4]
        • 修士論文研究モデル
        • 実務家・特定課題研究モデル
  • 大学院共生システム理工学研究科(博士前期課程・後期課程)
    • 共生システム理工学専攻
      • 前期課程の分野
        • 人間-機械システム
        • 産業システム
        • 環境システム
        • 数理・情報科学
        • 物質科学
        • 再生可能エネルギー
      • 後期課程の領域
        • 共生機械システム
        • 産業共生システム
        • 環境共生システム

学系[編集]

  • 人間・心理学系
  • 文学・芸術学系
  • 健康・運動学系
  • 外国語・外国文化学系
  • 法律・政治学系
  • 社会・歴史学系
  • 経済学系
  • 経営学系
  • 数理・情報学系
  • 機械・電子学系
  • 物質・エネルギー学系
  • 生命・環境学系

附属機関[編集]

  • 附属図書館
  • 保健管理センター
  • 地域創造支援センター
  • 総合情報処理センター
  • 総合教育研究センター
  • うつくしまふくしま未来支援センター
  • 国際交流センター
  • 環境放射能研究所(2013年7月設置)
  • 附属幼稚園 
  • 附属小学校 
  • 附属中学校 
  • 附属特別支援学校 
  • 事務局

研究[編集]

プロジェクト研究所[編集]

  • 権利擁護システム研究所
  • 地域ブランド戦略研究所
  • 芸術による地域創造研究所
  • 発達障害児早期支援研究所
  • 小規模自治体研究所
  • 松川事件研究所
  • 協同組合ネットワーク研究所
  • 地域スポーツ政策研究所
  • 低炭素社会研究所
  • 災害復興研究所


学生生活[編集]

福大祭[編集]

福大祭(ふくだいさい)は11月の第一週の土曜日・日曜日に開催される福島大学の文化祭。前日3日間に行われるスポーツフェスティバルは別のイベントであるが、福大祭の実行組織が開催しているため、この行事を入れた5日間をまとめて福大祭と呼ぶことがある。通常授業はスポーツフェスティバルから休講になるため、(ただし夜間は開講)センター試験の休講と累積する金曜日は授業不足のため1月に振り替え授業が行われる。

福大祭を主催する組織は福大祭実行委員会である。活動期間は主に5月〜11月。活動場所は大学敷地内の合宿研修所。選出方法はゼミから2名選出する方式と、サオリと呼ばれる新入生向けのサークル選択イベントにおいて募集する方式がある。当日は大学内の交通整理や環境美化、施設管理が委員に一任される。

スポーツフェスティバル[編集]

スポーツフェスティバルの実施競技はソフトボール、バレーボール、バスケットボール、卓球、バドミントン、サッカー、ドッジボールの7種目。一般人の参加は認められていないが、参加団体が許可した場合にのみ参加が認められる。

スポーツ[編集]

福島大学陸上競技部は、学生記録を持つ選手がいる。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者組織[編集]

同窓会は以下の通り。

  • 吾峰会(教育学部・人間発達文化学類)
  • 信陵同窓会(経済学部・経済経営学類)
  • 阿武隈会(行政社会学部・行政政策学類)

大学関係者一覧[編集]

施設[編集]

キャンパス[編集]

西門(金谷川駅最寄りの門)
  • 交通アクセス:JR東北本線の金谷川駅東口から徒歩約2分。

サテライトキャンパス[編集]

福島大学では以下のサテライトキャンパスを設置している。

[編集]

金谷川キャンパス内に如月寮、信夫寮、葵寮という3つの学寮、福島市内に留学生向け宿舎の国際交流会館がある。金谷川キャンパスの三寮は学生の自治によって運営される自治寮である。伝統的に如月寮は教育学部(人間発達文化学類)の男子学生、信夫寮は経済学部(経済経営学類)の男子学生が多く入寮する傾向がある。金谷川キャンパスに統合される以前は旭寮という男子寮があったが、新キャンパスには建設されなかった。

対外関係[編集]

他大学との交流協定[編集]

福島大学では2014年2月現在、国外の20大学と協定を締結し、学術交流や学生派遣を行っている。協定校での短期語学研修も実施している。

地方自治体との協定[編集]

他大学との協定[編集]

  • 茨城大学及び宇都宮大学と単位互換に関する協定を締結している。
  • 福島県内の14の大学・短期大学・高等専門学校と単位互換協定を締結している。

附属学校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1年次後期開始時に選択
  2. ^ 1年次後期開始時に選択
  3. ^ 1年次後期開始時に選択
  4. ^ 1年次後期開始時に選択

外部リンク[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト 大学テンプレートを使用しています。